米子 西野ピアノ教室

米子市のピアノ教室・・日々思うこと徒然なるままに。
幼児から受験生、大人の方いらしてます。
音楽は心の対話ですね。

Happy New Year!…内声を聴こう

2017-01-03 20:49:46 | おもうこと
明けましておめでとうございます!


                    
2017年も3日目が過ぎようとしています。
新年いかがお過ごしでしょうか?

年末年始、友人のお宅へお邪魔し、瀬戸内の初日の出を見てきました
画像を友人から送ってもらいましたのでアップしました!
本当に素晴らしい眺めで、瀬戸内ならではの穏やかな美しいご来光、、水面に映る光も大変美しく感動的なものでした。


主題(この場合は太陽)を取り囲む景色や、反射する光、支配する空気、飛び立つ鳥たち、待ち受ける人々の敬虔なる気持ち、、そういったもの全てが、この主題である“日の出”に参加してハーモニーを紡ぎだしているとも言えるなぁ…と感じます。

主題だけでは成り立たない…まるで音楽が織りなすシンフォニーのようですね


“主役”である“主旋律―メロディー”に気がいきがち。。
でも、主題に命を吹き込むのは、一般的にはあまり気に留められない(しかしプロはよーく聴いている)内声の動きやベースライン、ハーモニーのちょっとした移り変わりなど。

映画などでも、“名脇役”…と良く言われますが、主役はデビューし立ての若い方、、でも脇はベテランで固める…そのように思って頂いてもいいかも知れません。

目立たないところにこそ、大切なものが潜んでいる。

気にも止められない様な、ちょっとした“何でもないところ”を、よーく聴いてみましょう。

大切なものは、聴こえにくい、見えにくい。

でもそこを本当に聴いて、本当に見ないと、何ひとつわからない。

クラスでも会社でも、色んな所で、むしろ目立たず、きちんと“要――かなめ”として働いている人、、そんな人に目を向けてみましょう。

素晴らしいシンフォニーは、こうして成り立っていることを、決して忘れず、それが分かる人になる、わかる人を育てる。 
―――今年の一番大切なことと思って、皆さんでよく聴きましょうね。

                        

あらためて・・・

Happy New Ears!

Yearの間違いじゃないかって?
いいえ~これで良いのです。しかもこれは朝日新聞“折々のことば”鷲田清一先生の受け売りです。悪しからず
今年は“耳”を澄まして、よーく聴きたいものです。
“よい耳”で…本当の声は??

ではでは~~            


参考☆朝日新聞“折々のことば”より
Happy New Ears(英語の語呂合わせ)
今年こそ耳の人になろう。長く圧(お)し殺されてきた声、出かけては呑(の)み込まれた声、ぼそっと漏らされた短すぎる声、恐る恐る絞り出されたくぐもった声、今にも途切れそうな声。それらにじっと耳を傾けられる人に。「聡明(そうめい)」には耳がある。「省庁(廳〈ちょう〉)」にも。そこは天の声、民の語を聴く場所だった。その声を最もよく聴く人が「聖」。天声人語(vox populi vox dei)は「民の聲(こえ)は神の聲」という意味。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11、12月のレッスン予定 | トップ | 2017年1月の予定 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

おもうこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。