Music from Gen-dai

お気楽色の僕らのBlue

とある一日

2017-04-19 23:57:27 | 70s
新調をお願いしていたメガネを受け取り

暖かい日差しの中、ちょっと散歩をし

気になってたcapとpantsを購入し

13時以降にしかオーダー出来ない絶品の昼飯を喰らう。


何気ない「とある一日」の話だけど

こういう日が何よりの気分転換となったりするものである。


The Joe Cuba Sextetの「Bustin' Out」(1972)

01. What A Baby
02. Pud Da Din
03. Aint It Funny What Love Can Do
04. Ohh Ah
05. Do You Fell It
06. A Thousand Ways
07. Joe Cubas Madness (Pt 1)
08. Joe Cubas Madness (Pt 2)

ブーガルーの父との称号を持つJoe Cuba。

そんな彼を中心とするThe Joe Cuba Sextet名義による

ラテンソウル、ファンク炸裂の1972年作品。


上記の「とある一日」の行き帰りのBGMにチョイスしていたのが本作。

より一層気分が良くなったことは言うまでもない。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お返し | トップ | Fight »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む