まこちの風来坊日記

湘南ベルマーレ応援記を中心に、時には旅の記録や菜園記録など
明るく元気な風来坊の生活スタイルを綴っていきたい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

光の見えた開幕戦@日産スタ

2013年03月03日 | 湘南ベルマーレ

2013シーズンが開幕した。

三年ぶりJ1に戻った我らが湘南ベルマーレは、敵地日産スタで横浜F・マリノスと対決。

 

実は、二週間前に(開幕前の仕上がり状態はどうかな?)と思い、

大宮アルディージャとのプレシーズンマッチを観戦した。

その時の感触は、(これで開幕に間に合うのか?)と不安が多く残る内容であったのだが・・・。

昨日は、それを吹き飛ばすような出来具合いで光の見えた開幕戦だった。

 

立上がりから、攻守に渡り、全速力で戦う。

全員の選手から気迫漲るプレーで我々を魅了させた。

先発選手の平均年齢が30歳と言う、百戦錬磨のマリノス相手に、全く引けを取らないプレーの数々に我々は歓声の連続だった。

均衡を破られたのは、前半40分、今年35歳になると言う中村俊輔。あのフリーキックは悔しいけど・・・、お見事でした。やっぱ、華麗だね~。こちらのゴール側で見られたんで良かったです、ハイ!?

その一分後にキリノのゴールで同点に追いつき、ますますヒートアップ。

 

1-1の同点で後半スタート。切替えてきたマリノスのペースとなるが、

61分、右サイドでボールを奪ったハングギョンからキリノへボールを渡すと、こちらも今年35歳となった中澤佑二を簡単に抜き去り、右足アウトサイドで押し込んでゴ~~ル~。

「やった!逆転だ~、古豪相手に勝つぞ~」

 控え選手やスタッフ達と喜びを合う瞬間だ。

ゴール裏の我々は、皆とハイタッチして大喜び。

この日、最も盛り上がった瞬間だった。

更に、盛り上がったのは、この3分後。

やはりコバショウのクロスをゴール前で武富孝介が頭で合せて3点目。

と、なる筈だったが惜しくもオフサイドの判定で突き離しならず、まぼろしと化した。

 

73分までは、ベルマーレが勝っていたのだが・・・、

途中から入ったあの齊藤学にやられてしまった。

(ザッケローニさんにアピールできたかな?)

74分~終了までに3点を献上して結果は、2-4と惜敗。

 

2010年第2節の対戦では、シュートを6本しか打てず得点ゼロと、何もさせて貰えなかったマリノス相手に、昨日は12本のシュートを打ち、2得点を挙げる事ができた。

負けてはしまったものの胸張って会場を後にできたのはよかった。

73分までの戦いを、最後まで続ける事ができれば、必ず勝てるのが見えた開幕戦でした。

次はサガン鳥栖戦。

BMWスタジアムを満員にして、

チョウ監督にJ1での初勝利をプレゼントしましょう、皆の力で。

 

 

 

ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日産スタ到着 | トップ | ハングギョン選手:韓国A代... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。