金吾激闘記~違うぞ!金吾

シミュレーションゲームの対戦記録を中心とした
つれづれごと

DECISION IN FRANCE 2016/12/18 千葉会

2017-01-03 13:38:28 | 西部戦線
12月に入って参加させていただいている東京ミドルと千葉会の忘年会に参加させていただく。
東京ミドルの方は高田馬場の甘太郎、千葉会の方は松戸の甘太郎でそんなにゲーマーは甘太郎好きかと思った。
どちらも開始時間がはやくて千葉会に至っては午後4時からだ。たまたまこの日は仕事が午前中でメドが
ついたので参加できたがふつう忘年会って7時くらいからじゃないかい?

千葉会の方では忘年会前のオークションにも参加する。机に商品を置いて各々値段を書いた紙を置いていく方式
と勝手に思い込んでいたので出品者が前に出て商品説明をして、オークションマスターもいる本格的なものでビビる。
YAGIさんが「何でももいいから」というのでまあ2度とプレイしないだろうなあというものを数点持っていく。
賛否両方あるD〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇やら否しかない〇バ〇〇〇〇〇〇〇とか出しましたがおかげさまで完売。
マスターのMMさんが値段を上げようと「いやあこれは名作ですよ」とか「この値段は安い」とか言って下さるのですが
その度に心の中でこんなも持ってきてスミマセンと思ってました。ま、捨てる神あれば拾う神あり。

YAGIさんが「いやあ、実はオークションの目玉として秘蔵のエチオピアのライオンをだそうと思ってるんですよ」
と真顔で言っていたのは今年笑ったことのベスト3に入ると思う。

前回、千葉会にて提督さんと初対戦した際、昼食をとっていた時に
シモニッチの話がでて、DECISION IN FRANCEの話になる。
私は面白いと思うんだけど、ミドルの方にはあんまり評判よくないみたいですねと
伝えっると、なんでも復帰時に買った2冊のコマンドマガジンのウチの1冊がこのゲームの付録の号
だとかで(もう1冊はターニングザテーブルの号らしい)一回やってみたいんですよねとおっしゃる。
言っていただければいつでもOKですよといったものの、まあそのままだろうと思ってました。
ところがそのあとメールがきてDECISION~を対戦しましょうとのこと。
本気だったのか。

例えばノルマンディの上陸あたりからの西部戦線で面白いゲームありませんかねえと聞かれれば
多分オンスロートをおすすめします。オンスロートはルールもあまり難しくなく面白いゲームです。
ではDECISION~は面白くないのかときかれればそんなことはありません。DECISION~には間違いなく
このゲームでしか味わえない面白さがあります。ただこのゲームの面白さはある程度このゲームにお互いが慣れてから
という気がして、初見のプレイでは面白さを感じるのは難しい気がします。

連合軍担当。シナリオは突破シナリオ。
実に久しぶりのプレイ(ブログを見返したら7年前)でとにかく集中しないと比がたたず1:2とかになっちゃうし
相手にステップロスを与えてもボカージュの戦闘後前進数半減の効果で進めないわ被害は多いわという先入観が強く
どうも攻撃が消極的すぎた。米軍側は果敢に攻撃したのだが英軍側はビビってほとんど攻撃せず。
だからドイツ軍の増援がほとんど米軍側に回ってしまい、抜けそうで抜けず。
ターンもだいぶ進み先も見えたので投了する。
米軍も英軍もほとんど進めず結局一番前進したのはターンマーカーでしたねというオチ。

いつものことながらやっているうちにああこうだった、ああだったと思い出す。
細かいルールも多いのでけっこう間違いも多く
よし、次はこうするぞと思っても、、、次はまた7~8年後くらいか。
お声かけていただければいつでもやりますよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« WORLD WAR Ⅰ 2016/11/27. ... | トップ | マンシュタインの切り札 201... »

コメントを投稿

西部戦線」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。