Makiのブログ

音楽のこと、歌ったり制作しているときに気づいたこと、日々の出来事に触れて感じたことなど。

グローブから介護へ

2016-10-19 04:44:00 | 日々の出来事に触れて感じたこと
なんとも興味深いタイトルの本が、苫小牧の水草牧師のブログに紹介されていた。

わたしは勘違いして、グローブをグローバルと読んでいた。

グローバルな社会や世界に目を向けることから介護、ケアに目が向けばそれにこしたことはないが、グローバルではなく野球のグローブである。野球のグローブから介護へ、である。

その前の記事には、歌が記してあった。

無機質なリフトに乗せられて、無機質な機械音と共に、お湯がはられた無機質な浴槽に浸けられる。浸かるのではなく、浸けられるのである。

一度経験したが、167センチメートルあるわたしの身体は台からはみ出し、効かない右足がつるつるすべって、リフトの上でそれに注意をはらいながら、またお湯に浸かると身体が浮いて、さらに自由が利かない部分に注意を払いながら、ゆったり入れるどころではなかった。人間がついていて、これである。

そういう状況を消化して歌にする作業が心で行われているわけである。

先日、長崎市のキリスト教会をケータイで検索して、長崎バプテスト教会さんにギデオンの聖書があるかどうか尋ねたら、お譲りしていただけることになって、二冊病棟に持ってきてくださり、いっしょに祈ってくださいました。魂が洗われるように涙が流れ、祈りのあとはスッキリと晴れやかな気持ちになれました。ギデオンの聖書は、研修で来られていた看護師さんに一冊、そして私が一冊いただきました。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月18日(火)のつぶやき | トップ | 2016-10-19 05:02:46 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL