小笠原日記

夫婦で小笠原に移住予定です。どんな生活が待ち受けているか?とりあえず小笠原の生活を綴って見ようと思います。

教室にカラス?

2017-07-27 05:37:11 | Weblog
小学校は夏休みに入り、生徒さんのいない学校は完全にOFFモード。先生方もそれぞれ夏休み、内地研修、有給休暇etcで、出勤している先生は普段の半数以下。

用務のオジサンは、この時期を利用して普段出来ない作業を進めている。今週は教室のカーテンの洗濯、カーテンを外して掃除しやすくなった窓ふき、そして天井に取り付けてある扇風機の清掃。生徒さんたちが登校している学期中は、気になっても手が出せないところだ。

誰も居ない教室、お気に入りのCDを持ち込み、BGMを流しながらマイペースでノンビリやっている。用務のオジサンもすっかり夏休みモードでの作業。

一昨日、そんな調子で扇風機の清掃をしていると隣の教室から「キャー」という女性の先生の叫び声。

「カラス、カラスが教室に入ってきました」

「父島にカラスはいませんが」(何年か前ミヤマガラスと言う渡り鳥がやって来た事はあったが)

「何だかわかんないけど、黒い大きな鳥です」(後でわかったのだがこの先生鳥が大の苦手らしい)

教室に入ってみると、なるほど黒っぽい鳥がロッカーの上でうろうろしている。

確かにカラスだが、カラスはカラスでもアカガシラカラスバト。若い個体なのだろう、小ぶりでカラスバトの特徴である頭がまだあまり赤くない。

鳥が苦手な先生から見ればカラスに見えるかも。

とにかく無事に外へ出ていただこうと近づくと、窓の方へ飛んで行ってくれたのはいいのだが、閉まった窓の前で立ち往生。やむなくそっと近づいて捕獲を試みたのだが、なんと簡単に素手で捕獲できてしまった。

最近その数が増え、街中などでもちょくちょく見かけられるというカラスバト、僕も山歩きなどで何度もお目にかかっているが、さすがに素手で捕まえたのは初めて。

しかし、こんな爺さんに素手で捕まるようじゃ、猫なんかにかかったら一たまりもないだろうネ!

自然に返してやった間抜け?なカラスバト、生末が案じられる。


夏休みの小学校、元気に育ったグリーンカーテン





そしてヒマワリ






週末台風がやってきそうだが、グリーンカーテン、ヒマワリ大丈夫かな?

そしてオガマルも・・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 20 40 60代 | トップ | 妻の新しい足 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (愛母)
2017-07-27 17:19:01
夏休み、学校のお掃除ご苦労様です。
暑いから日が当たるところの窓ふきは一仕事ですね。
熱中症にならないようこまめに少しずつ水分補給忘れないで下さい。
アカガシラカラスバトってからすに見間違うくらい大きいんですね。山の中じゃなくても見られるんですね。人なつこい?ですねw

台風シーズン到来でおがまるの着発すごく気になりますね。今回の台風が島に行きませんように。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL