* ポロンとマリアに首ったけ *

最愛のうらんが残してくれた宝物
姉妹ヨーキーのポロンとマリアとの日常を綴ります♪

ポロンの3回目の命日

2018-01-18 23:52:00 | エンジェルポロン
寒さが少し和らいだ今日は、ポロンの3回目の命日でした。









ポロンが息を引き取った日は今日とは打って変ってとても寒い1日でした。
例年で言うと、今が一番冷え込みが厳しいですものね。
今日の暖かさは特別ですね。

また来週から厳しい寒さのようですので
特に介護や闘病中のワンちゃん、そしてその飼い主さま
くれぐれも体調に気をつけてお過ごし下さいね。




今日は2015年に下書き途中になっていたポロンの最期の様子を書き上げようと思います。


相変わらず心臓の僧帽弁閉鎖不全と腎臓機能低下による
食ムラありの、食欲不振のポロンでしたが
それ以外は変わらず、自身で歩いてきちんとおトイレも済ませられる
可愛い可愛いおばあちゃんポロン?いや、ベビちゃんポロンでした
毎食後抱っこでゲップをさせるのが日課で、とても愛おしかったなぁ

できる限り口からの栄養を摂る、強制給餌はしないと決めたポロンのごはんは
毎朝晩、先にキッチンカウンターがいっぱいになるほどありとあらゆるものを用意して
ポロンがその時食べたいものに辿り着くまで一品ずつ試し続けました。









その晩はいつもより順調にポロンが食べてくれて
30分程で給仕を済ませることができたので
調子が良いのかな、とさえ思ったくらいでした。
なかなか食べたいものに辿り着かない時は1~2時間かかることもありましたから。

なので、肺水腫の不安は常に頭にはありましたが、
まさかこの後にその時が訪れるとは思ってもいませんでした。

21時近くになって少し咳をし出したのが気になって肺水腫を疑い
診察時間の終わった近所でお世話になっている病院へ電話をかけました。
すると携帯電話に切り替わって、いつもの院長先生が丁寧に対応して下さり
今からの来院でも対応しますよとお返事をいただいたのですが
とりあえずホームドクターから万が一に備えて
処方していただいていた利尿剤を服用させることで、電話を切りました。

18日に日付が変わる少し前から次第に呼吸が荒く苦しむようになり
母用に2台あった酸素濃縮器の1台を使い、しばらく様子を見ましたが
ポロンは楽になる様子は見られませんでした。

もうこれ以上ポロンを苦しませるわけにはいかない!と
真夜中2時15分頃もう一度病院へ電話をすると
院長先生からすぐに折り返しの電話をいただくことができて
父に付き添ってもらい酸素器も車へ移動させ、病院へ向かいました。
途中信号待ちの長かったこと。
あんなに長い信号待ちは後にも先にもあの時だけです。

病院に着いた時にはポロンの呼吸はだいぶ弱くなっていました。
すぐに利尿剤の注射を打っていただきましたが、間もなく
院長先生から「抱っこしてあげて下さい!」とポロンを渡され
2時50分、ポロンは私の腕の中で息を引き取りました。









安らかだったとは到底言えないポロンの最期。
小さな身体で頑張っていたポロちゃんが何であんなに苦しまなきゃならなかったの?
それもこの世の最期で...。

ポロンの尊厳を一番に、それを必死に守りながら精一杯心と身体を使って
判断し、選択し、ケアしてきたつもりだった私なのに
それでもやっぱり、私はいくつもの「...たら ...れば」に苦しみました。
考えたってポロちゃんが戻ってくるわけではないのにね。

あぁ ポロちゃんに会いたい。。。

ポロちゃん 愛してるよ









どの子もみーんな
この世の最期くらい静かに安らかに逝かせてくれたらいいのにな。。。






長文を最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

ランキングに参加しています。
応援ポチッ!していただけるとうれしいです^^


にほんブログ村
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

2018年新年のごあいさつ♪

2018-01-01 11:45:00 | 日記
あけましておめでとうございます。




懐かしいお写真で




ほとんどブログ更新がなかった昨年ですが(いや一昨年も^^;)
それでもポロマリに会いに来て下さった皆様
ごめんなさい。そして、ありがとうございました。

今年こそは気持ちも新たに、前を向いて進んでいこうと思っていますので
毎度同じことばかり言って... 頼りにならないうーたんですが
今年もどうぞよろしくお願いいたします。





ランキングに参加しています。
応援ポチッ!していただけるとうれしいです^^♪


にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お空に、お誕生日おめでとう♪

2017-08-06 23:43:00 | ポロン&マリア

8月6日





ポロちゃん マリちゃん
パピーくん エミリちゃん
お誕生日おめでとう!







うらんママとお友達と一緒に元気に楽しく過ごしてるのかな。
うーたんはいつもあなた達のこと思っているからね。







そして、うーちゃん
小さい体で4頭もの可愛いベビちゃんを無事に産んでくれてありがとう。

もうすぐお盆。
またみんなで会えるの楽しみに待っているから。
気をつけて帰ってきてね。









今日は湿度の高いベタベタ、アツアツの一日でした。
時折激しい雨も降ったポロマリエリア。
少し涼しい過ごしやすい日が続いていたのでこの暑さは堪えますね。

皆さまもどうぞご自愛下さいませ。
台風の被害も出ませんように。






今日はコメント欄は閉じさせていただきますね。

ランキングに参加しています。
応援ポチッ!していただけるとうれしいです^^


にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

皆さま マリアにたくさんの愛をありがとうございました。

2017-07-08 23:27:00 | ポロン&マリア
こんばんは♪
まただいぶお時間を空けてしまいました。
ご訪問、そしてご心配いただいた皆さま、すみませんでした。

前回更新後すぐに今回の記事に取りかかったのですが、下書き途中で挫折。
どうしてもいろいろ詰まっている画像ホルダーで時間が止まってしまいます。

2017年も折り返しに入ったというのにホントにダメですね。
マリアもポロンもお空で呆れてるわね。きっと。









でも、どんなに時間がかかろうとも
このポロマリブログを始める時に決めた通り
まだ綴りきれていないポロンとマリアの最後までを綴ろうと思ってます。
もしよろしければ、気長にお付き合いいただけたら嬉しいです。

ではでは、大変遅くなりましたが
マリアの旅立ちに際して大好きなお友達の方々からいただいた
素敵なお花やお品をご紹介させていただきますね。











翔ねーさん(左)    メルシーママさんからの素敵なフォトスタンド(右)

フォトスタンドにはうらんママとの親子写真を選びました。
皆さん、ポロマリの区別はつくかしら?

正解は... 向かって左から マリア&うらん&ポロン






ポロンmamaさん(左)    nomagonさん&エンジェルママさん(右)






terra0426さん(左)    ぴょんさん(右)






ぴょんさんからのお花には可愛い3頭のワンちゃんがアレンジされていました。
「うらんとポロンがマリアのそばについてるから心配ないからね、大丈夫!」
そう言ってくれてるようで心が和みました。






彩パパ&ママさん(左)    妹family(右)









マリア、最期までこんなにたくさんの温かい愛に包まれていました。

寂しい時間が沢山のお花のいい香りに包まれて
とても心癒されたことを今でもはっきりと記憶しています。

皆さま、本当にありがとうございました。
そして、ご紹介が遅れました失礼をどうかお許し下さいませ。





本日コメント欄は閉じさせていただきますね。

ランキングに参加しています。
応援ポチッ!していただけるとうれしいです^^


にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マリアの一周忌命日。

2017-04-11 23:56:00 | ポロン&マリア
こんばんは。

まただいぶお時間を空けてしまいました。
お約束通りにブログ更新できず、
ご訪問、ご心配いただいた皆さま、すみませんでした。









マリアの一周忌命日の今日は冷たい雨の一日でした。
昨年の4月11日は晴れの暖かい一日だったなぁ。。。

昨年の今日は・・・、昨年の今頃は・・・、なんてことを
まだまだ鮮明な記憶でいつも思って過ごしたこの1年でした。

マリアが亡くなって、私は感じていた以上の
マリアからの深い愛に守られていることに気付かされました。

マリアはぜーんぶ見抜いていたのです。
視力は失ったけれど、深い海の色をしたその美しい瞳で
私のことをいつもちゃんと見ていてくれたのです。









以前の私は、うらんのことでも自分のことでも不安だったり心配な時
よくうらんの前で心配したり、泣いたりした頼りない飼い主でした。
うらんを亡くし、それではいけなかったと反省し
ポロマリの前ではなるべくマイナスな感情は出さないように
どんな時も大丈夫だよ!と伝えるようにしてきたつもりでした。

でも
「うらんを動物病院で亡くし、最期に傍にいてあげられなかったこと」
「肺水腫で亡くなったポロンの最期の私の判断が誤ってはいなかったか」
この二つは、マリアの前では出さないようにしてましたが
いつも私の一番の大きな心残りで、ずっと苦しんでました。

そんな私の苦しみを救うかのような
穏やかな安らかな最期をマリアは私に見せてくれました。

昨年の今日
深夜から呼吸が不安定になり翌午前中に動物病院に向かいました。
治療を済ませ、呼吸が弱く行きも帰りも危ない状態でしたが、
お昼過ぎには無事に家に帰ることができ
自宅に設置した酸素ハウスにすぐに入りました。
うらんは病院で亡くなってしまったので自宅に酸素ハウスは
設置はしたものの入ることがなかった辛い思い出の酸素ハウスでしたが
マリアは入ることができました。
20時頃チッチをちゃんと知らせ、済ませて、ほんの一滴のレメディを
こくりと飲むと、大きく呼吸を吐きながら体を伸ばし始めました。
急いで抱き上げると、マリアの身体から力が抜けていくのがわかりました。









決して、マリアの最期が安らかだったからと言って
私のうらんやポロンへの後悔が消えるわけではないのですが
マリアのお陰で、心の傷が少し癒えた気がします。

マリアは全てを知り抜いて、私のために
最後の力を振り絞って私を守ってくれたのだと思います。
私がマリアを守っているつもりが
実は、マリアに私は守られていたのですね。

これからもマリアの深い愛に私は応えなければいけませんね!
私は本当に幸せ者です。
こんなにも思ってもらえる親孝行な可愛い娘を持って*^m^*









お姉ちゃん(うーたん)の可愛い可愛いマリちゃん
ポロちゃんたちと元気に楽しく過ごしてる?
マリちゃんがいてくれたから
お姉ちゃん今こうして少しずつだけど前に進めてるよ。
ありがとう、マリア
ずーーーーー・・・っと愛してる





お久し振りの更新にもかかわらず
ご訪問いただきましてありがとうございました。
次回こそお友達の皆さまからいただきました
綺麗なお花やお品をご紹介させていただきます。

本日コメント欄は閉じさせていただきますね。

ランキングに参加しています。
応援ポチッ!していただけるとうれしいです^^


にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加