梅さんのかわら版.umelog

梅本ダンスチームのコンテンツの一つです。
(TEMPLATE PHOTO~笛吹川フルーツ公園)

”小瀬吟行”

2016-11-07 23:18:32 | 俳句&短歌

ヴァフォーレの試合で盛り上がった中銀スタジアム。
今回の吟行は、このスタジアムがある小瀬スポーツ公園。
紅葉している木もあれば、まだ黄色の銀杏もある。
ひなたは暖かいが、日陰に入ると寒い・・・
もう秋も終わりだなぁという一抹の寂しさを感じる。
ダンスの大会で幾度となく足を運んでいる場所だが、こんなゆっくり散策したことは無い。
甲斐路国体の開催された折に、天皇陛下が詠んだ歌碑があった。

  晴れわたる秋の広場に人びとの
     よろこびみつる甲斐路こくたい

まさしく、今日のような日を詠んだものだ。

体育館では、バレーの大きな大会が開かれていて、全国から集ったアスリートが熱戦を繰り広げていた。

ここはやまなみ広場と言うらしい。
中心にクラフトタワーがあり、その周りを噴水が囲っている。
夏になると、子供がびしょびしょになって遊んでいるあの場所だ。
さすが、大勢の家族連れがいたが、水で遊んでいる子共はいない。

本当に驚いたのだが、このスポーツ公園はたくさんのスポーツ楽しむ場所があって、大勢の人がそれぞれ楽しんでいた。
運動場では、スポーツ少年団がサッカーを楽しみ、芝生広場ではバトミントンやボール遊びをしている家族。
スケートボードで遊ぶ子もいれば、犬の散歩をしている女性もいる。

   鳥と木と子等も弾けて紅葉晴   ume

こんな句を作った。まさしくこんな日だった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ”芸術の秋~西洋美術館” | トップ | ”11月の絵~「かりん」と「酉」” »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

俳句&短歌」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。