まーじょのつぶやき

まーじょの気まぐれ日記
B'z、BonJovi、トンにEXILE。
興味のあるもの、本音でトークします!

モアナと伝説の海

2017-03-20 21:04:30 | 映画

すっかり更新を怠っているまーじょさんデス。

立て続けに映画を3本、『モアナと伝説の海』、賛否が分かれているらしい『ラ・ラ・ランド』、『SING』観てきました。
まずは『モアナと伝説の海』。



ネタバレ注意報発令

【あらすじ】
誰よりも海を愛する少女モアナは島の外へ行くことを禁止されていたが、幼少時に海とある出会いを果たしたことで
運命が決定する。
モアナは愛する者たちの救済のため、命をつかさどる女神テ・フィティの盗まれた心を見つけ出して
再び平和な世界を取り戻そうとする。未知の大海原へと向かったモアナは伝説の英雄マウイと出会い、
冒険を共にする。

モアナと伝説の海 - 作品 - Yahoo!映画

舞台がハワイなんで、フラを習っている端くれとして、フラダンスの曲でもかかれば、
フラ業界『フラガール』以来の新しいムーブが起こるんじゃないか?と期待して観に行った訳デス。
しかし・・・期待空しく、モアナとそのおばあちゃんが踊るシーンがちょこっと出てきただけ。
また、ハワイ諸島が生まれた伝説みたいなのが織り込まれているのかな~?とも思ったのですが~。
ほぼ、モアナとマウイが盗んだ女神テ・フィティの心を返しに大海原に向かうと言う冒険モノでした。

さすがに最近のアニメ作品は映像がキレいですね~すごいリアル。
海はもちろん、ポリネシア独特の深い緑生い茂る森と言うか島のダイナミックさ。
どれをとっても素晴らしい!のひと言デス。

モアナも村長の娘だからプリンセスのカウントに入るんだろうけど、この作品には恋愛関係の話は
一切出て来ません!相手がいかついマウイだから。
相棒ペット、ブタのプア(ハワイ語で”花”)ちゃんがかわいいんだけれど、それより強烈キャラだったのが、
アホなニワトリのヘイヘイ。
全然かわいくないんだけど~アホ過ぎて憎めない。
こう言う立ち位置のキャラが出てくるのって珍しいかもしれません。

確かにハワイに行きたくなる映画ですな。

あ、そのフラが上手なおばあちゃんご臨終のシーンでは号泣しました。


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東日本大震災から6年 | トップ | ラ・ラ・ランド »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アナ雪より (ししょー)
2017-03-29 15:02:02
まーじょさま、立て続け、多分※させていただきます

吹替のモアナが*あまりにも酷く*、
「え?モアナってもっと芯が強い、子じゃないの?」
を確かめるために期待ゼロで行きました。
予告にも出てくる、幼少時に海に選ばれた瞬間が
感動の最初で最後になるのでは・・・と思いながら。

したら!!
めっちゃ良いじゃないですか!!!
アナ雪より、ズートピアより、ハートにグッと
くるものがあったと思います。
かなりの頻度で涙してました
歌とかは全然残りませんでしたが~
ししょーへ (まーじょ)
2017-03-29 21:21:50
ししょー、立て続けのコメントありがとうございます
アタクシが涙したのはおばあちゃんが息を引き取った時だけでしたが、いかつい?マウイを引き連れて冒険に出ちゃう勇気。
恋愛モノではなかったのがよかったですね。
確かに思い起こせば、アナ雪はどーしてそこで氷のお城に閉じこもっちゃう訳??てなトコがありました!
思い出したけど

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。