徒然なるままに

ふと思ったことを適当に

※題名と本分は繋がりはありませんので。あしからず。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

THA BLUE HERB

2011-02-20 11:13:31 | Weblog
1ステージ チャンスは1度きり
次のステージ
そしてその次また次さらに
次 次 次

どこまでいっても 泣いても笑ってもチャンスは1度きり
その1度きりがずっと続くんだ

やめるまで
あきらめるまで
負けるまで

勝ち続けたなら命の果てまで それを承知でたった一人
越えるべき山に挑んでる 崖っぷちの隣人へ
我が荒ぶる言葉よ響け

勝ちたいと願う全ての人々へ
そりゃあ今日も外はみぞれ混じりの悪天候だけれども
だからってやまない雨を 向かい風を ちょうどいい言い訳と
変わらぬ明日を 待てど暮らせど突破口は絶対に 開かねえよ

たった独り切に勝ちたいと願っている人へ
真正面 moments 時間が減ってってることを認め
荒れ果てた原野を急げ
1度きりのチャンスをつなぎとめ
君を待つ独りがけの椅子をつかみ取れ

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

殺さない

2010-07-02 22:54:20 | Weblog
僕は虫を殺さない。

極力殺さない。


優しいなんて言わないで。

ただ怖いだけ。


雑草を抜くのも怖いだけ。

優しいなんて言わないで。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

SlipKnoT Paul Gray を偲んで

2010-05-26 21:37:26 | Weblog
R.I.P Paul


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鏡に映る現実

2010-05-25 21:44:33 | Weblog
中盤がかっこいい


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

想書

2010-05-24 22:57:03 | Weblog
我信ずるは我なり



我の所業は我に帰り

我の勉励もまた我に


誰も 彼も お天道様も知り得ぬ事

ただ我のみ知る者ぞ


あの果実を得る為に

我は我の為に鞭打ち続ける


誰が知らぬとも我は知る者

孤独を知れ


我信ずるは我なり

己を知れ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

覚書

2010-05-04 02:36:25 | Weblog
偉そうに歩くペット

横目やつれ顔の野良猫 どうか気高くあらんことを


淘汰される生と死のダンスフロアで踊れ

まな板上で暴れる魚たちの遠吠え


人や物で溢れきんきらな町並みは

人っ子一人の侘しさも塗れぬ色気違い


赤だ 青だ 紫

黄色 緑 その先

塗りつぶしの争い 

結果真っ黒け


純白の静寂

足跡を明白 にするための逆走

裁かれる前に逃げ出そう


さぁ

希望全貌 食い散らかして捨てよう

この青ざめた惑星のさすらい人たちよ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

残暑がそこまで厳しくない

2009-08-26 18:22:35 | Weblog
A rolling stone gathers no moss



that has 2 opposite meaning





which one do u bilieve ?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

DEEP

2009-08-06 23:33:29 | Weblog
我は彼であり彼は我である



深く  深く  深く


想い 違い 重い 期待



我は彼 彼は我


深く  深く  深く





我は我だと声高々に

彼を見ずただ我を思う


我  彼  誰



心理の奥のそのまた奥

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ある空の高い休日

2009-04-19 10:13:07 | Weblog
あっち こっち そっち

どっちをむいても嫌なことは待っている。

ただただ静かに僕を迎え入れようとしている。

それに等しく嬉しいことも僕を温かく迎えてくれる。


生きるうえで どちらを基準にするかによる。


幸せに包まれて生きていると思うのか
不幸せに挟まれて生きていると思うのか。

基準の相違で目に映る色が変わる。

僕は鮮やかな色彩の中で活きたい。

高い高い青空が素敵な日もあれば
高い高い青空が憎らしい日もある。



僕たちが死ぬ確立は100%

不明確なことが多いこの世界でもこれは明確。
来世があろうがなかろうが その日がくれば一旦リセット

ならば今を活きようと思う。
幸せに包まれて

お金がなくても
仕事がうまくいかなくても
人間関係に悩まされても

悩みがないということは無
幸せはいつも悩みの先で待っている。



無は死に等しい
思考の停止は死に等しい


浮き沈みあれど素晴らしき世界を堪能しよう。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

繋がり 此処と彼方

2009-02-18 21:56:58 | Weblog
君は僕たちが行ったことのないところにいるのですね。

君はまだ此処にいるような感覚。
いつもの5人で。

悲しさよりも悔しさ。
君がどんなに急ぎ足だったとしても、それはとてもとても早すぎて。



僕は君が彼方へ行ったと聞いた時の空を忘れない。

突き抜けるような青い空。

やはり神様はいないんだと思わされた。


君が彼方へ行っても此処はいつもどおり。
僕たちの心に爪痕が残ったこと意外はいつもどおり。

今になってわかるんよ。
君を含めたいつもの5人でいろいろなところへ行ったりいろいろな遊びをしたかったって。



半年後にみた君は君じゃなかった。
なんど顔をみても君じゃなく。

その日の夜君を除いたいつもの4人で夜ご飯。

あぁ。いた。やっぱりさっきのは君じゃなかったんだね。

いつもの5人。



ねぇ、君の此処での28年間はどうだった。

君がどう思おうとやっぱり僕たちには早すぎた君の旅立ち。

時が忘れさせてくれる。

忘れたくない。
君のいつもの笑顔がかすむのは嫌だな。


ねぇ君の此処での28年間はどうだった。
上手に輝けた?


僕たちもいずれ彼方へ行くよ。

いつ行くかは未定だけど必ず行くから。



そのときはまたいつもの5人でバツゲームボーリングしようね。


寂しいのは僕たち。


そうそう。僕の結婚式のときの退場のエスコート、君におねがいするね。
ちゃんとエスコートよろしくね。


ごめんね。君のことうまくつたえられないや。
文章がデタラメだ。

やっぱり君の旅立ちは僕たちには悲しすぎる旅立ち。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加