金吾激闘記~違うぞ!金吾

シミュレーションゲームの対戦記録を中心とした
つれづれごと

フランス40(ダイナモ) 2017/06/18 千葉会

2017-06-21 06:46:26 | 西部戦線
久美ちゃん、じゃあ質問です。
地球上にプレイてきるシミュレーションゲーム
はいくつあると思う?

35億。 
そんなにゃねーたろ。

というわけで何か新しいモノをという
ことで千葉会でYagiさんとフランス40を
プレイ。
ただそれでは「いつまで味のしなくなったゲムを噛んで
るの」といわれそうなのでシックルカットでは
なく、ダイナモシナリオの方をプレイ。
フランス40が出始めた時、シックルカットの方が本編で
ダイナモはオマケみたいなことをきいたのて
てっきりミニゲームみたいなのを想像していて
そんなのを付録にしてコマンド大丈夫かしらと思ったりした。

(ワタシはいつもコマンドの売れ行きを心配してます。
 次の8月発売号はノルウェー40のリメイクなので大丈夫だと
思いますが問題はその次の10月発売号。かの吉川龍虎先生の慶長出羽合戦です。東北のしょうもない局地戦なのですが、河越夜戦と同じ、いやそれ以上の面白さ。僕は買うよ。私も買うわ。よし、俺は5冊だ。
皆さん、まとめ買いのチャンスですよ。
一冊はプレイ用、一冊は保存用、後はヤフオク用)

ところが並べてプレイしてみると
ミニゲームなどではなく噛みつづけたゲムに
新しい味がしてきました。撤退戦という味が。

ドイツ軍担当。スタート時の状況は左翼に装甲師団群。
ただ連戦で疲弊していてほぼ全部隊がステップロス。
最初の3ターンはヒトラー&ルントの停止命令が出ていて停止マーカーがのせられると戦闘不可(移動は2ヘクスまで)となる。
ターン毎に賽の目で2枚のマーカーがランダムにとりさられ、行動の自由を得るが停止マーカーがのっているときのみ、1ステップの補充がもらえる。3ターン停止マーカーがのっていると装甲師団が完全戦力になるので逆にはずされないほうが良いかも。
右翼は歩兵師団。前にはベルギー軍がいるが
遅くとも5ターンには降伏して消えてしまう。
西から再編を終えた装甲師団、東から無人の野を進む歩兵師団。
守る連合軍はダンケルクから15ユニットを海上撤収させればいいのだが
あまりに速く下がりすぎるとドイツ軍が殺到してしまうので多少の抵抗
は必要。できれば、戦力の高いイギリス軍で守りたいが
イギリス軍はゲーム終了時にフランスに残っているとマイナスVPに
なってしまう。前線に残っていると撤収に
間に合わなくなってしまう。撤収ユニットはフルステップの師団でも、ボロボロの残余ステップでも同価値なので
理想をいえばステップを削りつつ、相手にも損害を与えてから撤収
したい。というより高戦力の部隊が撤収してしまうとダンケルクを守れなくなってしまう。

順調に前進し、これはいけそうだと
思う頃、ドイツ装甲師団の撤収が始まる。
後、一押しなのに。
最終的に装甲師団は全部撤収し、盤上には
歩兵師団しかいなくなり最終ターンに15ユニット目が脱出し、
連合軍の勝利。
前半、まだ装甲が行動しない間に歩兵を西にスイング
させなかったのが失敗。
装甲とスタックさせれば良かったんだよな。

なかなか面白いです。
撤退戦のハラハラが味わえます。
ベルギー軍除去、ドイツ装甲撤収後
ダンケルクを中心としたミニゲームみたく
なりますが、メリハリのきいた展開が楽しめます。
断固たる防御の成否が勝敗のカギを
にぎりそう。
対戦相手のYagiさんのブログ「千葉会ブログ」も
ご覧あれ。リンクないので 千葉会 検索 で。

対戦終了後、感想戦でYagiさんが
「金吾さん、わかったよ。(諭すように)ダイナモの
キーボイントはダンケルクだよ」といったが
ダイナモのキーがダンケルクだということは
みんなゲームやる前に気づいてると思うぞ、

お祭りに行って
ガマの油を買うでもなく、あたりくじでも
見せ物小屋でもなく贔屓のいつもの
たこ焼きを食べました。
このたこ焼き、昔は焼き上がりがおそいけど
大きなタコがゴロゴロ入っていて食べごたえが
あったんですが最近は食べやすくなりました。
同じ生地を使っているんで十分おいしいんですけどね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モスクワ電撃戦2 2017/04/09... | トップ | フランス40(ダイナモ) 2017/... »

コメントを投稿

西部戦線」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。