まき子の酒

日本酒が好き。純米酒が好き。そんな飲兵衛が「母親」になったら、どんな化学反応を起こすのか?!そんな手探りな日々の日記。

古酒&チーズの会 @ 酒商熊澤(神戸 元町)

2017-02-22 02:22:18 | 日本酒を飲む @ 西日本

いつも、早い時間からムスコと一緒にお世話になってる
酒屋&立ち飲みの 酒商熊澤 さんで、
「年明けはこんなイベント考えてますよ〜」って聞いてて興味があったのだけど・・・

ついに!

古酒&チーズの会 開催だ〜!


しかも、お昼の12時スタート!
お知らせを聞いたその日に、相方に「ムスコの世話よろしく!」
とお願いしてしまった(笑)。

今まで参加したイベントと違って面白そうだなと思ったのは、
16人限定で予約制の着席スタイル なので、
1Fの立ち飲み部ではなく、2Fの貝料理専門店ボンゴレ(系列店)のスペースを使って。

さらに!
酒商熊澤さん主催だけど、
古酒を揃えてくれたのは、古酒マニアな常連さんという!

タケダさん、最初の挨拶に古酒の説明の時は、緊張してガッチガチでした(笑)。
が、後半戦がまた面白かった〜。


そして、チーズは酒商熊澤さんと付き合いの長いという
神戸元町でチーズと生ハムの直輸入店をやっている
Casa di Arrecria さんプレゼンツ。(お店のblog

女性店主(なのかな?)の藤井さんはベテラン!て感じで頼もしい。

このお2人と、酒商熊澤さんスタッフのみんなで、
「この古酒にはこのチーズ」っていろいろ考えて企画してくれたんだそう。


タケダさんの古酒は、すべて未開封のものだったのを、
ここぞとばかりに大放出!! 太っ腹ーー!!




この中から、最初は『6種類の古酒&6種類のチーズ』を会費内で楽しんで、
そのあとは、飲んでみたい他の古酒を有料で、っていうシステム。

古酒の6種類は、左上から
木戸泉2005生 木戸泉2005火入れ 国乃長18年古酒(裏ガエル)
左下から 超久2002 梅の宿3BY 龍力熟成古酒19年



チーズは、一通り左からお酒と合わせる順に
1:オッチェリ・アル・モルト・ウィスキー
2:イエト・オスト
3:ホワイトスティルトン・クランベリー
4:オッチェッリ・アル・バローロ
5:フィオール・ダランチョ
6:ブリア・サヴァラン


そして 神戸北野で有名なパン屋さん ル・パン のクロワッサンとあんぱん。


酒商熊澤さんからは ぬか漬け うにくらげ 東北でメジャーな しそ巻き



お2人の説明にあった通り、
古酒&チーズの組み合わせオススメ順で、マリアージュしてみました。

-- 以下、メモ的な感じで --

1:最初は、古酒といったら定番という 梅の宿龍力
チーズは、イタリアはピエモンテの“オッチェッリおじさん”(藤井さん曰く) が手がけた
オッチェリ・アル・モルト・ウィスキー
ウイスキーに漬け込んでいて、カラスムギが香ばしくていいアクセント。

2:あま〜い味わいの 国乃長18年古酒(裏ガエル)には、
ノルウェーの山羊のチーズ イエト・オスト
山羊ってもっとクセがあるイメージなのに、なんだか全然違う!
まろやかだし、キャラメルみたい〜。この甘い感じが裏ガエルにも合う。
立ち飲み部ではよくバーナーで炙って出すんだとか、それ、美味しそう〜!

3:超久 は15年古酒とは思えないくらい爽やかで、
それに合うのが、イギリスの ホワイトスティルトン・クランベリー 。
クランベリーは砂糖漬けなので甘いけど、チーズ自体がほんのりしょっぱくて、
お酒・クランベリー・チーズの3つがいい感じに絡み合う。

4:木戸泉〈生〉は、酸がすご〜い!
チーズは、最初に食べた “オッチェッリおじさん” の
オッチェッリ・アル・バローロ
名前の通り、ワインの「バローロ」の搾りかすに漬け込んでいるとのこと。
ほろほろと崩れるくらい硬い。

5:上の〈生〉と同時に同じ年度のものを飲み比べできるのは珍しいという
木戸泉〈火入れ〉は、もっと酸がすご〜い!
合わせるチースの フィオール・ダランチョ は、
青カビ…というのだけど、あんましブルーチーズっぽくない?!
「フィオール・ダランチョ」って、イタリアの甘口ワインのことでもあるらしく、
そのワインに漬け込んでるから、クセが抑えられてるのかな。

6:最後のチーズ、フランスの ブリア・サヴァラン は、
万能タイプでどれでも合わせられるとのこと。
ふわ〜りした食感でチーズっていうよりクリームっていう感じ。


中盤には、有料になるけど他の古酒の説明が再びタケダさんから。

ワイワイ盛り上がってきてもいるので、タケダさんもノッてきました〜。
「寝かせておいた日本酒の味のバランスが良くなる時…」
という説明には、ぐっと力が入って、目をキラキラさせて「解脱しますっ!」
・・・みんな、めっちゃウケてました。


この有料試飲に入ってからは、テーブルもより一層ワイワイ。
みんな個人個人で飲んでみたいのをキャッシュオンデリバリーで持ってくるのだけど、
「これ飲んでみます?」って、一口ずつ、周囲のみんなのお猪口に配ったりして。

こういう、みんなで一緒に楽しみましょう!って雰囲気が、イイんだよなぁ〜!


ちなみに、私が買って飲んでみたのは、まずは 麗人
1BY 7BY 63BY(←この63BYってのだけ昭和63年) の3種類があって、
私が1BYを買ったら、左の方が7BY、右の方は63BYを買ってきてくれて、
結局飲み比べできちゃいました♪
一番好みは7BYだなぁ〜。バランスが良いというか。

もう1つは、阪神タイガースのパッケージに入っていて
「頑張れ阪神タイガース」と書かれている(笑)猛虎の力

これは、タケダさんちの仏壇で熟成されたものだそうデス。
キレイに熟成されているというか、普通に美味しい。。タケダさんのご先祖様に感謝(笑)。


すんごい面白かったのが、この スペック不明の麗人

めっちゃドロッとしてて、見た目は「なんじゃこりゃー!」
みんな口々に「コーヒー牛乳?!」

これも同じテーブルの方が少し分けてくれて、恐る恐る飲んでみると・・・

・・・!!!
案外おいしい!でも、もはや日本酒ではない(笑)。
これに似たの、以前に食べたことあるなぁ…って思って気づいた。
杜の蔵の『麹ドレッシング』みたい。
熊澤シェフのはっしーが「料理人の心をくすぐる」って言ってた意味がわかる。


最後には 1986年の味醂

うーん!ちょ〜〜砂糖をいっぱい入れたエスプレッソー!

「コーヒーフレッシュが案外合うんですよ」
っていうので、ほんとに入れてしまうのだけど・・・

これがまた不思議。古酒味醂ならではの甘ったるさが抑えられて、別物になる。
甘いことは甘いけど。

最後の2つは、もう日本酒とか古酒とかいう枠を超えて、
みんなでおっかなビックリ、キャッキャワイワイ!

でも、これだけたくさんある古酒を、ちょっとずつ飲み比べできたり、
みんなとワイワイ一緒に飲めるってのは良いなぁ〜。

今までもマニアックな(笑)友達宅にみんなそれぞれ食べ物を持ち寄って
お酒大放出!なんてのはあったけど、やっぱ楽しい〜〜♪


チーズも美味しかった!
一番の好みは、最初のチーズ「ウイスキー」かなぁ。

アメリカでは散々チーズも楽しんだけど、
「日本は高い…」って最近ほとんど手を出さなくなってたんだよな。。。
せっかくだから、今度、 Casa di Arrecria さんに行ってみよう!
元町駅から近いし!


そいえば、古酒を揃えてくれたタケダさん、
何度か早い時間に熊澤さんのカウンターで見かけたことあったなぁ。
今度会ったら、もちろん声かけます!
たぶん子連れだけど(笑)。

12時スタートだったけど、気づけば15時・・・楽しい時間はあっという間。
とっても楽しい会でした♪
熊澤の皆様、ありがとうございますー!


[ 酒商熊澤 ]
神戸市中央区北長狭通4-4-15 1F
078-333-0087
月~土 15:00~23:00LO
日 15:00~21:00LO

[ 以前の日記 ]
2016/12/29 ママ飲み友と
2016/11/30 何年ぶりかのサシ飲み
2016/9/2 お世話になりすぎだろ…っていう…
2016/1/27 カウンター内デビュー
2016/12/21 「あいこしゃん!」
2015/11/17 神戸マラソンに参加した友達と
2015/7/3 関東からの親友とハシゴ酒
2015/6/25 子連れ酒友と再び
2015/5/27 神戸でまさか「まき子さん?」と言われるとは!
2015/3/21 雪彦山
2015/1/26 剣菱ジャック
2014/12/20 抱っこ紐の子連れ友達と!
2014/10/20 「熊澤ジャック」とは
2014/9/13 初めて来ました

ジャンル:
ウェブログ
コメント (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 賀茂鶴のお燗とお好み焼き @ ... | トップ | 3歳児と行く @ バンドー神戸... »

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いいねー! (遊牧民)
2017-02-22 18:39:10
俺の好きな日本酒にチーズかぁ。

食べた事ないチーズばかりだ!
酒に漬けたものが多いのか?
ちょっと安易ではあるが・・・笑

興味のあるのは1,2,4辺りかな。
携帯で見ると2,4辺りはHardなのかな?と思ったけど、パソコンでみるとそーでもないのかな?
シェーブルはわりと苦手なんだけど・・理由はヨーグルトに似たチーズの味が苦手・・2番ヤギなんだね?笑
色が私の好きなチーズに似ていると思ったんだよねー。

まぁ、組み合わせって重要だよね。
古酒は分からないけど、ゴーダの48ヶ月が今の所一番合ってるチーズだったよ、俺には。
でも、中々面白い企画だったね!
■遊牧民さん (まき子)
2017-02-22 21:41:21
ゴーダ48ヶ月が忘れられない、っていつも言ってますもんね。
私もアメリカ生活中で食べたチーズの数々が忘れられません…
ゴーダ36ヶ月が100g $4で簡単に手に入るような環境でしたからね〜(遠い目)。
そいえば最初はブルーチーズしか興味なかったのに、
ハードの良さを遊牧民さんがコメントで教えてくれて、チーズライフ(笑)がとっても充実したのですよ〜。

そうそう、2つめのイエトオストは山羊なんですが、
何も知らずに食べたら分からないくらいだと思います!
とっても柔らかいですよ。
私も一番は1であとは4が良かったなぁ。
オッチェッリおじさんのチーズ、好みのツボみたいです♪
Unknown (庄助)
2017-02-23 05:44:59
ゆったり落ち着けてしっかり楽しめるいい会ですね。
上諏訪の麗人何度か蔵に行ったことありますが、5度なんてお酒あったんですね知りませんでした。
5度でも長期熟成できるんですね、奥が深いですね。

会費はおいくら位だったのでしょう?
■庄助さん (まき子)
2017-02-23 09:11:24
会費は驚きの4,000円!
有料試飲で500円と300円を使いましたが、それでも安いです。
古酒は価格は色々かもしれないですが、チーズが…
ウィスキーは100g 2,000円ほど、
バローローやホワイトスティルトンは1,200円ほど、
ブリア・サヴァランは1,500円ほど!(楽天などなどで調べちゃいました(笑))
全部がこんな高いものではないけど、こんなチーズを6種類も味わえるなんてありがたいです。

麗人のアルコール度数5度でこの味は面白いな〜って思いました。
同じ麗人でも、63BY(昭和)、1BY、7BY も味が全然違って面白かったです。
Unknown (ハヌマン)
2017-02-23 11:11:02
熊澤さんもイロイロ企画されて良いお店ですね。
大阪天満宮もエントリーしているし。
チーズとワイン会は何度か参加してますが・・・
日本酒とチーズは神楽坂のチーズ専門店「アルパージュ」のイベントぐらい。
店内スペースで燗酒とチーズ盛り合わせはなかなかイケます。
古酒&チーズは機会は今まで無かったが面白そう。
以前、国分寺の日立総合研究所の開放日に大きめのパルミジャーノのカットを購入しました。
時々燗酒のアテにして楽しんでますが、古酒にあうのかな?
名古屋のワインショップの頒布会で引き取ってきたブルゴーニュのウオッシュタイプの方が合うかも?
■ハヌマンさん (まき子)
2017-02-23 14:44:03
定期的に色々企画してくれてて、いつも楽しいです♪
天満宮に出す日本酒も、今回はなんと・・・!
…ってまだ言えませんが(笑)、なかなか力入ってるなーって思いました。

チーズって「ワイン」って思われがちだけど、
我々(例えば残念会の皆さんとか)好みな燗酒だったら普通に合いますよね〜。

でも確かに、案外東京って日本酒とチーズの組み合わせを売りにしてるところはないかも…
それに古酒とチーズって、下手したら、すっごい高い会費になりそう。。。
それが今回4000円でできたのは、ほんっとすごい!

飲食店でも、燗酒とチーズってところはそんなにないけど・・・
あ!そいえば、大塚の「29Rotie」さんとこなんかは、生ハム以外にもチーズが充実してます。
いつも燗酒とチーズを合わせて飲んでました。
…って日記を見返したら、もう4年も前のことになるんだー(汗)。

パリジャミーノ、普通の燗酒にも合うと思いますよ♪
単に私の好みなのかもしれないんですが、
ウォッシュタイプもいいけど、「ハードチーズと日本酒」って組み合わせはアメリカに住んでた時はテッパンでしたよ〜。
そうだよねー (遊牧民)
2017-02-24 13:31:56
何回も言ってスマン! 笑
別にボケてる訳ではないのだが。 笑

ありきたりだけど、コンテやグリエールの24以上もこれまた合うんだよね!

何か見た目で何となく好きか嫌いか分かるよね。
時にとんでも無く外すけど。 笑

と言う事は今回はバード系のはなかったのかな?
ウイスキーとバローロは食べてみたい!
■遊牧民さん (まき子)
2017-02-24 22:21:35
グリュイエールもいいですよね〜。
遊牧民さんが日本酒をDCに送ってくれた頃は、
12ヶ月のだったら100g $2.5でいつも買えたので、それで合わせてました。
12ヶ月でも全然OK!でしたよ♪

ウイスキーもバローロもハードタイプ、って言って良いと思います。
今回の見た目で意外だったのは、やっぱイエトオストかな〜。

あとは、スティルトンって黄色いものだと思ってたんですが、
ホワイトスティルトンなんてのもあったんですね〜。
Unknown (ローリングウエスト)
2017-02-25 05:55:18
古酒&チーズとは面白い組み合わせですが、同じ発酵食品である意味ルーツは一緒!漬けものも親戚、健康維持にもいいのかもしれませんね!
■RWさん (まき子)
2017-02-26 00:01:56
まさに!
同じ発行もの同士ですよね。
漬物ももちろん日本酒は合うわけだし。
■RWさん (まき子)
2017-02-26 08:04:59
日本酒のお燗でもチーズは結構合うので、
古酒でももちろん合うと思いますよ〜。
ただ、この組み合わせでお酒の会をやろうとすると、
すっごい高くなるんじゃないでしょか。
なので、今回4,000円でやってくれたのは破格!すごい!
だとしたら (遊牧民)
2017-02-27 15:18:41
えっ?ハードなの?

だとしたらその切り方では損をしているような…
■遊牧民さん (まき子)
2017-02-27 23:47:32
私も、ハードは、いつも薄っぺら〜くカットできるのを使ってます。
今回のも、薄〜〜くしたらまた違ったろうなぁと思えど、
プレゼンツは、チーズの世界のプロだったので、これはこれでアリだったんだろうなと思ってマス♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。