旅を楽しむ

各地を歩いて見聞を広めていけたら良いな。と思っています。

井の頭動物公園の仲間たち

2017-03-30 06:23:52 | 東京散歩

秋田の友達がNHK放送大学の卒業式に列席するために上京しました。

彼女は還暦をむかえていますが

今でも勉強、その向学心に感心しています。

卒業式以外にも予定があり過密スケジュールでしたが

大事な時間を私にも割いてくれました。サテ何処へ行こうか?

彼女の行きたかったお店で買い物、日本料理店でランチ、

そうだ吉祥寺へ行こう!井の頭動物園で楽しみました。

午前中は晴天でしたが午後から曇天で

動物たちの写真は暗くなってしまいました。

日本で最高齢だった象の花子さんがなくなって久しく

元気だったころを思い出します。

そうです。花子さんは井の頭動物園にいました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 城山カタクリの里 | トップ | 4月の写真教室 »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (koyuko)
2017-03-30 11:03:15
まぁ~懐かしいお友達に会えてよかったですね。いつまでも向学心旺盛で素敵な方ね。
井之頭公園はアクセスが良くて、1人で年に何回か行きます。
動物園も小規模で散策に最適ですね。花子さんが亡くなる寸前に行きました。
リスは人懐っこくて、私のバッグに入って慌てました。
花子さん (だんだん)
2017-03-30 11:04:47
お友だちはモチベーションが高い、素晴らしい方ですね♪
同年の親友は、NHK学園生涯学習コースの通信教育受けてます。
最優秀賞貰いました、お友だちも頑張ってますね。

動物園の花子さんが亡くなり、シンボルが消えた感じです・・・
これからは桜~見に行きたいです。
こんにちは (yuu)
2017-03-30 15:27:56
素敵なお友達ですね
井之頭公園はお友達も喜ばれたでしょ~(*^^*)
良い思い出になりましたね
動物は可愛いですね
私も大好きな場所です
花子さんの元気な姿を思い出します
こんばんは。 (Minoru)
2017-03-30 20:55:24
 放送大学、私も受講したことはありますが、継続は出来ませんでした。
将に「継続は力なり」です。
 丹頂もいるのですね。この丹頂、黒い羽毛に、覆われたおしりが黒いのかと思ったら、黒いのは翼になる羽でお尻の周りは白い羽毛で覆われていました。
パンダと同じですね。
こんばんは (自転車親父)
2017-03-30 21:36:19
こんばんは。
井の頭公園ですね。
もう久しく行ってませんよ。
桜が咲くとまた綺麗でしょうね。
良い公園です。
koyokoさまへ (のんのん)
2017-03-31 06:47:34
おはようございます。
彼女は長年、受講していますので
毎年のように三月卒業式に東京へ来るのですが
都合が悪かったりして中々会えず今回は3年ぶりかも・・
井の頭公園においでになるのですか?
機会があったらお会いしたいですね。
ご訪問をありがとうございました。
だんだんさまへ (のんのん)
2017-03-31 06:49:53
おはようございます。
だんだんさまのお友達も素晴らしいですね。
一言で受講と言っても難しく大変なことと思います。
象の花子さん、
老齢とはいえいなくなったのは寂しいですね。
井の頭公園は桜もきれいですので
是非にお出かけください。
ご訪問をありがとうございました。
yuuさまへ (のんのん)
2017-03-31 06:53:16
おはようございます。
吉祥寺のデパートにも在庫があるか?と
お聞きしたかったので行き、帰りに
近くの井の頭動物園へ行きました。
小動物も可愛いですよね。これから桜の花も最高の
姿を見せてくれる所です。
ご訪問をありがとうございました。
Mimoruさまへ (のんのん)
2017-03-31 06:57:30
おはようございます。
放送大学に受講されたことがおありでしたか?
やはり継続は大変なことと思います。
丹頂鶴は写真はおりの中に居るのを
撮りましたが近くに檻ではなく柵だけの囲いしたところに
居ました。
それですとアミが写らないので最適な被写体かも・・
ご訪問をありがとうございました。
自転車親父さまへ (のんのん)
2017-03-31 07:00:42
おはようございます。
井の頭公園は桜の名所で
素晴らしい景観です。
他の花はあまりありませんが
野草園には山野草などさいています。
先日はカタクリの花も発見しました。
いつかおいでになってください。
ご訪問をありがとうございました。

コメントを投稿

東京散歩」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL