まこちゃん日記

まこちゃんのピンポン日記です。

7月17日(月)*「何事もなきは良き哉」という心境に!

2017-07-17 16:54:12 | Weblog



       「横浜イングリッシュガーデンの花]―(1)  
           
我が絵の友、T・I さん  撮影 6月


梅雨明け宣言もないうちから、この所何日も続いて快晴で真夏日が続いている。 熱中症にご用心と
盛んに報じている。我々のピンポンも空調を入れて貰って十分な水分補給をして休み休みしながらと、
これからは特に注意は必要だ。 
特に今日は一段と暑くて空調が入っていても、一寸動くと汗をかく。

今日は8人。例年の事ながら「浜降り祭」とぶつかって、来客があったり何やかやと忙しくお休みの日が何人か。
そして道路は祭帰りの見物客とお神輿の引き上げで混雑で車は良して自転車で行く。
昔は夜明けに起きて海岸へ、御輿の海に入るのと、大勢の見物客を見に何度か行ったことはあるが、今ではそんな
元気も興味もない。

いつもの事ながら、1日が早い、1週が早いそして1ヶ月がとても早く感じられる。今さら具体的な欲も得も、
そして格別な予定も何もないし、どうしてもやらなければならないこともない自由を享受しているのだが、
自分の老いや病による様々な衰えを実感する時には、さすがに心の奥に何とも言えぬ焦燥感や心の気だるさ
そしてやるせなさが込みあげてくるのを覚える。

時には反省やら後悔、そしてまたある時には懺悔の気持すら湧いてくる事がある。そうしてまたある時には何か
やり忘れている事がある様な又やりかけの事が残されている様なやり切れない気持がしてくる。

そんな気持はするけれど、しかし現実には何もないし、何もしないでも良い状態に居るのである。それなのに
焦ったり不安を覚えたりするのが不思議である。

最近では大分慣れて来たが、リタイアしたての頃はカレンダーや手帳の予定表に空白が多いと、妙に寂しく虚しくて
落ち着かず、無理矢理いろいろな予定を書いて空白を埋めては、ホッとしたり安心したり充実感を覚えたりしていたものだ。

もはや今では、このピンポンと絵の他には、これが結構頻繁なのだが病院通い位が私の通常の予定である。
それ以外は何もないわけだが、その状態にも大分慣れて、ふと何もないことの良さを感じたり、楽しんだりしているような
気もしている。

「楽しみは春の桜に秋の月、夫婦仲良く三度食う飯」なんていう何時の時代なのか戯れ詩があるそうだが、成る程と思う。
何もないことの良さが分かるようだ。

健康はそこそこでも良い、風雅、風月、風光を愛でる心の余裕を持って、食べ物も美味しく食べられて、自分の口元にも
周りの人々にも笑みさえあるならば、もうそれだけで良いのではあるまいか。とは思ってもなかなかそうした心境になり
切れないでいる。

何事もないのを嘆いたり、不運だとか寂しい等と思うことも超越し、本当にそうしたことを受け入れたり、本心からそんな
心境になれるのは果たして何時になるのだろうか。今日や明日にはまだまだ無理なのだろうか。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月11日(火) 老人よ、... | トップ |  ピンポンの夏休み! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL