糸魚川フライングクラブ ノリのブログ

ラジコン飛行機検定への道のり(序章)(仮)

DeAGOSTINI 週刊クラシックカーをつくる 創刊号

2017年03月21日 | 週刊 スバルインプレ...


  蔦屋に電話して取り置きをお願いしましたよ、


  3連休の絡みで発売当日入荷。


  ブログ一番乗りをめざしたのに~  konaki さんが速かったですね。



  ひととおり流して読みました、Web情報以上のことは見当たりませんが


  箱がデカい














  組み立てガイドは通常の大きさなので2号以降小さくなるのではないでしょうか。


  たぶんメルセデスのカタログのような写真はこの大判で発行したかった


  なので創刊号だけ大きくしたのだと思います、それほど情熱を、というかモデルになった車に敬意を払っているように思えます。


  一番乗りを逃したのでじっくり読んで部品の評価をしますが、あら捜しのようなことはいたしません。


  では 後ほど



  早速組み立て、さほど問題もないのですが


  個体差の範疇ですが1-Bのスリットが部品と正対して左側の一部が僅かに盛り上がっている、


  あまり気になるレベルではありませんしプラパーツなので加熱修正は容易でしょう。


  

  次にエッチングパーつをはじめ4か所の部品穴が位置的にタイトです、


  エッチングパーツには極力チカラを加えたくないので穴合わせは相手のグリル1-Bを少し絞って合わせた方が安全みたい




  1-Bと1-Cも結構タイトなので動画の組み立てガイドを是非みて下さい、結構キツイです。



  メッキはガイドよりも良い仕上がりだし、オーナメントやグリルの印刷を含めて総じてガイド越えをしています。


 

  もう一つ感心したのがグリル後ろ端のテープ





  蝶板でセンターから跳ね上げるボンネットフードが当たる面の保護テープでしょう、


  細かな配慮ですね。


  タイヤの質感も問題ない


  大きな判断材料はやはり3号のフード、その後のチリの合い具合。  


  そのあたりだと思うよ~


  蛇足ながら、ガイドはやはり手が加えてあって現物の塗装は結構凸凹 な場合  うぅ、エンツォを思い出した あれはひどかったね。


  黒一色なので比較的やりやすいのですが、ウレタンクリアを吹き付けて研ぎ出し、コンパウンドという工程でしょう。


  いまのところ神の味噌汁。


  だけど何で クラシックカーをつくる なんだろう


  敢えてメルセデス770を控えめにしたタイトル  意図がいまひとつわからん、


  あれか 私たちの上の世代が チョビヒゲのイメージに直結するからか  


  あくまでも個人の感想です。







  
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月20日(祝)晴れ 右微風 | トップ | 入荷~ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
創刊号を埼玉で入手! (konaki。)
2017-03-21 18:52:15
なんと新潟からの到着を待っている間に、
埼玉県で入手出来ちゃいました。(゜∀゜;ノ)ノ

このグロッサー、ホントに今までの分冊百科とは趣が異なりますね。

今宵はこの「シリーズガイド」で一献傾けたいと思いま~す♪
Unknown (nori)
2017-03-21 19:09:45
梱包がデカい
世界に先駆けてブログアップ一番乗りしますよ!
お疲れ様です! (konaki。)
2017-03-21 23:47:12
konaki。はその昔の“カタログ鑑賞”にめろめろになっている腑抜けです。(;^^)ヘ..

明日はちゃんとパーツレビューしよっと!

あ、そんな中気になったのですが、左手の親指、大丈夫ですか?

単なるテーピングなのか、絆創膏なのか。
ちょっと気になってしまいました。
Unknown (nori)
2017-03-22 00:28:12
お恥ずかしい、深爪です。お気遣いありがとうございます。
グリル1-B向かって左上、私のパーツは少し変形しています。
均等に並んでいますので見る角度によっては気になるか、
個体差なのか知りたい部分ですね。
創刊号で結論は出ませんが期待させるに十分な出来です。
不安になっていて・・・ (konaki。)
2017-03-23 23:01:26
このタイトル、先行販売されたのに、
さらに文教堂書店(全店ではないかもしれないですが)で創刊号が購入できるのに、
ネット上での話題が盛り上がっていないようです。

デロリアンとも、ジャガー・Eタイプとも異なる展開に、
全国版進出が危うい気がしてなりません。(T_T)

nori さんの「3号のボディパーツを見てから」には激しく同意なのですが、
なんか「そこまでもつのか?」と不安になっています。

このタイトルの魅力って、今時はやっぱり通用しないんでしょうかxxx。

ちなみに僕らが小学生の頃のプラモって、
「鍵十時の親衛隊」が頂点でしたよね。

今思うと、当時は何であんなにOKだったのか疑問ですが、
確かに「格好良い」と感じていたのも事実です。

そして田宮の「人形改造コンテスト」から今のホビーが始まったんだなぁと。。。

おっと、またまた愚痴っぽいコメントになってしまいごめんなさい。
Unknown (nori)
2017-03-23 23:43:33
特設ページの出来具合からも全国販売は既定路線だと
思いますよ。
ただおっしゃる通り今回は販促CMやポスターは見えませんね。
商品力は十分あると思いますが購読層は他のシリーズよりも
年齢は上がると想像しています、そのあたりの違いではないでしょういか。
デアゴ的に避けたいのはやはり例のチョビと結び付けられること、
塗り替えられてフィギュアを乗せられたら堪ったもんじゃないでしょう。
そのあたりユーロ圏では売りにくいだろうなと無用な心配をしています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。