金吾激闘記~違うぞ!金吾

シミュレーションゲームの対戦記録を中心とした
つれづれごと

モスクワ電撃戦2 2017/02/19 千葉会

2017-03-12 21:23:00 | 東部戦線
今年の大河ドラマ「おんな城主直虎」見てますか?
本屋に行くといわゆる直虎本が山のように置かれていて
柴咲コウが目立つのか去年の真田丸本よりたくさんでている気がします。
ただエピソード豊富な真田に比べると資料の少ない直虎。だんだん無茶な構成に
なってきていて「井伊直虎と徳川四天王」もちょっとと思ったら「井伊直虎と彦根城」
まででてきてそのうち「井伊直虎と桜田門外の変」まででるんじゃないかと心配してしまいます。
そんな直虎、私は見てません。
主演―女、脚本―女、プロデューサー―女で井伊直虎のハナシ。この時点でもうダメ。
男尊女卑と言われようともどうせどろどろとしたメロドラマみたいなんでしょと思ってしまう。
去年の真田丸、私は結構楽しめたんですがネットの評判とか見てると
コント大河とかいわれていていろんな見方があるなあと思います。
それと驚いたのが背景の歴史についていけず話がわからなくなって脱落して
見なくなっちゃうという人が多いこと。まあ確かに真田丸もやれ武田だ上杉だ北条だ徳川だと
言われても何の知識もないとわかんなくなっちゃうかもね。
じゃあ来年期待と思ったらすでに発表されてますが「せごどん」。
西郷隆盛のハナシですが原作と脚本が女。西郷なんてもう何回もやってるんだから
岩倉具視なんかいいと思うんだけどなあ。しかも思いっきり腹黒の岩倉。
多分来年も.見ないなあ。

そんな日曜8時がヒマになった今、千葉会でモスクワ電撃戦2をプレイ。
前回千葉会でマンシュタインの切り札をプレイした時に横でYAGIさんがプレイ
していて「これは今年のベストゲームですよ」(←まだ1月ですけど)と絶賛していたのだ。
そんなこのゲームを参勤交代で江戸に来ている鮫阿波守と対戦。
小さいマップ、少ないユニット。一つ間違えるとあっという間に戦線崩壊しそうなソ連
を担当。通常歩兵はZOCがないとか積極防御と消極防御の兼ね合いとか戦車は1回使うと
除去とかルールを読んだだけではピンとこないところを実践で把握するという感じで
やったらキエフ前はゴッソリ除去されるし(しかも補給切れ)レニングラードは無血占領
されるしでほぼ負けを覚悟してたらスモレンスクが奮闘し最終ターンにドイツ1ユニットを
除去して勝利。
攻撃側は戦闘しても一切損害はなし、損耗しても都市に隣接していれば回復する。
ゆえに相手に接敵してターンを終えるのは得策じゃないとかプレイしないと
わからないものね。
対戦の詳しい様子は西新宿鮫さんのブログ「勝敗にこだわるのは野暮な○○人のすること。
やっぱり粋に遊ばないとね。ただ勝ったのは事実なんで(リンクなし)」をどうぞ。
あ、2回目はドイツ軍やったんですが全然だめでした。
サイゼリヤ(本社吉川市 ナマズと北斗―健介夫婦しか話題なし)でワインとかボトル
2本開いちゃうんだもの。思考能力半減。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マンシュタインの切り札 201... | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。