糸魚川フライングクラブ ノリのブログ

ラジコン飛行機検定への道のり(序章)(仮)

アシェットにはびっくりするわ

2017年02月13日 | アシェット F-4J化計画


  スカG購読の Konaki さんが板金塗装が必要だとおっしゃるので また マニアックだねぇ~


  なんて思っていましたが シリーズガイドを見てびっくりしました。






  ぜんぜん分割してない!


  私たちは高額な買い物をする前に十分吟味します、その大きな判断材料が1号のシリーズガイド。


  重箱の隅を突いた細かな違いを言ってはいない 


  車の魅力的なボディーラインを変更した分割で同等品ですとは言えないよ


  F-14とあわせて評価すると、だれでも簡単にと言っているが無理


  パテ埋め、塗装、部品の修正が有ってあたりまえという感覚で付き合う方が良いみたい。


  バックナンバーの不備といいアシェットの企画は甘い  購読者を舐めているといわれても仕方ないね。


  konaki さんは購読した以上文句を言わずに楽しみたいというお考えなのでこちらに書きましたが私の方が熱くなりましたよ。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週刊 航空自衛隊 F-4EJ改をつ... | トップ | 主翼取付け確認 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mjevo10)
2017-02-14 14:40:56
初めてコメントさせて頂きます。

高いプラモデルを購入するのとは違うのですから「誰でもドライバー一本で簡単に組み立て出来ます」と謳うのであればシリーズガイドにはきちんと試作キットそのもの未改修品で掲載して欲しいものですよね。

私は伊400を購読していますが、まだまだ先が長いだけにアシェットの企業姿勢には不安が募ります。

インプレッサも魅力的なアイテムでしたが、もしラリーマシンでボディを補修することになると骨が折れそうでしたので候補からは消えました。
Unknown (nori)
2017-02-14 20:41:22
mjevo10 さん、はじめまして。
シリーズガイドとの違いに驚きます、以降はこの件を
含めて判断材料とするしかありませんね。

インプレッサ、お分かりのようですね。
ボディーを改修するには市販されていないステッカーや、
なによりメタリックの再現が必要になりますので私も見送りました。
GTRはだれも見抜くことは不可能、回収して部品を再配布してもらいたいですね。他人事ながらそう願います。

はじめまして (TOSIHIRO)
2017-02-21 21:31:08
こんばんは、初コメです。

僕もハコスカGTR製作中ですけど、合せ目にはあれ?と思いました。
試作品にはありませんでしたから…

良く見たら、リアトランク取り付け部にも合せ目がありますし、ちょっとガッカリです。

アシェットの週刊シリーズは今回が初めてですが、いつもこんな感じなのでしょうか。
Unknown (nori)
2017-02-21 21:51:27
TOSIHIRO さん、はじめまして。
アシェットは前回のトムキャットが初めてなので決定的
なことは言えません。
いずれのシリーズも皆さんは1号のパーツとガイドを
深読みして購読の可否を決めていると思います。
しかしピラーの合わせ目の変更は頂けませんね、パテ
埋めと塗装が必要で手軽にエントリーされたかたは
我慢するしかないようです。
他に新しいシリーズが出ても今回の件を含めて検討することになります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。