probably music 2.0

気になる音楽、懐かしい音楽、たぶん音楽、ときどきべつのこと・・・。

来年も、よろしくお願いします。m(_ _)m

2013-12-29 07:50:01 | 最近の洋楽
というわけで、13回目です。(^_^;)

ことしは、いままでで一番、迷ったかも?
いい曲、いいアルバムが多かった気がいたします。


・レコード・オブ・ザ・イヤー

Pompeii - Bastille

・一度聴いたら、まず忘れられないですね。えーえぉえぉ。アルバムはDX盤買ったけど、まだ聴けてません。(^_^;)


アルバム・オブ・ザ・イヤー

The 20/20 Experience: The Complete Experience - Justin Timberlake

・一枚目を聴いたときは、衝撃的でした。二枚目は、ちと、アウトテイク集っぽさが強いですが、やっぱことしはコレ。


ポップ・ボーカル女性

Roar - Katy Perry

・eye of the tigerなんて、歌詞の中に入れたりして、おぢさん心もくすぐる名曲。


ポップ・ボーカル男性

Mirrors - Justin Timberlake

・ブルーノの4年連続受賞を阻止。(笑)


ポップ・デュオ or グループ

Get Lucky - Daft Punk ft. Pharrell & T.I.

・入れるとこがないので、ここへ。(^_^;)


ロック・ボーカル

The Stars (Are Out Tonight) - David Bowie

・ボウイ、エルトン、シェール、ポール...アラセブ(笑)の大物アーティストたちが、いいアルバムを出してくれた2013年。


ロック・デュオ or グループ

Pompeii - Bastille

・ギターが前面に出てこないバンドなので、あまり、ロックっぽいサウンドではないのですが、いいものはいい。


ハード・ロック・デュオ or グループ

God Is Dead? - Black Sabbath

・おじーさんも65才。(笑)


R&Bボーカル 女性

Love And War - Tamar Braxton

・やはり、この部門は、ことしはこの人。


R&Bボーカル 男性

All Of Me - John Legend

・地味な曲ですが、安定感。R&Bでは語れない感じですが、Jeffrey OsborneやGregory Porterもよかったです。

R&Bデュオ or グループ

Hurt You - Toni Braxton & Babyface

・祝Adult R&B1位!アルバム期待してます。


Rap ソロ

Berzerk - Eminem

・やっぱり、ネタ使いが♪~♪ゆえに。(^_^;)


Rap グループ or デュオ

Same Love - Macklemore & Ryan Lewis

・ことしは、R&B、ラップ界の人種の垣根が崩壊した記念すべき年だったかも。


Rap/Sung・コラボレーション

Holy Grail - Jay Z ft. Justin Timberlake

・"Suit & Tie"もよかったけど、こっちで。対訳も読みましたが、ずしんと重かったです。


カントリー・ボーカル 女性

Red - Taylor Swift

・アルバム買ってます。(^_^;) 少し、世代交代が進みすぎて、他のアーティストに、あまり元気が感じられないのが気になる部門。


カントリー・ボーカル 男性

That's My Kind Of Night - Luke Bryan

・新人でもないのに、ことし、大きく躍進した人でありました。カントリー界は、ちょっと、男性王国になりつつあります。


カントリー・デュオ or グループ

Highway Don't Care - Tim McGraw ft. Taylor Swift

・Florida Georgia Lineもよかったのですが、ことしはこの曲にぐっときました。


<ベストムービー2013 Top3>

1. ゼロ・グラビティ
2. ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日
3. アルバート氏の人生


この先の人生のことを考えたりして、いろいろと落ち込む気分の日もあるけれど、
生きてさえいれば、必ず、来年も新しい音楽に出会えることだけは間違いないわけで、
これは、けっこうすごいことだと気づいた年でありました。

ことしは、ご贔屓アーティストの新譜が続いた年だったこともあって、
20枚以上のアルバムを買っておりました。
ライブも3つ行きました。(レイ・パーカー、ヒューイ・ルイス、桜田淳子だけど(^_^;))
出費はかさんでも、来年もかく有りたい。

で、今回が、ことし最後の更新になります。
一年間、ありがとうございました。m(_ _)m

あすから、1月3日まではお休みします。(Twitterもいじりません。)
4日から再開いたしますので、よかったら、またお付き合いくださいませ~。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

Time Machine ~1992~

2013-12-28 20:10:36 | 懐かし洋楽
今回は、1992年の今ごろチャートインしていた曲、
After 7の"Baby I'm For Real/Natural High"です。(Pop #55 R&B #5)



ことし、来日したんでしたっけね。
知らなかったのですが、震災があった、一昨年、
日本に来ることが決まっていたものの、中止になってしまい、
じつに、3年越しの「リユニオン」だったのですねぇ。
この曲は、やったのでしょうか?

で、そんなこと、おまえに教わらなくても知っとるよって話かもしれませんが、(^_^;)
いちおう、説明しておきますと、こちら、彼らのオリジナル曲ではありませんで、
モータウンのグループThe Originalsの69年の大ヒット"Baby I'm For Real"という曲に、
Bloodstoneの73年の大ヒット"Natural High"という曲のフレーズをくっつけたナンバーなんですね。

しかし、その完成度と歌いっぷりは、
もう、君らのオリジナル!といってあげたいくらいの仕上がりですよねぇ。シビレルわ...


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音楽で旅して(10)

2013-12-27 07:45:40 | 洋楽ご当地ソング
前回は、ロシアでしたが、今回は、ちょっと離れておりますが、
トルコに飛びたいと思います。イスタンブールです。

ことし、東京と2020年の五輪開催地を巡って争ったことも、
そのあと、その中心人物に起きたことなどもあって、(^_^;)
なんだか、ずいぶん前のことのように思えてきてしまいますね。

ま、それはそれとして、イスタンブールといえば、日本にも有名な曲がありますが、
それを歌っている、庄野真代さんのことは大好きで、
CDも持っているのですが、洋楽でも、有名な曲がありまして、
それがこの、"Istanbul (Not Constantinople)" という曲。



こちらは、1990年の、ニューヨーク出身のロックバンド、
They Might Be Giantsによるバージョンなんですが、
もともとは、1953年に、カナダのボーカルグループ、The Four Ladsがヒットさせた、
スイングジャズ風のスタイルの古い曲がオリジナルで、
このThey Might...のバージョンは、TVアニメの"Tiny Toon Adventures"で使われていたみたいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

80年代の名曲を、カバーやネタ使いとともに振り返りませう。(21)

2013-12-26 09:38:26 | 懐かし洋楽
今回は、ネタ使い編です。

まずは、ネタ使いしているほう、
ヒプホプ系のレーベル、Cash Money Recordsの創設者のひとりで、
所属アーティスト、 Big Tymersのメンバーでもあり、
最初のころは、Babyという名前で知られていた、
Birdmanの、2002年の1stソロアルバム"Birdman"の中からのカット、
"Baby You Can Do It"です。



おトニさんをft.した曲で、シングルカットもされたのですが、
当時、あまり大きな話題にはなりませんでしたなぁ。
このころは、おトニさん、Irv Gottiとつるんだりもして、
ヒプホプと接近していた時期でしたね。

で、この曲、最初しばらくは、なんだったっけ?このネタ使い??と考えてしまったのですが、(゜д゜)
もちろん、↓この曲でさぁね。



1980年、The S.O.S. Bandのデビューヒット。
そんなに好きな曲ではないのと、洋ヲタになる直前のヒットゆえ、
思い出すのに、ちと時間がかかった次第でありました。(^_^;)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

とくにクリスマスとは関係ない、リイシュCD情報です。(^_^;)

2013-12-24 20:00:21 | リイシュCD情報

・Carl Carlton (Expanded Edition) - Carl Carlton

ネタ使い話のときに話題にした、背の高いやつはジャマですね。(^_^;)

たぶん、何度目かの再発ではないかと思うのですが、
今回は、某虎2曲入りでリイシュのようです。


・Naturally(Expanded Edition) -Leon Haywood

こちらは、Dr. Dreのあの曲のネタ使いでおなじみの、
75年のヒット"I Want’a Do Something Freaky To You"を持つ、
Leon Haywoodの1980年の盤ですね。こちらは寅4曲みたいです。

この↓アルバム1曲目の"Don't Push It, Don't Force It"が
R&Bで2位、Popチャートでも49位まで上昇するヒットとなりました。(映像あったぁ~。)

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加