爺のつぶやき

暮らしのつれづれに季節の話題や日本ハムのことなどを
綴っています。





三遊亭円楽さん引退

2007-02-27 16:54:00 | 政治
三遊亭円楽さん(74)が25日国立演芸場で開かれた落語会「国立名人界」の終了後、「きょうで噺家(はなしか)として引退したい」と落語界の第一線から退くことを明らかにした。

円楽さんは、05年脳梗塞、06年人気番組「笑天」の司会を勇退した。

今は、一日おきに透析を続け、歯の具合も良くないという。

この日円楽さんは、トリで、得意のネタ「芝浜」を45分間熱演し満員の観客から大きな拍手をうけたという。

記者会見では硬い表情で「もうちょっと、はっきりしゃべれると思ったら、だめですねえ。こんな噺をお客様の前でやるのは情けない」と発言した。

「今後よくなることはないですから」と引退を表明し「これ以上、恥をかきたくない」と語った。

三遊亭円楽さん

長い間、お疲れ様でした。

自覚があるということはすばらしいことです。

世間では、自覚がなく、自分の潮時を見極め出来ない人がいます。

「プロ根性」とはこういうことなんですね。

三遊亭円楽さんありがとうございました。












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤ちゃんポスト

2007-02-26 20:45:00 | 政治
<b>「捨て子の助長か、命の救済か」</b>

熊本の慈恵病院が進めている「赤ちゃんポスト」について波紋が広がっている。

安倍首相は23日「匿名で子どもを置いていけるものをつくるのは良いのかどうかというと、私は大変抵抗を感じる」と強く難色を示した。

新聞の見出しは、

<b>赤ちゃんポスト 厚労省  「容認」

法のすき間 是非手探り

行政 想定外の事例 </b>

慈恵病院の田尻婦長さんは、「救える命を救うという、意図が伝わっていないと」首相の発言に困惑を隠さない。

政府は、熊本市に最終判断を委ねる考えのようだ。

乳児の死体遺棄事件なんかを報道されると「なんで罪もない子供が」と思ってしまう。

養育が困難な親を持つ子供は乳児院などの施設もあるのにと思うが、どこにあるのか知る由もない。

必要なのか、不必要なのか・・・・?

育てられない人から、育てられる人へ
子供を捨てる行為と、「救える命」どちらが大切かと思うと「赤ちゃんポスト」は設置されたほうが良いように思う。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日はわが身

2007-02-25 20:33:00 | 政治
<h2 align=center>修行僧のように</h2>

<h3 align=right> 桜 井 庄 平</h3>

(ちょうど1年前に奥様を亡くした先輩の詩です)</h4>


朝起きると直ぐ
炊飯器のスイッチを入れ
急いで身支度をして除雪機で雪はね
家に戻れば 仏壇に灯明と線香をたて
味噌汁を作って食事を済ませ
ほんの少し くつろいでいると
脳の司令室から指令が出る


台所の片付けや 鍋磨き
洗濯をして一息ついていると
今度はトイレ掃除の司令がくる
分別ゴミをステーションまで運んで
やれやれと 茶の間でほっと小休止


独りになって 気楽だと思いきや
それは とんだ見当違い
全てが自分の手以外に借り手はない
お掃除おばさんを兼務しながら
それは仏門に入信した


恰も 修行僧の日課のように
少しでも怠けていると 後が大変
茶の間にごろんと横たわる
粗大ゴミになっては もう手遅れ


しかし 人間は生涯
健やかに生きてゆくためには
自分でやるべき事は ちゃんとやる
毎日が修行僧であるべきなのです













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

病院にも行けない

2007-02-24 22:44:00 | 政治
きのうの「道新」朝刊に

<font size=4> 経済格差 健康にも

年収300万未満4割受診控える</font>


という記事が載っていた。

日本医療政策機構の調査によると、年収300万未満の40%が過去1年間に体調が悪くても医療機関で受診していないという。

医療費の個人負担が限界を超えて支払いできないと、受診にとどまらず、検査、治療、薬代さえ控えている。

05年度、国民健康保険料を470万世帯が滞納している。
いわゆる医療を受けられない予備軍が470万世帯ということである。


これからも、保険料が負担できず、社会保険制度から疎外される人が続出するであろう。

民主党の小沢代表が「格差問題」で「構造改革や成長の恩恵から抜け落ちた弱者に光を与えたい」と訴えて安倍首相に論戦を挑んだ。

首相は「上げ潮路線」による経済成長の成果を国民に還元する」という持論でほとんどかみ合わなかった。

この国の首相は国民の「生活実感」がわかっていない、

このままでは、国民は健康と生命の不安にさらされ、潮の流れに沈んで逝くことになる。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夕張市債権団体指定申請

2007-02-23 16:46:00 | 政治
夕張市が「財政再建申出書」を道に提出した。

3月上旬には、国の同意を得て正式に財政再建団体になる見通しという。

また、22日から25日まで「ゆうばり応援映画祭」が開幕した。
応援映画祭は、東京の映画関係者が、これまでの夕張市民への感謝と、債権団体になる市民を元気づける意味をこめて企画。
国内で封切り前の9作品を無料で上映する。

前日、衆院予算委員会の公聴会で夕張市青年会議所前理事長の柳沼伸幸さん(38)-建設業ーが、一番大変なのは、夕張に見切りを付けて出て行く人が相当数いることだ。
コミュニティーが存続できなくなると訴えた。

市の財政再建計画を見ると、

赤字額353億円を18年で返済する
市職員309人を債権終了時までに80人とし、給与30%カットする。
施設の統廃合、市民税や公共施設使用料の引き上げなどが柱となっている。

4月1日から夕張市民に影響が及ぶ。
住民が負担に耐えることが出来るだろうかこれからが大変だ。

塩崎官房長官は「なんとか再建できるよう頑張ってもらいたい、出来る限りの応援はそれぞれの関係者がしていくだろう」とそっけない。

まるでヒトゴト、何とも冷たいオコトバだ。

今週発行の「エコノミスト」を見ると、道内には危ない自冶体がまだまだある。

わがマチも他人事ではない。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「美しい国」はどこの国のことか・・・?

2007-02-22 15:56:00 | 政治
民主国家になって62年、我が国の「政治家」と言う職業はすっかり金儲けの職業になってしまった。

本来「政治家」個人は私財を溜め込む為の職業ではないはずである。

国会議員は、社会情勢や、経済活動など時代の変化に機敏に対応して、国民一人ひとりが安全で快適に過ごせるルールを国会で作るのが使命である。

開会中の国会の論点は「格差」と「政治とカネ」の問題である。

個人の所得、教育、医療、福祉にとどまらず、中央と地方の格差はますます広がっている。
生活保護基準以下の収入しかないワーキングプアは1000万人以上ともいわれている。

首相は「本人の努力次第で、ある程度の高低差が出るのは仕方ない」。

現実の社会はそんな甘くはない。
貧困の悪循環から抜け出せない人が大勢いることの認識すらない。

生活保護の申請に行っても申請用紙さえ貰えず、一人寂しく餓死する人が後を絶たない。
呑気なことを言っている場合ではない。


宮崎県で、「女がらみで不祥事を起こしたタレント崩れ」が知事になった。
これは、今の社会の歪みの中で起きた現象と思う。(月額最低賃金・2006年 東京11万5040円 日向市 9万7760円)


民主党の小沢党首が政治資金の公表をした。
「政治とカネ」の問題は昨年辞任した佐田行革相の不正経理問題を含めて、衛藤衆議、松岡農相、魚住参議、伊吹文科相、中川政調会長など、次々疑惑の俎上に乗っている。

他の議員は「発覚さえしなければ」と思っていることだろが、徹底して追及してほしい。

我々は少々の蓄えを取り崩して、血のにじむ思いで納付している。

その税金を勝手気ままに使われてはたまったものではない。
1円でも領収書を添付して公表すべきではないか。


18年度確定申告書を税務署に届けてきた。

国民健康保険料や介護保険料が増額され、年金収入の減少、公的年金控除の縮小、定率減税(小渕首相が恒久的減税と約束していた)が半減など、年々負担が多くなってきた。

道新「読者の声」に71歳の札幌の土井さんが、夫婦でギリギリの年金生活である。
ひたすら、まじめに働いて、家庭を守り、子供を育てきた、国民が安心して老後を送れないとは情けない。と投書していた。

カミサンは、「ウチと同じだネ」 と言った。

国会議員の一人当たり収入6400万円
「こんな高額を誰が決めた」と腹が立つ。

「美しい国」はどこの国のことか・・・・?疑いたくもなる。
























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子供は親を選べんし・・・

2007-02-20 17:08:00 | 政治
「一人で留守番の2歳児焼死」  <19日道新夕刊>

母親がスノーボードに出かけた留守中に2歳の長男がコタツをひっくり返して布団に引火し焼死した記事が載っていた。

午前5時から午後10時までの17時間もの長時間放置していた。

県警は火災が起きて長男が死亡する可能性までは予見できなかったとして致死容疑での立件は見送り、保護責任者遺棄容疑書類送検したと言う記事であった。

子供は親を選べんし・・・こんな母親のところに生まれた子供がかわいそうで涙が出た。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「偉そうな」ことが言えるのか ?

2007-02-19 17:12:00 | 政治
「忠誠心なき閣僚は去れ」

18日、仙台市で自民党の中川秀直幹事長が気合を入れた。

先日も森元首相が、麻生、久間、尾身大臣を引き合いに「ベテランの役割をしているとは思えない」、「首相対する尊敬の念がない」さらに、塩崎長官、甘利、山本大臣について「若い人が流れをつくったのに、首相をしっかり守っていく雰囲気がでてこなければいけない」と閣僚に苦言を呈した。

言っていることは、ごもっともだが・・・?

2000年10月、当時、支持率は10%台の元首相と自分の愛人に捜査情報を漏らして辞めさせられた官房長官。

その人が、なんでこんなに偉そうなことが言えるのか、と思ってしまう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ギブ&テイク

2007-02-18 07:27:00 | 政治
柳沢大臣は「女性は産む機械」「子供二人以上は健全」発言で、ひたすら謝罪を繰り返して野党の追及をかわしてきた。

その大臣今度は、15日の参院厚労委員会で残業代ゼロの「ホワイトカラー・エグゼンプション」に関する答弁の中で、またまた口を滑らした。

「工場労働者というか、そのぉ、ベルトコンベヤーの仕事、労働時間だけが売り物です、というようなところですね」と言った。


口を開くたびに、誤解を招くような発言を繰り返している。

首相は頑固に柳沢大臣をかばってきた理由に、相次ぐ要職、閣僚の辞任で、任命責任や指導力の乏しさの追求をかわすためと思っていた。

もしかしたら、官邸と経団連のお互いのメリットの為に、ギブ&テイク のいい関係を維持していく為に柳沢大臣が重要な役割を果たしているようなきがする。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は大荒れ

2007-02-14 20:33:00 | 政治
今朝は氷点下21.0度、隣マチ旭川市江丹別では氷点下27.0度の今冬一番の冷え込みです。


暖冬と言われて、車道も舗装がでていたが、夕方から地吹雪となり、歩道、車道の区別もなく大荒れで一面真っ白になりました。

北海道のシバレと大雪はこれからです。

1か月ぶりに病院で定期健診を受けました。

体重、血圧、心電図、肺の写真も異常なく順調と思われたが、

血液と尿検査で引っかかりました。

血糖、ヘモグロビンAIC、中性脂肪で基準オーバー、尿糖・蛋白・ケトンはすべてプラスとでた。

婦長に別室に呼ばれて、健康手帳に赤字で栄養食事指導と書かれる始末でした。

生活習慣病の三冠王です。
 
12月・1月・2月 気に留めてはいたが、随分飲み食いの会合に出席しほとんど運動をしてませんでした。

人間生を受けて70年、随分ガタがくるものです。

残念なのは、バレンタインデーで頂いたチョコは全部カミサンが始末すると持っていかれたことです。

これから、お酒も少々、うまいものはガマンして、毎日ウオーキングを心がけるとしよう。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加