マイ自然散策記

主に週末の自然散策記、夫婦で花鳥虫月を楽しんでいます。

裏磐梯-1(20170714)

2017-07-18 08:19:16 | 自然散策
アマゴイルリトンボ以外の虫達も色々。
熊の目撃情報があるので、熊鈴を付けて歩きました。
午後の散策途中で、前から来た方が、この先に熊が2頭いたと教えてくれたので、引き返しました。

散策開始直後に、ミドリシジミの仲間登場。アイノミドリシジミでしょうか。(まい)


ある一角に群れていた、青色がきれいなエゾイトトンボ♂。(まい)


アザミに来たのは、ウラギンヒョウモン。(オカピ)


クロイトトンボの先に、小さな虫が。左下はジュンサイの花。(オカピ)


小さな沼の周りの、平坦な探勝路を歩きます。(オカピ)


多かった小さなサナエトンボの仲間は、コサナエ♂。(まい)


コサナエ♀もあちらこちらに。(オカピ)


これも多かった、モノサシトンボ♂。(まい)


近くに、モノサシトンボ♀も。(まい)


写している時は気付かず、後で分かりました、ホソミイトトンボのペア。(オカピ)


探勝路は、昆虫散策路。(まい)


コオニヤンマが、近付いて来ました。(オカピ)


細めのゾウムシは、アイノカツオゾウムシ。(オカピ)


少数派の、ヨツボシトンボ。(まい)


一休みして昼食タイム。昼食後散策再開。セアカツノカメムシペア登場。(まい)


一番多かったトンボは、避暑中のアキアカネ。(まい)


モノサシトンボ♂が再登場。(オカピ)


モノサシトンボ♀も再登場。(オカピ)


産卵中の、モノサシトンボペア。(まい)


道端のイタドリで、揺籃作成中は、ドロハマキチョッキリ。(まい)


緑色型のドロハマキチョッキリ。(オカピ)


エゾイトトンボ♂、再登場。(オカピ)


沼畔の幼木に、オトシブミ発見。首(頭部)が短いので雌。(オカピ)


雌に比べて首が長い、オトシブミ♂。(オカピ)


汗を拭きながらの散策、早上がりして温泉に入って、ビールで乾杯。夕食後、9時前に夢の中へ。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アマゴイルリトンボ(20170714) | トップ | 裏磐梯-2(20170715朝) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。