まこちゃん日記

まこちゃんのピンポン日記です。

7月11日(火) 老人よ、立ち上がれ!でも私は億劫だけど…。

2017-07-11 15:43:45 | Weblog

           「 カレンが作った誕生日ケーキ 」 
        
               たかはしカリン 写す  6月
 

     まるで天気が、今は梅雨だということを忘れてしまったように、この所連日の快晴で暑い日が
     続いている。今朝も早くから30度近くで蒸し暑かった。会場は25度だが蒸し暑いのか、
     私のようにほとんど動かないお上品なピンポンでも直ぐに汗をかいた。すると体をやけに動かした
     ような感覚になる勢か、ぐったり疲れてしまう。

     11人が参加する。これが現時点でのオールメンバーである。やはり賑やかだと活気があって楽しい
     ものだ。この人数だと2回やっては、1回を天下晴れて休めるし、それも順番なので気兼ねなく出来る
     ので、休みたい私などにはとても嬉しいことだ。

     新人の「しのぶ」さんも皆さんに習いながら熱心にやっている。直ぐに慣れて上手になりそうだ。
     4回目の「守夫」さんも大分皆と馴染んで楽しそうにやっているので安心だし良かった。

     ところで、現在盛り上がっている卓球ブームを是非維持し、そしてますます大きなものにしたいものだ。
     とかく日本人の特性として熱し易くそのくせ冷めやすいという昔から民族的特徴があると言われているから
     心配でもある。

     最近、社会の出来事においてもそれが顕著に現れている。一時あれ程騒がれ、世間に義憤が満ち溢れたあの事
     もこの事も、社会にあれ程強く警鐘を鳴らした事なども、何の解決も納得もなく、いつの間にかウニャムニャ
     のまま皆に社会に忘れられてしまうといった事例が多い。

     最近では政治問題に限ってもこうした事が多い。権力者や政治家には全く悪い奴ばかりが多いのに腹が立つが、
     最も「政治家に善人なし、有力な政治屋ほど鉄面皮で虚言癖があって強欲で大概は悪人だ」と昔から言われて
     いる相場の通りなのだから仕方がないのかも…。
     こうした「まあ仕方がないか!」という姿勢や考え方がいけないのだろうが。

     そんな問題が起きても、我々の方でも自分のことが一番の関心事で、それ以外はその場限り、口ばかりで何ら
     行動はないというのが大方の姿勢である。
     共謀罪、加計問題、文科省の文書問題も、まもなくいつの間にか世論の盛り上がりも下火になってやがて終結
     だろう。今までにこんな例は数え切れない。

     どうして何故、時間と暇と小金(住む所があって食べることと小遣いの少々のこと)を十分に持っていて、
     今ではもう何の遠慮も拘束もない定年後の人々がどうして立ち上がらないのか。己の無力さや虚しさを、
     今までのあまりに厳しかった現実社会で、嫌になるほど知り過ぎているからなのだろうか。

     何も恐れるものもない、自由を享受しているこの年代の人々が、もっともっと皆で声を合わせて何かをしないのが
     不思議な位である。国会へのデモでも投書でも投稿でもまとまって行動する事があってもおかしくはないのでは等
     と時々夢想することがある。今や流行のインターネットとかの方法を使って大々的な国民的運動に盛り上げる英雄
     は何故いないのだろうと思う。

     強権政府が、そんな奴らにはその年金支給を差し止めるという様な対応策にでも出て来ない限りは、あっても良い
     のではなかろうか。あり得るのではなかろうか。早くしないと共謀罪の施行でそれも出来なくなってしまうかも
     知れないのだから。

     かく言う私が、もしデモとか集会に参加しろと言われたら、もはや体力的にも気力的にも無理だろう。
     65~75才までで大した病のない老人という辺りがターゲットだろうか。
     私なども大方の人と同じで、義憤を覚えるものの、口で文句を言うばかりで、もはや無力の私達では、子や孫の時代
     のことまで、日本はどうなるのか,信義や正義も情も愛もない嘘と欲と金だけ優先の世界になろうとも、もはや真剣に
     考える意力も何か行動を起こす気力も体力もない。

     多くの人が、現実的にはそんな案配で所詮は他人事という典型的な愚民大衆であり、自分には影響ない大丈夫という
     根拠のない楽観主義と無気力で事なかれ主義の無知な大衆の一人になってしまうのである。
 
     全く野球を知らぬ、ひと昔前の強くて大人気だった一強時代の頃の巨人フアンのように、不満と批判だけは達者で人一倍で、
     外野席で声をからして興奮し又はTVの前で或いは居酒屋で、怒りながら妄信的に応援している人のレベルに似ている
     ようだ。社会心理学者が「国民総白痴化現象」と提言して憂いたが、何やらそれと一脈通ずるところがあるようだ。
     大衆とはいつの時代もそんなものなのだろうか。

     それにしてもこの所の呆れた政界の諸問題には、何ともやり切れぬ思いだし、幾ら年寄りであっても、もはや無力で心身共に
     衰えてはいても、とても許せるものではない。75歳以下の老人よ、立ち上がれ!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月4日(火) 7月のレッ... | トップ | 7月17日(月)*「何事も... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL