爺のつぶやき

暮らしのつれづれに季節の話題や日本ハムのことなどを
綴っています。





きょうパークゴルフで優勝

2010-02-28 20:48:00 | 政治
photo by おじたりあん from OCNフォトフレンド
東神楽町スリードームパークゴルフ場

このパークゴルフ場はドーム3棟で27ホール全長784メートル(ABCコース)パー99平日1500円、土日祝1700円。

鉄骨ポリフイルム張りで真冬日でも加湿機で10度前後が保たれており、天然芝で快適なプレーが出来る。
和風庭園コースでバンカー、植栽を配置し、きょうはムラサキツツジが咲いていた。
管理棟施設も大きく立派で、コーヒー、フルーツが無料でサービス。
かけソバも販売されているので1日ゆっくり過ごせる道内一の施設である。

冬だって
じっとしていられない。

きょうのパークゴルフには、昨年始めて出合った仲間が誘い合わせて夫婦9組18人が屋内パークに参加した。
農協、信金、バス、営林署、国鉄、タクシー、教員、木材、土建、それぞれ異業種出身である。

成績は「おじたりあん」がAコース22  Bコース25  Cコース23  合計  70 で優勝した。

昼食には、それぞれ奥方自慢の手料理で楽しい一日をすごすことが出来た。

今までは職場の同僚との付き合いが多かったが、最近はパークゴルフ場で出合った人たちが多く、異業種交流で新しい世界が開けてくる感じがする。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トヨタ最大の不覚

2010-02-27 21:10:00 | 政治
1937年「トヨタ自動車工業株式会社」が設立された。
ちょいボケ「おじたりあん」と同い年である。

トヨタの自動車は「高品質で欠陥がなく故障がない」「安全で快適である」と世界にむけて自負してきたはずである。
私も「パブリカ」「コロナ」「カローラ」「カリーナ」「アリオン」とクルマはトヨタを続けて取得してきた。
いままで、リコールがほとんどなかったからである。


昨年8月米国で、レクサスが暴走して他車と衝突炎上4人死亡した事故でトヨタ批判がはじまった。
フロアマットがずれてアクセルペタルが踏んだまま戻らない。
凍結した道路でタイヤのスリップを防ぐABSが作動するとブレーキの聞き始めが遅くなる。
ドライブシャフトは、動力を前輪に伝える鉄の棒に亀裂が入り破損する。
次々とクレームが続いた。


しかも、トヨタはプリウスのブレーキ不具合は「ユーザーの感覚の問題」とユーザーの責任であるかのごとく対応したのがまずかった。
アクセルやブレーキは人命にかかわる車の機能である。
ユーザーに不安を与えた責任は大きい。


アメリカは製造物責任を問うことが特に厳しい。
そのために訴訟も多い対応を間違えばとんでもないことになる。


トヨタの綱領は「研究と創造に心を致し、常に時流に先んずべし」。
いま、トヨタは最大の不覚で最大の試練である。
この苦境を乗り越えて信頼をどう取り戻すか今がトヨタの正念場となる。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これでいいのか・・・?

2010-02-26 21:25:00 | 政治
きょう、フィギュアの「真央ちゃん」が2度の3回転半ジャンプに成功したが、世界最高点をマークした韓国の「ヨナちゃん」に及ばず銀メタルとなった。

「真央ちゃん」の銀メタルでJOCのメンバーは少しホッとしたことであろう。
バンクーバ五輪の日本チームは国民が期待したほど成績が振るわなかった。

23日朝日新聞夕刊コラム「スポーツ後進国日本」と云うタイトルで、スケートで金銀銅メタリストの清水宏保さんがJOCの役員、メンバーが大挙して現地入りし、選手を育てたコーチやトレーナーがはじき出され選手に快適な環境を提供できていない、お金の使い方が逆だろうとJOCの体質を批判している。


国の10年度補助金27億1000万円、このうち事業仕分け人が「マイナー競技に補助は必要かと指摘して」1億3000万円減額した。
JOCに渡され各競技団体に配分されるお金を、日本スケート連盟のように元会長が裏金を作り私的流用していたという事件もおきた。

「政府の事業仕分けについてもスポーツ予算は削られる、これが適切だろうか」。
五輪の時だけ盛り上がって終わればまったく関心がないではあまりにも悲しい」と清水さんは云っている。


選手強化費はそれぞれ団体の運営経費もあることだろう。
長期の不況でスポンサー企業も激変しているのでで、一人当たりはわずかとなる。
選手もアルバイトしながら国際大会に臨んでいると聞いた。
これでは、選手達に期待している成績を残せというのはムリである。
結局、スポーツを理解できない事業仕分け人の「参加することに意義がある」ということになる。

先週、石原東京都知事は「国家とという重いものを背負っていないから、結局、高く跳べない。早く走れない」とコメントした。
「金も出さず口だけ出す」この人が日本を代表する知事とは実に情けない。

日本のスポーツ振興というか、行政はこんなことでいいいのか。
国もJOCももっとスポーツに理解すべきでないか。

<参考> 3月2日 朝ズバ!!に主な国の選手強化費が映っていました。

ドイツ  274億円
アメリカ 165億円
中  国 120億円
イギリス 120億円
韓  国 106億円
日  本  27億円 で日本の国会議員も石原知事も、五輪が国や地域の代表として出場する特別な場というならこれでは国民の一人としてあまりにも情けない。

田畑さん、穂積さんの所属する冨山のダイチという会社の会長と社長を見習って欲しいものだ。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「県人会」の解散

2010-02-22 20:08:00 | 政治
きょうは午後から、「香川県人会」に出席した。

開拓時代から、故郷香川県を後にして津軽海峡を超え、北海道に渡った祖父達が、苦しい時も、悲しい時も、肩を寄せ合って、励まし続けてきた集まりである。

発足当時から、同県人が堅い絆で結ばれていたようだが、わがマチもすでに120年の歴史を重ねてきた。

今は3代目、4代目と世代交代も進み、当時は135名もいた会員も、高齢で脱会、他界で、いま40名程度となり、新加入する人もいなく、会の存続すら危ぶまれてきた。

幹事さんが作った「しおり」には
   父祖の故郷を偲ぶわが県人会
   父祖が懐いた熱い想いと望郷の念
   子々孫々と永遠に・・・と書かれている。

市の無形文化財の獅子舞も
   猩々獅子五段くずし舞(郷土さぬき)として受け継がれている。

県人会をどうするか、酒を飲みながら、きょう結論をだすことになった。
3時間にわたり、継続するか、解散するか、話し合いが行われた。

祖父達が北海道に渡って100年。10年前まで「ふるさと訪問団」の参加者もいたが、世代交代によって「望郷の想いも縁も」年々薄れて、いまは昔の話となった。

現会員のほとんどは後期高齢者、この先会合に来られるかどうかわからないという人が多い。
したがって、継続は困難という結論に達した。

歴史は100年一昔、100年経つと人々の考えも世の中も変る。

明治の開拓精神で継続してきた「県人会」はこれで解散となった。
しかし「望郷への想い・・・」だけは、これからも代々受け継がれていくことであろう。


 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

YEBISU BEER 届く

2010-02-20 19:50:00 | 政治
散歩から帰ってくると、佐川急便でエビス ビールが24缶届いていた。
そういえば「120年ご愛顧キャンペーン」に応募していたのを忘れていた。


当たるときは不思議なもので今年は次々とよく当たる。
事故にでも遭わないように、気をつけなくては・・・。

以前、コーヒーのセットが当たり、最近、札幌近代美術館で開催の「本願寺展」の入場券も当たった。

明日のNHKの「とことん!ふるさとステージ~旭川市~」の
美川憲一、川中美幸 の公開録画も当たった。

旭川市までは、交通事故多発の石狩川沿いの国道12号線を走る。
「神居古潭」でトンネル2つを抜け35分ほど、道内の冬道はどこも同じだがアイスバーンで、免許取得して54年の「おじたりあん」でも恐ろしい。


さてさて、あの、美川憲一と川中美幸はどんなステージを見せてくれるのか楽しみである。
本来なら「ソバ焼酎 雲海」を飲みたかったが、今夜はエビスビールを飲んで明日を待とう。

外は吹雪、明日晴れることを願って・・・。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜の散歩

2010-02-19 20:21:00 | 政治
高橋大輔選手が、欧米勢が強いフィギュアで銅メタルを獲得してついに表彰台に立った。
右ひざのケガを克服し4回転に挑戦し転倒したがよくがんばった。

そんなこともあって、今夜の散歩は自然と足取りが軽かった。
爺の散歩は朝となりの相棒(犬)と、夜は食事を終えて愛妻と出かける。

朝夕の散歩は、2000年から、酔っ払ったり、出かけたりする日を除いて、すでに11年目になる。

出かけに妻は、
   「高橋君が4回転でコケたときはもうダメかと思ったネ」。
   「フィギュアの得点の計算は素人にはよくわからないネ、ショートの得点が良かったからネ」。

歩いているとほどなく、いいによいがしてきた、
   「ここのウチ今晩は焼肉だネ」。
   「ウチもしばらく焼肉食べてないなぁ・・・、でも、羅臼のホッケの開きも食べたいなぁ」。

学校の前庭の温度計のそばを通って、
   「今夜の温度何度だろうネ・・・?」。
   「-5.6℃だよ、昨日より5℃も温かいよ、でも、まだまだ寒さが続くといっているよ」。

電気店の前でテレビが写っているのを見て、
   「あれ、なんインチくらいあるのかなぁ、画面大きいね」。
   「50インチ以上あるかなぁ・・・、家の中では大きすぎるかも」。

はかた焼の前にきて、
   「しばらく食べてないネ、今度買って帰ろうか」。
   「せっかく歩いてカロリー消費しているのにオヤキはダメだよ」
   「そうだネ! でも食べたいナ・・・ガマン ガマン」。

映画「ガチボーイ」のロケがあった銭湯の前で、
   「泉谷しげるさん元気かナ・・・」。
   「この前テレビに出てたよ」。

洋品店のショウインドウの前で立ち止まり、
   「今年の同期会に着ていくものがないんだよネ」。
   「・・・?」。

歩きながら、こんなたわいない話をしながらワガ家に戻った。

万歩計は4625でした。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「若ごぼう」の炊き込みご飯

2010-02-16 13:49:00 | 政治
石狩平野の北はずれ、石狩川のほとりにある小さなマチは、150センチの積雪に埋もれてます。

いつもの通り朝食を終えて相棒と散歩に出ました。

気温ー16℃北風は顔に刺さリ、吐く息も白く氷つき、樹氷を眺める余裕すらない冷たさです。
今朝は、遠く暑寒別岳もかすんで見えます。

予報では、大雪・雪崩注意報がでていました。
オホーック海の紋別、網走は明日にかけて流氷が岸に近づくようです。


大阪八尾から昨日届いた春の使者「若ごぼう」を炊き込みご飯で今朝いただきました。


photo by おじたりあん        from OCNフォトフレンド

          大阪八尾「若ごぼう」 軸と根の炊き込みご飯です
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪から春が届いた

2010-02-15 10:22:00 | 政治
大阪八尾の妻の同級生ヤエちゃんから「若ごぼう」が届いた。

いつも「大阪はもう春だょ・・・」と送ってくれる。

あぁ! いいなぁ・・・箱を開けると早春の香りがする。

明日の朝は、若ごぼうの香りがいっぱいする「炊き込みご飯」を戴こう。

photo by      おじたりあん from OCNフォトフレンド


それにしてもこの雪の量、見てください。
わが家の前の道路はまだこんなに積もっています。

クルマを交わすことも出来ません。
市役所は財政破綻寸前というのに除雪車が走り回っているが、降る雪の量に追いつきません。

気象庁は「暖冬で降雪量も少ない」と長期予報を出していた。
1週間の天気予報もあてにならない。

クマなら山で寝ていることもできるが、人間さまはそうはいかない。

あぁ・・・春の来るのが待ちどうしい。

photo by      おじたりあん from OCNフォトフレンド
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国母は「ドサンコ」の恥

2010-02-14 11:27:00 | 政治
冬季五輪がカナダのバンクーバーで13日開幕した。

史上最多といわれる82カ国、2600人の選手が参加し、日本選手は94人、北海道からは半数の47人が参加した。

11時から3時間開会式をテレビで見た。

オリンピックはその国の経済発展の象徴といわれている。
多民族国家のカナダで先住民族が主役となっ開会式は感動した。

日本選手の入場で旗手岡崎朋美さん笑顔がとっても輝いていた。
15歳の中学生、高木美帆さんが注目されてカメラが追っていたのが印象に残った。

残念ながら、「腰パン・品格騒動」で開会式に出られなかったドサンコ選手がいた。
http://www.sponichi.co.jp/sports/flash/KFullFlash20100213015.html
石狩市出身で東海大3年生のスノーボード国母和宏(21)選手、昨年11月智恵(24)夫人と学生結婚し、前回トリノ五輪では23位で予選落ちしている。

今回の騒動で東海大学にはメールが続々来ているという。スキー部の相原監督が15日バンクーバーに謝罪に行くことになった。
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2010/02/14/02.html
橋本聖子団長の温情で大会には出場することになったようだが、「ドサンコ」として恥をさらしたことは残念でならない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高速道路無料化

2010-02-10 21:23:00 | 政治
民主党の目玉公約だった高速道無料の対象路線が発表された。

道内対象は、岩見沢ー士別剣淵、千歳恵庭ー夕張、占冠ー本別、足寄、苫小牧東ー沼ノ端、深川ジャンクションー深川西の4路線5区間となった。

当初、無料化の実験は九州と北海道というから当然全路線と思っていたが当てが外れた。

無料化開始のメドは夏の観光シーズンを迎える6月から3月までという。

高速道路無料化の「社会実験」といっているが、道内の途切れ、途切れの路線で、経済効果や渋滞状況、他の交通への影響など有効な実験結果が得られるのか、はなはだ疑問に思う。

無料化実施に当たっては、路面の補修、保守管理、トイレやゴミの処理、ハイウェイサービスに携わる人たちなど、従来と同じように出来るのか、さらに、国税で賄うとすれば、高速道に無縁な人たちの不満も考えられる。いずれにしても無料化には課題も多い。

受益者負担の原則を考えれば、当面、土日祝祭日の従来の方法を実施しながら、その後に充分検証してもよいのではないかと思う。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加