まき子の酒

日本酒が好き。純米酒が好き。そんな飲兵衛が「母親」になったら、どんな化学反応を起こすのか?!そんな手探りな日々の日記。

ホームパーティで“どかーん!”と「ロティ・オルロフ」

2017-06-14 23:03:38 | 家飲み

早くムスコに時計の読み方を知ってもらいたい!!!

本気でそう思ったこの日。
とは言っても、まだ3歳じゃ難しいのはわかっちゃいるんですけど…

というのも、この日はいつも交互に家飲みパーティをやってる先輩夫婦が、今度は我が家に来る日。
ムスコも先輩夫婦が大好き!で、朝6時 に起きてから、もーズーーーーーーーっと 「ねぇ〜もうくる?」「もうくる?」「いまきたかも?」「ママがよんできてぇ」「きた?」「まだぁ?」「でんわするー!」と言った具合に、10分おきに聞いてくる。

幼稚園で覚えている歌 に習って「時計の大人の針と子供の針が “12” で “こんにちは” する頃に来るからね!」と言うと、自分のおもちゃの時計を持ってきてぐるぐる回して「こんにちはしたよ!来る?」とな。
う…!そ、そうね…それはそれで12時だけど…
でもちがーう!時間ってのはそういうんじゃなーい(笑)!

そもそも、「昨日」はもちろん、「2日前」「数日前」「ずいぶん前」のことすべて「きのう●●したねぇ〜!」とか言ってるレベルだから、「あと4時間後に来るよ」も「あと10分後に来るよ」も、そりゃあ同じだわな・・・


そんなこんなで、息子にとっては朝起きてから長〜い長〜いじれじれじれじれした6時間が経過し、ようやく12時!!

「ピンポーン♪」


ほら!坊!!!先輩たち来たよ!!!
待ちに待って、待ち焦がれた先輩たちが来たよ!!!
玄関まで迎えに行こうか!

と、一緒に玄関に行って、「ガチャ」っと扉を開けるなり、「キャーーーーーー!!」
と叫びながら踵を返し、タター!!と奥の部屋へ逃げる!!

先輩たちからしたら「あの…なんで逃げる?」って感じだったかもしれませんが、すみません、きっとこれが3歳児の 渾身の歓迎 でございます(笑)。


いやーでも私も楽しみにしてました♪
先輩たちとのホームパーティって、いつもすっごい楽しいんだもん!

相方と先輩はかつて同じ会社で働いてたし(っていうか私も…ま、部署が違うけど)、同じアメリカ滞在もした仲なので、“内輪ネタ”でもいつも盛り上がる、ほんっと気のおけない楽しい先輩夫婦なのデス


乾杯は先輩たちが手土産に持って来てくれたスパークリングワインの Blanquette de Limoux Brut ブランケット ド リムー ブリュット で。(写真左)

右の赤ワインは、相方がこの前ドイツ出張に行った時に空港で買って来てくれたワイン。
Kloster Eberbach クロスター・エーバーバッハ 2014 ピノ・ノワール
テキトーに買ってきたって言ってたけど、調べてみたら由緒あるワイナリーだし評価も高くていい感じ。
いつ開けようかなーって思ってたけど、こういう日こそ♪
後で出すお肉の時に飲もう〜。


料理は、昔はがっつり色々作ってたけど、最近メンズたちがアラフォーになり(笑)、食も細くなって来たようなので、まずは軽く前菜でスタート。

カルボナーラ風ショートバスタ タコとイカの海鮮サラダ にんじんしりしり きのこのアヒージョ
料理してるといっつも写真撮るのを忘れちゃうんだけど、今回はなんとか撮れた…

ま・・・料理と言っても、まともに作ったのはこの4品だけで、あとはドーン!と出すだけなんだけど。


明石産 真鯛台湾産 キハダマグロ のお造り。
もちろん魚屋さんで「お刺身用に切ってください」とお願いしたので私は盛り付けるだけ。

明石の真鯛はもう旬を過ぎてるからか、4サク入ってかなりお得なお値段でございました。
でも十分美味しい!さすが瀬戸内海!


で!次は!29、ニク、肉です!

ここんとこ丸鶏ローストばっかりだったので、そろそろ違うものを。

でも、そこら辺で食べられるのじゃつまらない。
でも、いつものように豪快!!なのがいい。
でも、ステーキ?…じゃあ芸がないしなー。

と、いつも美味しいUSビーフを購入するサイトをチェックしてた時に、こんなん見つけちゃいました。



Roti Orloff ロティ・オルロフ !!!

ポークロインのでっかい肉塊に切り込みが入っていて、そこにオーストリア産のスモークベーコンで巻いたホワイトチェダーチーズが挟み込んであります。

これ、この状態で冷凍で届くので、冷蔵庫で2日ほどかけて解凍、当日180℃のオーブンで90分焼くだけ!という、チョーーーお手軽!なのに豪快!


ちなみに・・・
「Orloff」ってのはフランス料理の1つらしいのだけど、名前の由来は19世紀に活躍したのロシア貴族「アレクセイ・フョードロヴィチ・オルロフ公爵」なんだとか。

んんん? フランス料理なのに、なぜロシア?

って最初はこんがらがったのだけど、ロシアでオルロフ公爵に長年仕えたフランス人の料理人「ユルバン・デュポワ」パリ講和条約の時に同行して、パリで披露した料理が、現地で「トレビア〜〜〜ん!!」となり、その料理の名前に「オルロフ」が付けられたとか。

…って、こんな肉塊で19世紀ヨーロッパの歴史を再びお勉強をしてしまったわけですが、今はその「オルロフ」もいろんなアレンジヴァージョンがあるみたい。
メジャーなのは「仔牛腰肉のオルロフ」らしいのだけど、今回は 「ポークロインのオルロフ」というわけです。


90分かけて焼いてる最中、上部が焦げそうだったので、アルミホイルで被せて、オーブンから出した後も20分ほど寝かせて…




ドドーーン!!

ようやくお披露目〜〜〜!!見た目ばっちくてすんませ〜〜〜ん(笑)!!

いやーすごい!焼くとさらに存在感が増す。
しかも、チーズを肉に挟むっていう発想に加えて、そのチーズをベーコンで巻くっていうの!!すごいイイ!!!

なぜなら、切り分ける時に、チーズでベチョーーってならないから。

こういうのは料理を提供する立場にならないと分からないもんだなぁ〜。
チーズだけだったら、切り分ける時に「あーもーぐちゃぐちゃになるけどイイ?」って感じになると思う。

でもベーコンがいい具合に包丁を入れる境目になってくれて、綺麗に切り分けられるんです。


切り分けるとこんな感じ。
私のは端っこの小さいカットだけど、男性陣には中央のボリューム満点な部位をば。

ロティ・オルロフ、初めて買う上に初めてのホームパーティのお披露目で、うまく出来上がるかちょっとドキドキしてたんだけど、見事にサプライズ&大満足になって良かったよかった〜〜〜

しかも、見た目だけじゃなく ちゃんと美味しい!!
いわゆる豚肉のステーキになるわけだけど、お肉は柔らかいし、味付けもいい感じ。
チーズの香ばしさも相まって、これはほんっとに旨いです。


そんなこんなで、ここまでは先輩夫婦とも大いに盛り上がったのだけど、この後、次第にいつものような状態に。

=男性陣、撃沈。

ちなみに先輩の奥さんは下戸なのでお酒は飲まない。
そして、この4人のうち、たぶん私が一番飲んでる。でも元気(笑)。

撃沈した2人とも、揺すっても叩いても起きないので、ずーっとムスコが「こうえんにあそびにいこうよ〜」って言ってたのもあり、男性陣は家に寝かせておいて、女性陣+ムスコとで近所の公園にお散歩することに。

なんだか先輩と一緒に公園に行くって新鮮〜〜!!!
なーんてことはないことかもしれないけど、青空の下、公園のベンチで楽しく話をして、私にとってもリフレッシュタイムとなりました♪


で、あれだけ先輩夫婦との再会を待ち望んでいたムスコの、別れ際はどうなったかというと。



いつまでもいつまでも見送ってました。

私がムスコを抱っこして先輩たちの後ろ姿を、マンションのエントランスから見送っていたわけだけど、いかんせん道は長い一直線。

先輩たちの後ろ姿が小さくなってきて、そろそろいっかな?と言っても「まだぁ!!」と手を振り続ける。

それを3回くらい繰り返したかな。

本当に最後の最後、先輩たちが角を曲がって、姿が見えなくなったところでようやく「おうちに戻ろっか?」「うん…」ボソッと一言。

先輩夫婦と一緒にひと時、ほんっとに、楽しかったんだねぇ。。。
でも私も、ほんっとに、楽しかったよ。。。
こういう時って、家の中に戻るとまた寂しさが倍増するんだよね。

でも!先輩たちは近くに住んでるんだし、またいつでも会えるんだし!
また楽しいホームパーティしようねーーー!!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成29年『燗℃良好』は新装!... | トップ | 地元の人は知っている「こま... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (庄助)
2017-06-15 04:04:55
>「キャーーーーーー!!」
と叫びながら踵を返し、タター!!と奥の部屋へ逃げる

若の朝からの興奮が伝わってきます。
子供らしい反応です。

ロティ・オルロフ 知りませんでした。
豪華で美味しそうです。
肉は1kgぐらいでしょうか?ちょうど5人前になるようにチーズとベーコンが入っているんですね。
今度作ってみます。
■庄助さん (まき子)
2017-06-15 09:13:44
ほんと、幼児らしい反応で笑えました(笑)。
朝から12時までのじれじれ感も、ものすっごかったです。

ロティ・オルロフはまさに肉1kgくらいでした。家のオーブンやダッチオーブンに入る大きさなら何キロでも良いと思いますよ〜♪
ベーコン巻きチーズも人数分挟み込めば。

あと、味のポイントはスパイスだったようにも思います。
辛すぎると子供達が食べられないのですが(実際、このスパイスは若には辛すぎたらしく食べられませんでした)
塩胡椒などたんまりと境目にも塗りつけて、チーズを挟んだ後はタコ糸でぐるぐる巻いて、一晩寝かせておくと良いかもです。

実際に私が買ったのは、これです。ご参考まで♪
http://www.themeatguy.jp/app/ja/products/view/1131

届いた商品にはタコ紐はついてなかったんですけどね〜。
Unknown (庄助)
2017-06-17 04:54:19
いいお店紹介してもいました。
ありがとうございま~す。

ワニ肉やカンガルー、ダチョウまであるんですね。^^
今度頼んでみようと思います。
■庄助さん (まき子)
2017-06-17 12:47:27
デショー!
けっこうお気に入りのお店なのです。
冷凍で届きますが質は悪くないし。
そうそう、いろんな面白い肉も売ってるんで
見ていても面白いです♪
どーんっと! (萌葱)
2017-06-17 19:33:35
ドーンっとしてますな!

取り分けやすいってのも魅力です。
しかもうまいなら最高です! 笑

ピノが美味そうなボトルだね。 笑

それにしても本当いい元同僚に恵まれたね。
仲が良いのがどの文にも現れている。
そう言うのって大事だよねー
■萌葱さん (まき子)
2017-06-17 20:26:24
本当にいい先輩たちに出会えてよかったです!
相方と先輩同士はもともと仲良かったけど、私と先輩の奥さんは面識がなかったわけで…
でもアメリカ駐在をきっかけに家族ぐるみでの楽しい付き合いが始まりました♪

ピノは美味しかったですよ!
相方、テキトーに買ったらしいけど、偶然なのか引きが強いのか(笑)、
いいものを買ってきてくれました。

このどーん!は、また家でやりたいですね〜。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。