まじくんママのぷち旅ぶろぐ

トミーズツアー旅の編集人がつづる「四季の京都」周辺とたまに帰る「ふるさと富山」のお出かけぶろぐです。

佐渡へ行って来ました!:ジェンキンスさんと対面!

2007年08月28日 | トミーズツアーご報告

先日、トミーズツアーの「びっくり!黄金 佐渡日帰り」に参加しました。まずは、富山から直江津港へ、そしてフェリーに乗り佐渡島へ上陸、佐渡金山を訪ねました。詳細は前ブログにて。

P1040841 P1040864_1

佐渡金山の後は、いよいよジェンキンスさんが働いておられる「佐渡歴史伝説館」へ!
P1040875佐渡歴史伝説館は、鎌倉時代に佐渡に流された順徳天皇と日蓮聖人、室町時代に流された世阿弥のお話や、佐渡の伝説の安寿と厨子王、夕鶴、おけさ伝説を人形劇で再現しています。

お話は、自動的に人形が動き展開されるのですが、5歳児のまじくんには少し難しいようで・・・ツアーの皆さんより一足早く、ジェンキンスさんがいらっしゃるお土産コーナーへ行くことにしました。

まじくんは、この日のために覚えてきた「Could you please, take a picture with me?」とジェンキンスさんに話しかけました。どうやら通じたらしく・・・めでたく2ショットを撮ることが出来ました。

P1040878_1 P1040876

物静かなジェンキンスさんでしたが、まじくんの「thank you!」にも笑顔で「you are welcome!」と握手をしてくれました。もちろん!「太鼓判」もたくさん買いましたよ!このおせんべいを買うと、売り上げの一部が拉致被害者救出のために寄付されるそうです。なお、バスガイドさんによると、ジェンキンスさんは火曜日がお休みだそうで、それ以外であれば、お土産コーナーでお目にかかることができるかもしれないとのことでした。【追記】現在は公式サイトで出勤日についてのお知らせが出ています。

その後、また30分ほどバスに乗り、小木港へ戻り、再びカーフェリーへ。今回は、船の操舵室見学がありました。船の最上階へ行き、船長さんの説明を聞き、自由見学をします。

P1040882 P1040881

はるかに見える本州や海を渡る船などを望遠鏡で覗いたり、面舵を廻したりしました。(自動操縦中なので、舵をぐるぐるきっても大丈夫だそうです。)

  P1040885 P1040888

帰りの船は、往きより空いていて、ゆったりとしていました。夕日が沈む様子を見たり、船内を探検したりした後は、売店で買ったゴールドバートランプ(800円)で、神経衰弱やばば抜きをして遊びました。

P1040890 P1040879

P1040893直江津港へ着いたのは19:40分、あたりはすっかり暗くなっていました。駐車場で待っていた新富バスに乗り、名立谷浜SAで夕食をとり、バスセンターへ着いたのは夜10時を過ぎた頃でした。

日帰りの駆け足で訪ねた佐渡島ですが、とても楽しかったです。

まじくんは、大きな船に乗れたこと、ジェンキンスさんに英語で挨拶が出来たことと、おみやげの小判がとてもうれしかったらしく、大満足の旅でした。

佐渡歴史伝説館公式サイト http://sado-rekishi.jp/
佐渡汽船公式サイト http://www.sadokisen.co.jp/

『新潟県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 佐渡ヶ島へ行ってきました!... | トップ | 風の盆の前夜祭 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事