まき子の酒

日本酒が好き。純米酒が好き。そんな飲兵衛が「母親」になったら、どんな化学反応を起こすのか?!そんな手探りな日々の日記。

『七五三』初体験!and 『秋田温泉 さとみ』

2016-10-14 08:00:29 | 日々思う事

なんだか久しぶりになっちゃった、秋田への帰省。
早朝の伊丹空港の展望デッキ、
ここでアンデルセンのパンを食べるのはもうお馴染み。

あぁ…ムスコが無料で飛行機に乗れるのも、最後だなぁ…。

秋田に行くことは何ヶ月か前に決めていたのだけど、
直前に私の父から「そういえば七五三は名古屋でやるのか?」
=名古屋でもやるんだよね?(↑遠回しに言うから紛らわしい)
という催促があって、ふと気づいた。

名古屋でやるのに、
せっかく10月に帰省する秋田でやらないのは
ヨメとしてどーなの?!

※本当の七五三の日は11月15日だけど最近は前倒しする人も多いらしい

と言っても、もう直前すぎて衣装とか借りてる余裕もないので、
実家から近い 彌高神社 へ「普段着で行きませんか!」と提案。

時期としては早い方だけど、もう他に3家族もいて(しかも皆様しっかり着物)、
「ここでなぁにやるの〜?」と全く緊張感のない普段着の坊がやたら浮いてる。。。

まぁね〜。そうだよね〜。何するか意味わかんないよね〜。
でも祈祷してもらっている間は、おとなしく膝の上でちょこんと座っていました。

なぜならば。

「静かにしてたら、飴ちゃん、もらえるからね。」
と“エサ=千歳飴”で釣っていたのだ。

そして、
祈祷が終わった直後の “し〜ん” とした空間の緊張の糸を切ったのは、
息子の「あめちゃん、食べゆ〜〜〜!」

他の家族からも「プププ」って笑いが(笑)。

千歳飴を持った “七五三おキマリ” の写真…なのだけど…

最近、ピースとかわざとらしいポーズ取るようになって、なんかヤダ!


さてさて。
そんな突然の七五三バタバタイベントもあったけど、
今回の帰省は
久しぶりに家族旅行!『温泉旅館』が本番なのだ!


実家から車で20分足らずのところにも温泉が湧いているので
秋田温泉  さとみ温泉 へ。(HP)

すっごい大きい〜!
フロントも大きい〜!
部屋も広々〜!
アメニティの充実っぷりがすごい〜!

お子ちゃま用の浴衣も用意してくれていたので、早速着せてみる。

いつも思うけど、浴衣とか作務衣とか着せると、
どー見ても 座敷童子 にしか見えない(笑)。

お子ちゃま用の石鹸、歯ブラシ、タオルまで、かわいい袋に完備!(背負ってる袋)


施設も立派だけど
何より温泉の水質にびっくり!!
すんごい “とろ〜〜〜り” していて、少ししょっぱい。

「ふぅぅぅぅ身体に染み込んでいく〜〜〜!」って感じ。

到着してすぐにムスコと一緒に入り…
ムスコと相方が寝静まった後に一人で入り…
早朝もこっそり一人抜け出して入り…

あああー「温泉」を満喫したああああ。


満喫したのはもちろん夕飯も。

部屋ではなく別室での夕飯だけど、
これまた個室がずら〜り並んだエリアが立派!



部屋に入るとすでに並べられている料理に「ふわ〜〜お!!」


一番テンション上がったのは坊か?!(笑)

なんとまぁ立派な「お子様ランチ」
(夕飯だけど、子供用のセットは全て「お子様ランチ」という名称)

興奮する坊を抑制するのが大変!
「み・ん・な・と! い・た・だ・き・ま・す! し・て・か・ら・ね!!!」

の、お預けタイム。
いや待ってるのは瓶ビールなんだけどね(笑)。


大人の我々の料理も、目がキラキラになっちゃう!



なんだろうこれは?と思ったら フグのサラダ



八寸みたいな、おつまみちょびちょび盛り♪

えのき茸のみぞれ和え 何かの内臓(ブルーの器)、
サンマ巻き 鴨燻製 ハタハタ朴葉みそ焼き ぶりっこ付き 羊羹?

さすが秋田!!!
ハタハタが美味しい〜〜〜(>_<)。
写真からは分かりづらいかもしれないけど、ぶりっこはたっぷり。
プリプリ卵がとっても美味しい〜のです♪

ちなみに、普通は「ブリコ」って書くかもしれないけど、
秋田生まれのお父さんお母さんは「ぶりっこ」って言ってます。


お肉は 豚肉ステーキ

相方から八寸のほとんどパス来たので、
このお肉は、一切れだけ食べて、あとは相方へお返しパス。


きりたんぽ鍋 もある♪ ほんっと秋田づくしだなぁ。



こんな美味しいおつまみがいっぱいあるので、
さぁさぁ、お父さん、一緒に飲みましょう!!

実家のお父さんはもちろん、
秋田のお父さんも一緒に飲んでくれる頼もしい「味方」、ムフフ。

さすが大きな旅館だけあって、「日本酒 熱燗」だけな表示とは違う。
メニューには日本酒もいっぱいあって、こんな飲み比べセットも。
秋田の地酒3種セット



吟醸酒しみずの舞 刈穂純米酒 両関生貯蔵酒

私はやっぱし、純米のが一番美味しく感じるなぁ〜。


料理は続々登場。

刺し盛り のブリやマグロは、歯ごたえしっかりな厚切り。



本日2つ目のハタハタだ〜♪
ハタハタのしょっつる蒸し にも、ぶりっこがいっぱい!!

出汁がちょっとしょっぱいのは、やっぱり秋田の味なのかな。
と言っても、別にしょっぱすぎない、いい塩梅。


さてさて。
サラダにあったブグなのだけど…「なんでフグ?」って思ってました…

知らなかった…

秋田は 北限のブグ って言われるくらいとってもフグが有名なんですね〜!

お父さんが
「コースのフグはサラダだけって言うから、追加で頼んだのさ」と…



どどーん!と 河豚刺し〜〜!!



河豚の唐揚げも、どど〜ん!


これで3人前!? すんごいボリューム満点!
アラを唐揚げにしたような感じで骨がいっぱいなのだけど、
その分、コラーゲンたっぷりで、ついついしゃぶっちゃいます。


楽しい夕飯タイムも、あっという間。
やっぱり美味しい料理を、こうやってみんなでワイワイ話しながら食べるのって
本当に楽しい!!

まぁ…
相変わらず、実の両親を目の前にすると、
ぜんっぜん喋らない相方だけど…

今はそれがむしろ心地よい(笑)。

お父さんの飲み相手と、お母さんの喋り相手と、 ムスコの監視の3役も
もう慣れましたとも。

しかも、今回は、
「おばあちゃん×坊」 が、とっても良い雰囲気♪

↑「アチュい!」とか言って上着を脱いだまま、
ティッシュをちぎって遊んでる。


あーでも最後の「おじいちゃん×坊」もいい感じでございました。

ムスコ自ら「じーじぃ〜、おてて、ちゅなぐ〜〜」
この2人の背中に、なんだかじ〜んとしてしまった。

この後も、しばらく、隣のじーじとばーばの部屋に入り浸り、
私と相方が部屋でまったりしている間、
隣からドッタンバッタン!と音が(笑)。

最初は「じーじ、ばーば」って言っていたムスコが
最後には「おじーぃちゃん、おば〜ぁちゃん」って言ってたのにもびっくり。

たった2泊3日しか居られなかったけど、
ずいぶんと濃厚な秋田滞在になったんじゃないかな。

(2日目はムスコを預けて、相方と2人で映画観に行けたし(笑))

秋田っていう距離上、
そんなに簡単に行けない場所でもあるから、
ムスコにとっても、じーじとばーばの存在は特別なものになるんだろうな。

また遊びに行くのが楽しみだねー!!


ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『リラックス』編 @ 日本酒... | トップ | WASHU × WASHU 和の国の旨し... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (庄助)
2016-10-14 12:32:08
若、一丁前にトランクケース引っ張ってますね。(笑
姫も今週から有料になってしまいました。
まさか子供の前で2歳ですなんて嘘言えないですものね、、、。^^;)  無料最終日、新幹線で名古屋へ帰って行きました。

義父さん、義母さんうれしそうなのが写真から伝わってきます。
北限のフグ、お父さん奮発されて押せ気が美味しかったでしょうね。
私も何度か食べたことあります。
http://shousuke.blog116.fc2.com/blog-entry-1715.html
■庄助さん (まき子)
2016-10-14 13:02:16
ぶっちゃけ見た目に2歳か3歳かなんてわからないので
良心の問題でしょうね〜。
それに子供の前で「2歳です」って言っておきながら
「しゃんしゃいだよ〜!」なんて言われた日には目も当てられません(笑)。

新幹線って6歳以下は無料じゃなかったでしたっけ?!
指定席で子供用の席を取るとお金かかるんでしょか?!
普段、自由席なので…(席がなかったら立ったままあちこち移動して遊ぶ(笑))。

北限のフグ、私たちが食べたのはとっても薄切りでした。
観光客用にアレンジしてあるのかな。
お父さんお母さん、とっても喜んで一緒に遊んでくれて、
ムスコもほんっとに楽しそうに過ごしてました。

ムスコを産む前は「自分が楽しいこと」が基準だったけど、
今は「ムスコや相方が楽しんでくれるのが、自分も楽しい」って感覚に変わっちゃいました。
歳くった〜(笑)。
めしテロ再び・・・ (fumi)
2016-10-14 21:53:55
美味しそうな・・・ハタハタ美味いですよね。
七五三おめでとうございます。
死亡率が高かったため昔はこのお年頃がということですが、特に男の子は女の子より弱かったため二回あるんですよね。
保育園の卒業と同じく。よくぞここまで育ってくれたと親御さんが神様に感謝する日。
この齢までは子供は神様の子。試された親が親と認められた日という言われ方をしているところもあるとかないとか?(うろ覚え)
だから、皆で祝い、楽しむのが良いですよね。
表の主役は子供。真の主役はお父さんお母さんですよね。
美味しいもの食べて飲んで英気を養ってください。
■fumiさん (まき子)
2016-10-15 01:20:58
いつも飯テロ犯してすみません…(笑)

七五三、男の子が2回もあるって、そういう意味があったんですね。
うちの坊も今年は入院沙汰もあったりして大変だったもんなぁ。。。

でも大病もなく、健康体そのものでここまで育ってくれて神様に本当に感謝です。

>真の主役はお父さんお母さんですよね。

この言葉に目頭が熱くなってしまいました。。。
ありがとうございます!
秋田には一度・・・ (fumi)
2016-10-16 00:09:33
いえいえ~本当に親は大変です。
一年の節句は本当に多くて、全てが一年の自己の行動を
所謂「節句節句に」神様の問うかのような行事などがあります。
何も考えずにお祭りが大好きな日本人を上手にコントロールしているシステムだよなあと思います。

秋田には一度旅行を計画していましたが、結局仙台になりました。仙台も良かったですがね。行きたい!

 宮中行事にて魔よけの為に一定の年まで男児に女児の服を着せる風習もあります。昭和天皇のお写真があるそうです。
 男の子は胃腸が弱いことが多く、それが短命の原因の一因ともなっていた時代。
 高貴な方は乳母が高貴な方の目に触れるために白くなる水銀を使用した白粉を使ったために乳児死亡率が高かったとか。特に後継ぎさんはそういうことも多々・・・
 その点では現在は良い時代と言えるのでは?
■fumiさん (まき子)
2016-10-16 01:16:47
仙台もいいですよね〜。
つい1年前まで相方の実家は仙台、相方も仙台生まれの仙台育ち、大学まで仙台でした。
実家近くの美味しい日本酒を出してくれるお店に行けずじまいだったのが悔しいっす。。。

日本人はほんっとに節操がないというかお祭り付きですよね…
そのほとんどが「商業戦略」だとは思うんですけど、バレンタインとかハロウィンとか恵方巻きとか、
私はほとんど無視です(笑)。
が、まぁみんながお金を出しちゃうイベント=経済が回っていくって考えれば、今のご時世は悪くないのかも?!

「今がいい時代」は、きっとどんどん更新されていくんでしょうね〜。
昔は「水銀を使うべし」とされた、私の親世代なんかは「とことん殺菌滅菌!」でもそのせいで子供世代にはアレルギーが増えた、我々の後世には何が待っているのか…?!その時になってみないと、ぶっちゃけ分からない。。。
Unknown (RW)
2016-10-17 07:10:20
七五三誠におめでとうございます!温泉を家族で楽しみながらの企画とは最高ですね~
■RWさん (まき子)
2016-10-17 08:32:26
ありがとうございます。
秋田はどうしても交通費がかかってしまうので
土岐の実家みたいに頻繁に帰られないし、
こういう時でもないとなかなか家族旅行もできないですもんね。
じーじとばーば、ムスコがとっても楽しそうで良かったです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。