森林

森林の姿をわかりやすく紹介しましょう。
樹木、草本、動物、昆虫など、なんでもあります。

アスカイノデ

2009年02月06日 | Weblog
オシダ科イノデ属のアスカイノデです。イノデ、アスカイノデ、アイアスカイノデの3種類あります。
三浦半島には「アスカイノデ」がみられます。
ソーラスの付き方、茎の周りの薄い膜の形で見分けます。

茶色の「つぶつぶ」が胞子嚢(ほうしのう、胞子の入った袋でソーラスと言います)です。
ソーラスが小さな葉の真ん中の筋(中肋(ちゅうろく)と言います)に寄っているのがアスカイノデです。

富士山の 雪の姿も 長閑(のどか)なり(遊仙)

たっぷりと雪を抱いた富士山です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ツノハシバミ | トップ | 枕状溶岩 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
シダ植物のイノデ (ほぼ日刊そらいろ新聞)
オシダ科のシダ植物のイノデ。 たぶんイノデだと思うんだけど。 シダ植物は見分けが難しいので自信がありません。 そこらへんにたくさん生えています。 【身近な植物図鑑:オシダ科の植物】 【身近な植物図鑑:イノデ】