まじくんママのぷち旅ぶろぐ

トミーズツアー旅の編集人がつづる「四季の京都」周辺とたまに帰る「ふるさと富山」のお出かけぶろぐです。

東寺「ガラクタ市」へ行ってきました。2016.11

2016年11月07日 | 京都市南区

昨日は東寺の「ガラクタ市」でした。毎月第一日曜日に開催されます。毎月21日に行われる弘法市では、衣食住あらゆる店が出ていますが、ガラクタ市は、骨董品、アンテーィク、ビンテージのお店が出ています。

 

午前中は、時折、傘がいらないほどの細かい雨が降っていましたが、たくさんの人で賑わっていました。

 

昨日のお買い物です。大きな植木鉢(2個で2,000円)です。また、東寺売店で般若心経の手ぬぐい(350円)を買いました。般若心経の発音がイラストになっています。よくよく見るとなぞかけみたいになっていて、子供や外人さんへのお土産にいいかも!(東寺オリジナルではないようです)

 

先月末から、庭園の紅葉ライトアップが始まっていますが、見頃はもう少し先です。モミジはまだ、桜は見頃の木もあります。今月中旬からがおすすめかな?(五重塔、金堂、講堂を含む庭園は有料区域です)紅葉の様子は【15/12/01】【10/11/21】にて。

 

蓮池のはきれいに刈り取られていました。池にはマガモが泳いでいます。色鮮やかなのはオス、茶色いのがメスです。蓮の花の咲いている様子は【前ぶろぐ】にて。

 

御影堂周辺の紅葉は・・ソメイヨシノは落葉、河津桜は色づき始めです。現在、御影堂が修理中のため、向かい側にある大日堂、仮御影堂で参拝することができます。ご本尊の弘法大師像は大日堂に安置されています。(御開帳は毎朝の6時の生身供、21日の御影供の時など)昨日は大日堂で日曜法話が行われていました。(毎月第一日曜開催、9時から10時、参加自由)昨日の法話は「有難うの本来の意味」など分かりやすいお話でした。朝からすっきりしました。大日堂内には蓮の花の一生を描いた絵が飾られています。

 

修理中の御影堂には足場が設置されていました。なんと、見る限りすべて木の足場です。あちこちで寺社の修復作業を見たことがありますが、この大きさですべて木の足場は初めて見ました。

 

修復は平成31年までです。昨日は、この足場に一番感動・・・見ていて飽きません。感動のツボが違うのか、私σ(^^;)

 

東寺 http://www.toji.or.jp/

参拝:無料 庭園拝観は公開内容によって料金が変わります。詳細はサイトにて。駐車場:600円(2時間)弘法市では駐車場が使用できません。ガラクタ市(毎月第一日曜開催)では駐車場が利用できます。紅葉ライトアップは12月4日まで。6時30分~ 拝観料大人800円、中学生以下500円です。

東寺はよくご紹介しています。ぶろぐ内検索にて。

『京都府』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都梅小路公園手作り市へ行... | トップ | 京都国立博物館「没後150年 ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
よろしくお願いします (otokomaeda)
2016-11-07 18:31:14
読者登録をありがとうございます。
京都の紅葉もまだですか。
紅葉が始まってもすぐに散ってしまいそうですね。
これからもよろしくお願いいたします。
otokomaedaさんへ (まじくんママ)
2016-11-07 21:19:23
こちらこそ~です。
紅葉はこれからですね。
今週はぐっと寒くなるらしいので、
来週にはぼちぼち見頃になるかも?

コメントを投稿

京都市南区」カテゴリの最新記事