妻との意思疎通が困難で苦労している夫の悪戦苦闘記

少しアスペが入っている疑いの強い妻に対する愚痴ですかね。
当然女性に対して厳しい内容となっています。
不定期更新

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

言うこととやること

2017-06-30 14:38:37 | 日記
だから、言っていることと貴女のやっていること、全く正反対難ですが…。

普段の御託はどこへやら。

そして被害者意識しかなく、加害者意識は当然ありません。

もう、一人で生活して、親孝行すれば宜しいと思いますよ。


ほんとに。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私は私

2017-06-22 12:30:07 | 日記
いつも感じることですが、妻は常に自分主体。
なので、何をするにしても話すにしても、相手に理解してもらいやすく、という視点が欠落しています。

例えば、何か話すことがあって、隣室にいる私に話しかける場合、窓を開けていて外の音が煩くて聞き取れない場合があります。

そうした場合でも、部屋の入り口で話して終わり。
私が、妻が何か言っていることすら知らない場合でも、そこで行動は終了。

後で、話を聞いていない実例の一つとして挙げてくれます。

うん、貴方は確かに話しかけたよね。
でもそれが確実に伝わったか、気にかけていませんよね。

返事が無かったら、もう一度言うとか、確認行為がないんですよ。

話したから、で終わるのは自分主体の証ではなあでしょうかね。

一方通行では意思疎通とはいいませんから。


もうね、妻をやめたらいいと思います。
現状、家政婦との差異が分かりません。

就労もしないし。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久し振りのヒット!

2017-06-12 23:25:11 | 日記
やってくれました。
鬱で苦しむATMに対して、以前の夫婦喧嘩における私の発言を冗談めかして言ったつもりなんでしょうが、強烈に打撃を受けました。

私の発言、物の言い方に問題があるのは客観的に認識しています。

しかし、それは相手があってのお話し。

相手の話が終わらないうちに、自分が話したいからと人の話な被せてくることが原因・理由であると数度にわたった伝えていました。

いえ。伝えていたようでした。
実際には、当人には自身の発言のタイミングなどに問題が包含されているとの認識を未だに持っていないとしか、受け取れません。

ましてや、私の精神状態を一番間近で見ているそよ本人の発言とは到底信じられません。

夕方前にその発言を受け、一気に気持ちが沈みました。

まさに急速潜航でした。

言っていい言葉と、冗談でも言って良くない言葉があります、それは状況に応じて変わるもの。

その場において相手に対して相応しい内容の発言であるか、そもそも、考えることが出来ませんから。

何のためにこんな思いをしなければならないのか…。

やはり人とズレた思考をする人には、一般的な極普通の人に対して通じる話が通じません。

何が原因で今日の状態になったのか、理解できないまま実家に帰りました。

明日は病院に行きますが、同行することを拒みした。

これ以上私の個人情報を敵に教える必要はありませんので。

今回ばかりは、本当に残念です。
怒りの気持ちより、脱力感というか、気力を奪い取られた気持ちの方が遥かに強い状態です。

何のために苦しんでいるのか、虚しくなります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子無し専業主婦と家政婦との差は?

2017-06-03 06:56:12 | 日記
これまで難度か妻にこの話をしてきました。

食事と洗濯、そして少しの掃除。
自分が得手とする食事を除くと、毎日掃除をするなど常識であると考えて、かつ世間の常識と思ってことについて、世の中にはそのように躾られていなかったり、実家が商売をしていて世間と異なる環境で育つ人が相応にいることに気が付きました。

何度話しても、やらない、やろうとしない、いややれないんでしょう。

その様な環境で育ってしまいましたから。

このため何度か宿題を出しています。

夕方から朝にかけて実家に帰る(要は夜は夕方から朝まで実家に居る)子供のいない専業主婦と家政婦との違いは何でしょうか?

未だに答えは帰って来ません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

泣く子と地頭

2017-05-22 19:04:50 | 日記
これには勝てません。

今の若い子だけでなく、その上の世代でも知らない人がいるかもしれません。

また、言葉を知っていても、その意味を理解していない人もいることでしょう。

怒ることを感情的になるといい、非難の的となることが多いでしょう。

泣くことは、即ち感情的になることです。
しかし、往々にして泣くことは非難されることが少ないような気がします。

必ずしも冷静ではないにしても、話し合っている最中に泣いたら、最早話し合いの継続は無理ですね。

一息いれるには良いタイミングかもしれませんが、それにより話の流れがガラリと変わること、これもまたよくあることです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加