新生フォ~☆シーズン~☆

山を愛し、草・花・生き物を愛し、人を愛し、楽しい年になりますように♪

神社仏閣詣りも書いています。

☆2月の高尾山

2017-02-17 | ♠ 秩父・多摩・南関...

 

お天気快晴の予報で、なまった体を動かしたくて高尾山にでかけた。

電車で1時間半位だが、早朝時間は人もまばらで車窓からも暖かさを感じながら。。。

まず富士山を見、そして薬王院ご参拝・野草園(セツブンソウ・ザゼンソウ・フクジュソウ)。

上りは稲荷山コースで、下りは1号路を選び薬王院・野草園に立ち寄ります。

 

実は、前回は車でしたので「高尾山口駅」から行ったことはなく、少しだけど誰かの後について(*´▽`*)

 

京王高尾山口駅を出ると、すぐ右折、、

 

 

小川沿いを歩き、右側へ、、

 

 

 

高尾山へのケーブルカー&リフト乗り場、この左にある道を進んでいくと稲荷山コース。

 

高尾山稲荷山コースの地図はこちら

 

 

 

 

始めから山道は急坂ですが、一歩一歩と歩き慣らしながら前に前に。

 

 

左側は視界が開け気持ちが良い。

 

 

 

急な上りを息を切らせながら登って行くと、

稲荷山コースの由来にもなっている「旭稲荷」が鎮座しています。

 

 

 

稲荷神

 

 

 

こちらの祠は山道より、太陽が射して、、 

 

 

ちょっとした休憩場所(境内?)になっています。

 

 

 

まだまだ200m

 

 

ブンブン車の走行音は、高速:圏央道・中央道から、。下は甲州街道!

 

 

なるほど、スズメバチも必要不可欠なのですね。

ハチは好きではないけれど、、

山登りは、なるべく黒色は避けています。

 

 

 

 

 

 

 

  沢山の人が踏み慣らした山道は歩きやすい所もあり。。

 

 

 

根っこがむき出しになっており、階段状になっている先は「展望台」

 

 

 

八王子市街地方向!

 

 

 

 

 稲荷山コースは、大小のアップダウンを繰り返し、比較にはならないが「塔ノ岳」に比べると、

足慣らしには登りやすいコースです。

 

 

右の山側から、ほら貝を吹いている音が響きわたって聴こえてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

尾根歩きの山道は乾いていたが、日影の場所は霜柱・雪が残りムシロを敷いていました。

 

 

 回り込んだ登りの山道から、突然美しい「富士山」がはっきり見えたヽ(^o^)丿

 

 

 雪に埋もれていたのか、倒れかけていたアオキの実。

 

 

テクテク、ココまで1時間弱で

 

 

 

 

 

 

  直登の階段を登れば山頂らしい!

 

 

まだまだつづく~

 

 

200段以上はあるかしら。。。

休みながらゼイゼイハァハァ、最後の力を振り絞って(`ヘ´)

 

 

 

 

 

 

 

 

 着いた~☆

富士の左は丹沢山塊、右側は三ツ峰山かな。。

 

 

 高尾山から初めて見た 美しい富士山、素晴らしい☆

 

 

 Mt-Fuji 

 

 

 登山者の方々も、高尾山からこんなはっきり見えた富士山は初めて!と大感激☆

もこもこワンコはエディーちゃん、

 

 

高尾山 大見晴園地 

 

 

 

 

 高尾山ビジターセンターで「自然研究路マップ」を頂き、コースを確認へ

↓フォトは ⇒ 都の備蓄品で、まもなく賞味期限を迎えるクラッカー。

賞味期限は2月末日ですが、「食品ロス」の削減にどうぞ!という事で頂きました。

 

 

 

  休憩後、帰り道の1号路でようやく 高尾山山頂へ 標高599m

topの標柱は立っていますが、この日の主役は Mt-Fuji 

 

 

 

 

 

 山頂は広場になっていて、、かすかに見える高層ビルは新宿?

 

 

一号路は先日の雪で、両サイドに雪が残っていますね。

 

 

 

 

下りは薬王院にお参り致します。

 

(つづく)

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆クロネコの「ニャァン」声は... | トップ | ☆高尾山山頂から下って薬王院へ »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。