probably music 2.0

気になる音楽、懐かしい音楽、たぶん音楽、ときどきべつのこと・・・。

80年代の名曲を、カバーやネタ使いとともに振り返りませう。(89)

2017-05-14 09:55:10 | 懐かし洋楽
今回は、ネタ使い編です。

まずは、サンプリングしているほう。
残念ながら、初の武道館を含めた来日公演の中止が発表された、
このアーティストの、このナンバーです。



3月にリリースされた、Pitbullの10枚目のアルバム"Climate Change"からのカットで、
昨年の4月に大幅先行リリースされていた曲でして、Popチャートでの最高位は64位。
"I Like It"でもタッグを組んでいた、Enriqueとのコラボナンバーでしたが、
ちょっと、ひと頃の勢いはなくなってきたかなぁ、という感じですかね。

で、この曲の歌い出しでネタ使いされているのが、このナンバーですね。



80年リリースの、REO SpeedwagonのNo.1アルバム
"Hi Infidelity"からの、アメリカでの2ndカット"Take It On The Run"。
Popチャートの最高位は5位でした。

この曲の映像を貼るのは2回目ですが、
前回は、2015年、ギタリストのGary Richrathさんが亡くなった時でした。

REOのヒット曲の中で、最も泣けるギターソロが聴ける名曲でしたねぇ。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Time Machine ~1982~ | トップ | 90's #33 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ほんと (DE)
2017-05-14 20:15:11
さらっと使っていてあまりネタを意識させない
ですね。REOの盤はほんと名作でしたよねえ。
てっきりあれがデビュー盤だと思っていたら
とんでもなくベテランでビックリしたのも
遠い昔。(笑)
そうなんです。 (maki)
2017-05-15 19:49:52
最初、このネタなんだったっけ?
と、ちょっと考えてしまいました。(^^;)

37年前なんですねぇ、「禁じられた夜」。

"Keep On Loving You"が、
日本では、"In Your Letter"のB麺でしたもんね。
ホント、ぜいたくなアルバムです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。