爺のつぶやき

暮らしのつれづれに季節の話題や日本ハムのことなどを
綴っています。





神田山陽

2007-10-21 20:40:00 | 政治
講談を聞いたのは、何年振りだだろう・・・?

3代目の「神田山陽独演会」を聞いてきた。

「山陽」は、1966年に北海道留辺蕊町(現北見市)に生まれ、本名 稲荷啓之(いなりひろゆき)という。
1990年、2代目神田山陽に入門し、2002年真打昇進3代目神田山陽を襲名した。

05年には文化庁の文化交流使としてイタリアで公演活動をして06年帰国、全国で自作の新作と古典漫談の両立を目指し独演会を開催している。

講談は500年の歴史の伝統ある話芸だが、講談師と言うと、道路公団か、住宅公団か、講談社かと聞かれると笑わしていた。

講談師は現在、死んだり止めたりで50人程度、落語家は700人もいると言っていた。

また、落語では先輩のことを師匠と呼ぶが、講談では先生と呼ぶ。

今日の話は、「豊臣秀吉の出世物語」と、黄桜のお酒で有名な「カッパのはなし」でとても面白かった。

高座におかれた釈台と呼ばれる小さな机の前に座り張り扇で、それを叩き調子をとっていたのが印象に残った。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どうしたらいいの・・・?   人生80年時代

2007-10-20 20:31:00 | 政治
定年になって「毎日が日曜日」などとノー天気に思っていたが、のんびりと過ごせる世の中ではない。


今日の朝刊・・・

医療・介護給付水準維持なら消費税17%も

ガソリン値上げへ・・・元売大手はガソリン・灯油の卸売り価格を11月値上げに踏み切る。

東京地区タクシー初乗り710円、12月札幌に波及も。

生活保護費冬季加算も見直し、北海道の積雪寒冷地の影響が懸念される。

北海道○○病院医師の退職相次ぎ「患者どうなる」転院、救急・・・募る不安。

車転落、開発建設部と、警察、見落とす・・・

三笠市で自転車の男性(68)はねられ死亡。

小樽市民家物置で火災無職男性(77)遺体で発見。

岩国の米兵4人、集団女性暴行。

前防衛事務次官が在任中に軍需専門商社専務とゴルフ100回、飲食、マージャンも。



国民は、増税や社会保険料など9兆円の負担を強いられている。

追い討ちをかけるように、またまた、原油高と小麦価格の値上がりで、家計を襲ってきた。

ガソリン、灯油、パン、即席めん、コーヒー 加工食品の生活必需品は軒並み値上げだ。

国民生活を犠牲にして政官癒着の馴れ合い政治を早く断ち切らないと、人生80年時代を生き抜くことができそうもない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンジテマシタ~!

2007-10-19 22:05:00 | 政治
18日、北海道日本ハムは、2勝2敗の第5戦でロッテに6対2で快勝し、2年連続4度目の日本シリーズ出場を決めた。

ヒルマン采配は選手を信じることから始まった。

第4戦まで単打2本という不振の4番セギノール選手を使い続けて、3回に3点ホームランとなった。

武田勝は打たれたが、前の試合に打たれたマイケルを出して再チャレンジを成功させた。

鼻にテープを貼った、ダルビッシュ7回途中までロッテ打線を1失点。グリン、マイケルとつないでロッテをついにねじ伏せた。

ヒルマン監督は、お立ち台で「シンジテイマシタ!!」

シンジラレナイ~成果は、選手をシンジタことによって生まれた。

ヒルマン監督就任から5年、2年連続日本一への挑戦がまだまだ続く。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お米を食べよう

2007-10-17 10:21:00 | 政治
最近、相次いでパンなどの小売価格の値上げが報道されている。

小麦や油脂などの輸入原材料、包装資材の高騰がその理由だ。

ハム、ソーセージなどの加工食品も値上げというから、家計を直撃する。

一方、輸入農産物とは対象的に国内産の米や畜産物が価格低迷し、特に、米の入札価格は過去最低の水準という。

食糧の自給率も39%にも減少している。

米農家は国の減反政策、酪農は牛乳の生産調整など、まじめに実行しているのに、経営は危機的状況で離農者が相次いでいる。


消費者は海外からの食糧依存は止めて、安全・安心の国産品愛用し、今日から牛乳を飲んで、お米をたくさん食べるようにしょう。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤 心 慶 福

2007-10-13 22:14:00 | 政治
赤心(まごころ)をもって人の幸福を祝い喜ぶというのが赤福の由来だそうだ。

「赤福」は作り立てで新鮮さを強調していた。

それが冷凍保管していた製品を、包装を新しくし解凍日を製造日にしていたという。

社長は、品質調査で問題ないと言っている。

「不二家」の時は一時期中止したというから違法性を認識していた。

消費者は、冷凍「赤福」を作り立てと信じて34年間もダマされ続けてきたことになる。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初   雪

2007-10-13 09:26:00 | 政治
6:00 気温3.5℃今シーズン一番の冷え込みで、山沿いはうっすらと雪化粧となった。

平年より2週間ほど早く、昨年より19日も早い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

政府説明はウソくさい。

2007-10-11 19:25:00 | 政治
今国会の最大の焦点は、海上自衛隊の給油活動継続問題である。

管直人氏と、福田首相のやり取りを聞いていると、2003年5月官房長官当時、米補給艦に給油した燃料は、当初は、20万ガロンと答弁していたが、80万ガロンに訂正した。

航海日誌は「保存年限が過ぎて廃棄した」。

福田首相は、事務方の報告ミスと詫びたが・・・。

またまた、20万ガロンと80万ガロンの違いは、キティホークとポール・ハミルトンへの供給量の取り違えだったという。

バレたらあやまればいいのか・・・?。

イラク作戦には燃料が行ったことはないと米国の回答を得ていると、高村外相。

イラクに使われたのではないと確信を持っていると、証拠も示せない、石破防衛相。

防衛省がいんぺするほどつじつまが合わなくて疑惑が生じてくる。

聞いていても政府の説明はウソくさい。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パークゴルフ今日も100切れず。

2007-10-10 19:50:00 | 政治
午前6時、夜半からの大雨は止んだが、大気の状況は不安定、次々と雨雲が上空を通過してゆく。

テレビで羊蹄山も初冠雪という。
我が家の寒暖計は6時には4℃だった。

今日は、PG協会「秋季大会」だ。
今年は、5月に足の骨折で1か月、8月末から母の死亡で1月半競技に参加できなかった。

石狩川リバーサイドパークゴルフ場へ。

降ったり止んだりの雨の中、午後9時スタートした。

Aコース2番、気負いすぎて強く打ちOB手前でかろうじて止まる、2打目は立ち木にぶつかる、そんなことでついに5打、先が思いやられたが、何とかスコアー28で終わった.

Bコース 無難にスコアー24で終了。
Cコース 2打が2、4打が2でスコアー27。

目標100が3コースで4個オーバー
23で打ち止めしないと100を切ることができない。

Dコースはスタートから順調にきたと思っていたが、5番で思わぬ落とし穴があった。

一番やさしいと思って打つたが、飛ばしすぎ、あせって4打、終われば、スコアー26。

トータル 105で男60人/23位。
特別に悪くもなくよくもない。

何時ものことだが、入賞もせず、飛び賞も貰えず、頂いたのは参加賞だけでまたダメだった。万事休す。クヤシイ。

パークもゴルフも同じ自己責任。
100をきるために少々あせった。
イラつかず、あせらず、平常心で冷静に。
また、また、何時も同じ反省。


パークゴルフは、明るく、仲良く、楽しく・・・・・・





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨の中でパークゴルフ

2007-10-09 21:14:00 | 政治
雨が降ったり止んだりで、気のりしなかったが、誘われるまま午後からパークゴルフの大会に参加した。

この雨の中、遠くは1時間半もかけて参加したプレーヤーもいる。

それぞれ仕事をリタイヤしてすっかり、パークゴルフにはまった病人の集団だ。

総勢60名でプレーを始めたが、雨水を含んだ芝の上は打ったボールが途中で止まってしまう。

まったく距離感がつかめないまま、集中力も途中で切れた。

スタート前の目標スコアー76が、3コース合計、86で終わった。


16日は同じコースで、チャンピオン大会に出場することになっている。

練習の為と参加してみたが、今日のスコアーでは、上位入賞は期待できそうもない。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モーリス・ユトリロ

2007-10-08 17:15:00 | 政治
16:30 曇り空で肌寒い。
気温13度、予報では、これから高い山や峠は雪、海岸は、突風や高波に注意という。


道立旭川美術館で、

モンマルトルの画家
モーリス・ユトリロ

を見てきた。

モーリス・ユトリロ(1883~1955)モンマルトルに生まれ、孤独な少年時代を過ごし、10歳のときから赤ワイン飲みはじめて、アルコール依存症となり、その治療に絵筆を与えられた。

モンマルトルの風景を描き続けて、次第に画家として高く評価されて、晩年は世界的に名声を確立した。

しかし、飲酒が原因で、入退院を繰り返し家族の監視のもとで製作を続ける状況で、深い孤独感が消えることがなかったという。

パリーの街角、78点が展示されていたが、


モンマルトルのアベス広場(1918~20年頃)

ノルウァン通り(1910年)

ラバン・アジル(1912年)

ボーリュースュル・メールの教会(1922年)

などが、アルコールに苦しみながら描いた白い漆喰の壁が並ぶひっそりとしたモンマルトルの街角の作品が特に印象に残った。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加