まーじょのつぶやき

まーじょの気まぐれ日記
B'z、BonJovi、トンにEXILE。
興味のあるもの、本音でトークします!

カーズ/クロスロード

2017-07-23 20:18:23 | 映画

早速ながら、『カーズ/クロスロード』観て来ました。

ネタバレ注意報発令

【あらすじ】
【迷い込んだ田舎町ラジエーター・スプリングスで、ドック・ハドソンをはじめとする
心優しい仲間との触れ合いを経て、自分勝手だった性格を改めたスポーツカーの
ライトニング・マックィーン。

目覚ましい活躍を見せてきたマックィーンだったが、最新型レーサーが次々と台頭してきて
苦戦を強いられる。

いつまでも第一線にいたいという焦りに駆られたマックィーンは、ある日レース中に
クラッシュ事故に遭遇。運にも世間にも見放され、頭の中に引退という文字がちらつき・・・。








カーズ/クロスロード|映画|ディズニー公式

カーズ/クロスロード - 作品 - Yahoo!映画

予告編でライトニング・マックィーンが吹っ飛んでいる映像を観た時から、予想はつきましたけれど・・・。
”小僧”だったマックィーンもベテラン勢の仲間入り。
ついにはハイテクマシーンの新人レーサーに負けてしまう。
そもそも基本搭載されている機能があちらの方がはるかに上。
旧型マシーンがいくら努力しても最新型には勝てないのだ~。

大クラッシュしてレース界から姿を消したマックィーンに再起を賭けてスポンサーさんが用意してくれた
トレーナー役が黄色のクルーズ。男子かと思ったら、女子でした。

彼女も活躍するマックィーンの姿に憧れ、レース界にチャレンジしたものの、
1戦目にして才能のなさに気付き、諦めたと言う・・・。

でも、マックィーンは彼女と練習を重ねるうち、彼女の隠れた才能に賭ける事に決め、
再起を賭けたレースを彼女に譲ってしまうのデス。
自分がドック・ハドソンに育てられたように、今度は自分がクルーズを育てる道を選んだ訳。

世代交代ってヤツです。

年を取って、できた事ができなくなってきた年代に入ってきますと、共感できるところがたくさんありました。
新車もポンコツになっていくのよね、それは仕方のない事です。
どう去り際を飾るか・・・。
お子ちゃまだけでなく、オトナも考えさせられる内容でございました。

上映時間との関係で、吹替版で観ましたが、クルーズ担当の松岡茉優ちゃん。
なかなかうまかったんじゃないかな?
奥田民生氏のエンディングソングも渋くていい曲でした。

カーズ/クロスロード」予告編


「カーズ/クロスロード」 キャラクター映像:マックィーン


「カーズ/クロスロード」日本版エンドソング:奥田民生「エンジン」PV(30秒)


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ユノ@SMTOWN LIVE WORLD TOU... | トップ | SMTOWN LIVE WORLD TOUR VI i... »

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
カーズ/クロスロード(日本語吹替版) 監督/ブライアン・フィー (西京極 紫の館)
【声の出演】  土田 大 (マックィーン)  松岡 茉優(クルーズ・ラミレス)  藤森 慎吾(ジャクソン・ストーム) 【ストーリー】 迷い込んだ田舎町ラジエーター・スプリングス......