まこちゃん日記

まこちゃんのピンポン日記です。

9月18日(日)我々の練習法ー(1)

2016-09-18 20:11:40 | Weblog
 
        『 花名知らず 』 高橋カリンのお庭の花シリーズー(7)


    
       朝から小雨が煙ってどんよりした日だった。やはりまだまだ蒸し暑い。
       今日の自由練習には8人が集う。一般開放から岡崎さん、それに大学卓球の航クン、開クン
       の2人が来てくれて、一気に盛り上がり面白い練習が出来た。
       今時珍しい位のやさしい好青年の2人で、老人には徹底して遠慮して返球してくれているようだが、
       やはり若い人の生きの良い球を打つのは気分がいい。

       自由練習だからと言って、何ら定例練習と変わりはない。そもそも定例練習に特別なことをやって
       いる訳ではないからだが今日も只打ち合いをしているだけだった。

       いつも何か日頃の練習に工夫をしたいという気持が未だ心の何処かに残っていて、時には何かを
       取り入れたい、変化を付けたいと思っているのだが…。

       そこで今我々のやっているのことをかき並べて考えて見たいと思う。
       今日のように一般開放からの人が居られたりすれば、これはもう自由に好きなようにやるしか
       ないだろう。只々打ち合っているだけになってしまう。
       一寸飽きるけれども、マイペースでのんびり気儘でこれはこれでいいものだ。

       ところで定例での青鳩としてのやり方というか(決して練習ではないのだけれど)、それを並べて
       改めて考えてみたいものと思う。
       そこに何かより楽しくて効果があって長続きのする方法の大発見を期待しながら列記してみる。

       朝、皆が顔を揃えて会場の準備を終えると、まずはラジオ体操を型通りに、それから遠藤さんの
       掛け声で、フォアーとバックの素振りを各30回づつする。
       そして3分間の乱打でウオーミングアップとする。

       それから引いて置いた番号札により、組み合わせ表によって相手が決まり、6分間の練習が始まる。
       その都度相手さんとの話し合いや又は阿吽の呼吸で適当なことをやる。
       数を数えながらラリーを続ける組、ガンガン6分間を打ち合っている組、バックをリクエストして
       やっている組、カットやカット打ちに徹する組等と様々で、これを相手が変わって3回やっては
       皆で休憩するというスタイルが最近のパターンである。
       最後にはダブルス戦を幾つかやって終了というのが定着している。

       私は今では、ただ休憩を楽しみにやっているようなもので、何もシステマチックにとか、合理的な
       方法とか、カラキュラムに沿ったアイテムをやるとかの練習とは一切無縁なのである。
      (大体皆さんもそんな感じなのだが)。

       ひと頃は、目標を決めて今日はバックハンドに徹してみよう、又ある日はカットを続けてみようと
       意識的にやったこともあったが、いつの間にか段々適当で何の目的も目標も何の意図も持たずに
       只打っているだけの練習に甘んじている事が多い。これも年の勢か、マンネリという奴か、
       物事に対する意欲の減退という老化現象であろうか。

       今日も、明日こそ気を改めて、どうせやるなら考えながらやることにしようと思うのだが、
       明日には又、何も考えず何の工夫もせず、只々打ち合って居るだけかも知れない。
       それでも結構そこそこの運動にはなるのだし、毎回楽しくやれているのだから、
       今の我々としては残念ながら、これで良しなのかも知れない   ―完――

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月13日(火)心はくたび... | トップ | 9月19日(月) ピンポン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL