probably music 2.0

気になる音楽、懐かしい音楽、たぶん音楽、ときどきべつのこと・・・。

今週の気になる新曲2曲。

2017-08-31 10:14:37 | 最近の洋楽
今回は、Adult Contemporaryチャートから。

ますは、先日のMTV VMAでのパフォーマンスが話題となった、
Rod StewartとDNCEによる、この名曲のリメイク版です。



まあ、これだけの超有名曲を、ご本人と一緒に、
ほとんど、自分たち寄りのアレンジでやってしまう、DNCEアッパレ。(笑)

VMAでのパフォーマンスは、こちらです↓。



もう1曲は、2012年の"Home"の大ヒットで知られる、
Phillip Phillipsの新曲"Miles"です。



2014年に2ndアルバム"Behind the Light"をリリースしているのですが、
シングルヒットが出なかったため、かなり久々な感もありますが、
相変わらず、良い声ですねぇ。

『アメリカン・アイドル』出身ということもあって、
ちょっと、軽いイメージを持たれてしまいがちですが、
本格派のシンガーとして、もっともっと活躍して欲しい気がいたします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

"Enjoy Yourself"

2017-08-29 19:32:12 | 同名異曲
今回の同名異曲は"Enjoy Yourself"です。

まずは、本日8月29日、存命ならば、59才になっていた、
Michael Jacksonの、18才のときのヒット曲"Enjoy Yourself"です。



The Jackson 5が、The Jacksonsと改名して、
初めてリリースしたアルバム"The Jacksons"からの1stカットですから、
The Jacksonsとしての初ヒットということになります。
Popチャートは6位、R&Bでは2位まで上昇していたようです。

来年は、Michael生誕60年になりますが、
何か、企画が進行しているんですかねぇ。

もう1曲の"Enjoy Yourself"は、
1999年に、N.Y.出身のラッパー、A+がヒットさせた、この曲です。



本国では、Popチャート63位、R&Bチャート50位と、
やや物足りない成績だったのですが、UKチャートでは5位まで、
当時、上昇していたんですねぇ。

その他、オランダ、ノルウェー、ニュージーランドなどでも大ヒットを記録して、
日本のFMでも、当時、よくかかっていましたよね。

ネタ使いしているのは、70年代のディスコヒット、
Walter Murphyの"A Fifth of Beethoven"ですね。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

人名ポップス事典(g <4>)

2017-08-28 11:08:45 | タイトルに人名が入っている曲
タイトルに人名が入っている曲、gの4曲目は、
レバノンのベイルート出身のシンガー、Mikaの、
2007年のヒット"Grace Kelly"です。



同年リリースの1stアルバム"Life in Cartoon Motion"の冒頭を飾る曲でしたね。
UKチャートではNo.1、USチャートでは、最高位57位だったようです。
前年に、"Relax, Take It Easy"というナンバーが、
アルバムからの先行カットとして、スマッシュヒットしていましたので、
この曲は、2ndカットだったようですが、やはり、Mikaを有名にしたのは、
こちらのナンバーではないかと思われます。

Grace Kellyは、映画『上流社会』や『裏窓』などで知られる、
ハリウッド黄金期を彩った女優さんで、のちに、モナコの王室に嫁いで、
王妃となり、1982年に、自動車事故で、この世を去ってしまった、
まさに、映画のような一生をおくった方でありましたが、
『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』という伝記映画が、
3年前に制作されて、日本でも公開されましたね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Time Machine ~1979~

2017-08-27 10:10:11 | 懐かし洋楽
今回は、1979年の今ごろチャートインしていた曲、
Spyro Gyraの"Morning Dance"です。(Pop #24 AC #1)



N.Y.を拠点に、結成から40年を超えても、
現在も、Saxプレイヤーである、リーダーの、
Jay Beckensteinを中心に、活動を続けるフュージョン・バンド、
Spyro Gyraの、2ndアルバムのタイトルトラックにして、
もっとも有名なナンバーではないかと思われますね。

現在では、Smooth Jazzと呼ばれるジャンルに移行しておりますが、
日本では、一向に呼称として定着しない感のあるSmooth Jazzに比べて、
フュージョンと呼ばれていた、70年代後半から80年代前半は、
ブームになるくらい、ラジオでしきりにON AIRされ、
みんな、レコードを買っていましたよねぇ。

そうした背景には、Spyro Gyraのようなグループが、
インストながら、シングルヒットを放ち、
渡辺貞夫さんや、日野皓正さんのような、
カッコいい大人のプレイヤーが、新作を発表し、
メディアにも、よく登場していたような時代だったからでしょうかね。

1979年8月25日付けのビルボード誌です。

1位は、説明不要の、あの名曲。♪Ooh, my little pretty one, my pretty one...
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

90's #27

2017-08-25 19:41:27 | 90年代のお気に入り曲50曲
90年代のお気に入り曲50曲、
第27位は、Duran Duranの1993年のヒット曲、
"Ordinary World"です。(Pop #3)



UKチャートでは6位、カナダでは、堂々1位を記録した、
90年代のDuran Duranを代表するナンバーですね。
ただ、この映像は、今から5年前に行われたライブの模様をおさめたもののようで、
John TaylorとNick Rhodesは、そんなに変わりませんが、
Simonは、面影をとどめないで、カールおじさん化しちゃってますね。(^^;
最近は、もう少しスッキリしていて、ヒゲも落としているようですが。

また、この曲がヒットしたころは、
オリジナルメンバーで、現在もドラマーである、
Roger Taylorは、グループから離れていて、
Frank Zappaのバンドや、Missing Personsのメンバーとしても活躍した、
問題児Warren Cuccurulloが、メンバーとしていた時代で、
Warrenは、曲の作者のひとりとしても、名を連ねております。

しかし、9月の武道館、チケ代、高いですなぁ...。手が出ん。(^^;
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加