つれづれなるままに

ひぐらしパソコンに向いて・・・・・・・

仁和寺、東福寺、京都タワー

2017年06月09日 | Weblog
仁和寺というと徒然草を思い出す。
高校時代の古文の教科書の徒然草の中に仁和寺云々とあったことだけは覚えているのだが、勿論それ以上のことは記憶にない。
ただそれだけのことで、いつか仁和寺へ行ってみたいと漠然と思っていた。
金閣寺とは近いので、今回行ってみることにしたのだが、期待外れであった。

二王門はは立派であるが、五重の塔はあまり美しいとは思えず、何よりも寺でありながら、春・秋の名宝展を除く通常期に拝観できる仏像が見当たらなかったのは残念であった。
すぐ近くの金閣寺の混雑とは別世界の静けさであった点は良いのだが。。。
(帰宅後に調べてみたら、徒然草の件は、「仁和寺にある法師、年よるまで岩清水を拝まざりければ、……」という章であった)

東福寺は鎌倉時代に創建された京都五山の一つである。
この寺も特に目的があって訪ねたわけではなく、奈良へ行く際にJR奈良線に乗ると最初の駅が東福寺で、寺を何度か遠くから見たことがあり、一度は行ってみようと思っていた。

三門は室町初期に再建されたもので、現存する最古・最大の門(国宝)である。


通天橋という橋で建物が結ばれており、ここから見る「通天橋の紅葉」は京都を代表する紅葉の名所だとか。
開山堂は変わった形の建物で、前にある庭園は静寂に包まれていた。


京都タワーは53年前の1964年に完成したそうである。
計画が明らかになった当時、京都の社寺を初め多くの市民から「景観を壊す」という反対の声が上がり、大きな話題になったことを覚えている。
今となっては周りの景色に十分馴染んでいるという声が殆どらしい。
タワーができてから10年ほど後に一度タワーホテルに泊まったことがあるが、タワーに上ったことはなかった。
今回の旅行では2日目の午後に伏見稲荷大社へも行くつもりであったが、午前の金閣寺などで疲れてしまったのと、金閣寺同様またはそれ以上の混雑が予想されたので伏見稲荷は取りやめ、代わりに前日の夕刻に見た京都タワーに登ってみることにした。


100m上から見る京都の町は特別面白い風景ではないが、京都が周囲を山で囲まれた盆地であることがよく分かった。

写真右の大きな伽藍は東本願寺、左上には西本願寺が見える。

もう京都はおしまいにしようと言いながら帰路に就いた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金閣寺 | トップ | マイクロソフトを騙る偽警告 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (QQ)
2017-06-09 18:41:57
え、、 仁和寺が期待外れでしたか。

私も金閣寺の後に行ったのですが・・・
とてもほっとして、 廊下でしばらく
座って庭を眺めて・・・
ぼんやりしたいと思いました。
Unknown (サカイ)
2017-06-10 10:02:36
QQさん。

私が寺社を参拝するのは宗教心からではなく、観光・鑑賞が目的です。
そのため多くの写真を撮ります。

仁和寺を拝観したときは、歴史ある寺の厳かな雰囲気は十分感じたのですが、他の寺との違い、仁和寺特有の建物や雰囲気が分からなかったということです。
自分に審美眼が足りないことを告白するようなものですね。

今回、帰宅後に写真を整理していて、これぞ仁和寺という写真を残すことはできませんでした。
Unknown (木の実)
2017-06-12 17:43:42
素敵なお写真を詳しい解説つきでUPして下さり、有難うございました。
もう京都に行かれる事はないのですか?
以前は奈良の方が好きでしたが、京都は故郷の1つのような気がして、時間がある時やついでがある時に京都に立ち寄ると、以前来た記憶と共に、癒されるような気がします。お写真を拝見して、また行きたくなりました。
Unknown (サカイ)
2017-06-12 21:39:09
木の実さん、
京都は好きなのですが、まだ他に行きたい所も残っているので……、という意味です。
今回、初めは久しぶりに奈良にも行きたいと考えたのですが、歳と共に1日の行動可能範囲が狭くなってきて諦めました。
効率的にはレンタカーで回るのがベストなのですが、高齢者ドライバーの事故を恐れて同行者の同意が得られません。
Unknown (QQ)
2017-06-15 01:05:53
サカイさん、
審美眼がないのは私ですね。
主観的に物を見る、というより感じるクセが
ついていて、鑑賞することが苦手。
心地よい環境でぐうたらをよしとしている。。。

でもサカイさんの写真では、いいなぁ~ と
楽しませてもらっている。
写真も芸術品の良しあしも解さないのですが、
惹かれるのはそこに何かあるのかと、
勝手なコメントをすみません。
Unknown (サカイ)
2017-06-15 15:04:26
QQさん、
旅行しても私は写真を撮ることに熱中し過ぎていると思います。
そのくせ、機材にも構図にも拘り方が中途半端で、情けないです。

実物や風景を見て感動するものをしっかり瞼に焼き付けるか、もっと写真を勉強して本当に良い写真を残すか、どちらかに到達できれば素晴らしいのでしょうが、私にはどちらも無理!

…と言うわけで、私は撮った写真の画像処理を楽しんでいます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む