ミリミリなアムちゃん +時々マカロン小隊

自衛隊好きによるまったり応援ブログ
自衛隊ネタ+αのコマ漫画メインに
自衛隊記念行事ルポなどをお届けします

松島基地航空際2016 その11

2016年09月14日 | 航空自衛隊レポ
ご訪問ありがとうございます。
気付いたら、前記事はその8ではなく10でした。
しかも、前々記事もその8になっていて…
やばいっす……ついに数字がわからんくなったか…

さて!
今回の記事は…

ウォークダウン!

ブルーのパイロットさん達が、
自機へ乗り込むまでの一連の流れのショーの事です♪
このスタイルのショーはアメリカの
アクロバット飛行チーム(空軍)がやっていたのを
そのまま取り入れたもの。
では、そのショーの一部始終をご覧下さい。
ドゾ。



轟音が響きまして、「おんや〜〜〜??」と思っていたら
C-130輸送機が離陸。
でっかいなあ…



前記事最後の写真で「ポーズ」決めたパイロットさん(前席)達が
会場の一角に集まりました。
この時ブルーの機体は外部電源車に繋がれております。
(そう!外部から電気を送られていたんですね)





機体前には機付長と整備さんが、ビシッと陣取っております。



さあ、始まりました。ウォークダウン。
パイロット達が、各自の機体へ向かう一連の動作は
きびきびしていて、とても気持ちが良いです。





スタート時は、横一列に並び、自分の機体の前で左90度にターン。
整備さん達に向かい合う形になり、敬礼。





その後、パイロットさんは観客の前で、耐Gスーツを装着します。
(機体の足下にあった、アレですね)



耐Gスーツ装着完了した隊長さん



2番機パイロットさんも用意完了(あれ?また大きさがまちがっとる…)



後部座席にはすでにパイロットが。



隊長さんが乗り込みました



かぶっていたキャップをヘルメットに換装します。







ラダーを外し、そっと置く。
儀式化された動作ですが、
儀式は様式美を生み出す元ですので…。

さて!今回はここまでです〜〜〜。
早く飛んで欲しいですが、ごろんたとしては
飛んでる写真が「あれれ?」ばっかりなので、
このままフェードアウトを…いえいえいえ、ちゃんと
最後までレポート致します。
と、思いますので、おつきあいいただければ幸いです。






『航空』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松島基地航空際2016 その8 ... | トップ | 松島基地航空際2016 その12... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (堀倫)
2016-09-14 13:08:03
みなさん背筋がピーンとされてらっしゃる。
儀仗隊にも通じるような様式美ですね。

飛んでるのは一度福岡上空で予行を見た事あるのですが、
一度見てみたいです〜
死ぬまでに一度は〜ってお伊勢参りとちゃいます(笑)

対Gスーツって下半身だけなんですね。
下半身さえ締め付けとけば脳に血液行ってくれるんでしょうね〜

思ったんですがT-4は日本の航空機ですが、
F-15とかだったらやっぱりコクピットなんかも大きく作ってあるんでしょうかね〜
でかい外人さんと日本人とでは体格差があるので、どうなんかな〜と思ってしまいました。
ロシアの戦車の操縦手は身長制限ありますし、
自衛隊創設期の頃M4戦車の操縦は足が届かなくて苦労したって話も聞きますし…
日本仕様のコクピットなのかな、
それとも身長制限があるのかな?って思っちゃいました。

せっかく基地モニターしてるんだから、今度空自の人に聞いてみます〜
(^^) (ごろんた)
2016-09-14 16:40:02
背筋まっすぐ!…ごろんたも見習わないと…
いつも猫背になってしまいます。
職業病かとも思うのですが、
腹筋と背筋がないからだ〜と言われたことが…
耐Gスーツ、かなりのしめあげだとか。
ああもう、ご飯が食べられない…ううう…
あっ!ダイエットには最適かも!

お伊勢参り、一度はしっかり行きたいです。
自衛隊イベントはしっかり行くのに、
お伊勢さんとか出雲大社とか全く行ったことがなく…
ブルー、九州では今年は宮崎で飛ぶと思います。
築城航空祭の日は、ブルーさん百里へ出向くようです。
築城と百里は必ず同日なので…ブルーさんも
交互にご出演なのかな?

米軍パイロットさんは、おしなべて背が高いし
がたいも、太くはないけどそれなりにがっちり…
コクピットで窮屈なのかな?と思いますが
それだと機動性に関わってきますもんね…
日本人パイロットは小柄で細身。
体重制限はありますが、身長制限はどうなんでしょう??
わからんとです〜〜〜
ぜひぜひ!機会がおありでしたら、伺ってみてください。

げた履で操縦するM4戦車だったら泣けますね。
なんか、足の短さをそこで明確にされてしまうと
なんともやるせない気持ちが…(^^;)


就職するならココっ! (あおりどめ)
2016-09-14 23:17:35
自称クリエイターさんと、今日も会議

1.女性イラストはなぜかピンクの服。(そんな女性マジで多いの?)
2.高齢女性は昭和初期の様な、かんざし付けて玉ねぎ型の髪型で、
 茶系の気物をお召しになっている…(皇紀2676年の現在、そんな老女は少ない)
3.犯罪者は必ず男性で女性はいない。サングラスとマスクを着用している(笑)
 (過剰団体さんを恐れていらっしゃるのでしょうか?)

そんなイラストばっか(笑) ……あおりどめは引きまくり~

競争が無い地域ですからね…
サービス業であれ、専門職や技術者はやり放題ですよ(嘲笑)
ああいう大人にはなりたくないな~と あおりどめ は見下しています。
(あおりどめは20代になったのでもう子どもじゃなくて、大人ですが)
市場原理主義が厳しすぎる地域も問題ですが…

年賀印刷3,000枚にかかる料金は…
ハガキ手配代@52円、印刷代@162円、
さらに…クリエイター技術手数料500,000円だそうです
「なぜ?そんなに高いの?この程度のイラストで??」とつぶやくと、
業者さんがハガキの手配と住所面の印刷はするが、
「裏面はあおりどめさんがやってね~」だって。
「謝るのなら今のうちだよ~」怒り~~~~

はぁ…今から空の人見習って、背筋をピンとしてイラスト作らないと~
フォトショップもアップルもイラレも使ったことないし…

自衛隊ネタと関係なく愚痴ってごめんなさ~い
かわいそうな あおりどめ 自称一尉でした
す、すごっ… (ごろんた)
2016-09-15 20:46:24
あおりどめ王子、その自称クリエイターさんって
一体誰が頼んだ方なんですか???
50万円だとおお???何ソレ??

今時、丸髷にかんざしなんていうご老人は
ちびまる子ちゃんのおばあちゃん位なもんですぜ〜っと。
老人は茶色、女性はピンク、時代錯誤だ…
一体どういう内容の年賀状か分かりませんが
もうちょっと、時代の流れをお勉強して頂きたいですね

まあその人に頼む気なら「こういう古いのはだめです」って言って
参考になるようなイラスト渡してみては?
お客さんよくやってきますよ。
「こういう感じがいいの〜」って。
テイスト全く違うイラストのコピー渡されて、
四苦八苦しつつタッチ真似て描きましたけど…

えっ、今度は一尉王子がイラスト描くのですか?ワクテカ
見たいなあ…
あおりどめ王子、使ったことなくても
イラレもフォトショも知っているところみると、大丈夫そう。
王子ならできると思う。

ここはなんでも愚痴ってくれて、全くもって構わないですよ♪
人間どこかでさらけ出さないと、息がつまりまっせ〜。
でも、もし本当にイラレとか触ったこともないのなら
結構大変だから…そこらの印刷所の人だったら、イラスト描ける
人もいるので(印刷所はデザイナーさん抱えてる事多いから)
あたってみては?
それくらいしかアドバイスできませんけど…すんまそん
無事解決♪ (あおりどめ)
2016-09-15 23:07:57
>丸髷にかんざし
大手通信会社(元電電公○)さんの痛いチラシw
>女性はピンク
 ○○○○省さんの痛いチラシw
海外でも痛すぎるとネタになってます…
○衛省さんでは…秘密w デザインをモニターしてください

お堅いこという省さんや、ご立派なことをなさる上場企業さんでは
矛盾イラストがたくさんw ぜひぜひ探してくださいねw
ごろんたさん。貴女の素敵なイラストを描いてあげてください

あおりどめがイラストを描いてみましたがヘナ絵(笑)
イラレとフォトショですが、
(たぶん上記のような名前だったかと…)
デザイン好きの北欧人の義理パパが使ってました。
「とーさん、あのさー、イラスト書いてくれるー?」と
電話で依頼しましたが、
「軍人の副業は禁じられてるのがわからんのかっ!」と
断られました~

昔の名残があって、経費で落とせる最大金額料金を
請求してくる業者さん多いです…
10年ほど前に、事務方の職員削減が始まってから、
何も知らない職員の足下を見る業者さんが増えたみたいです…
他の職員たちも彼らの行動に対し怒りを感じていたみたいです。
あおりどめはね、小池百合子さん風にクリエイターさんを粛清し、
防衛モニターの記念会食でお世話になった印刷所の方へ発注しますた。
名刺交換して良かったです~

あおりどめの描いたヘナ絵は、フェイスブックやインスタグラムに
掲載できるのかどうかわかりませんが(掲載できるのは確か写真のみですよね?)
もし見つかってしまったら、ぜひ「いいね」をお願いしますね~(笑)

コメントを投稿

航空自衛隊レポ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL