月下に杯を重ね

日本刀メインの解説サイト?
各項目について、新しい情報を入手するたびに加筆修正し、前に出します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

備前長船光忠

2005-12-01 22:32:53 | 刀工
 歴仁年代、備前國の人。
 近忠の子。備前國長船一派の祖にして、その代表的刀工のひとりである。
 その子長光をはじめ、子孫に真長・景光・近景・兼光など多くの名工を排出している。
 銘は「光忠」「備前國長船住光忠」。
 蛙丁子乱。作風は豪壮にして華麗。

名物:生駒光忠
 
 秀吉に使えた武将で、讃岐全土を納めていた生駒讃岐守親正の愛刀。
 

関連
 記載済み刀工 目次

 記載済み刀工 ア行
 記載済み刀工 ハ行
 記載済み刀工 マ行
ジャンル:
工芸
コメント (0) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 棍棒とメイスはなにが違うのか? | トップ | 備前長船一派と備前国 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL