新生フォ~☆シーズン~☆

山を愛し、草・花・生き物を愛し、人を愛し、楽しい年になりますように♪

神社仏閣詣りも書いています。

☆ピレネー:ゴーブ湖からポン・デ・エスパーニャへの花の道(後半)

2017-07-22 | ♠ 北スペイン:フランス・ピレネー山脈

目力強い ボーダー・コリー犬は 賢く働き者(*^-^*) 

 

****** 前半に引き続き、ゴーブ湖畔より ******

 

プランタゴ・メディア(Plantago media)

 オオバコ科(Plantaginaceae) オオバコ属 Plantago

 

 トリフォリウム・プラテンセ(Trifolium pratense)

マメ科(Papilionaceae) シャジクソウ属

日本名:アカツメクサ/ムラサキツメクサ

 

 

 

 

 

 

 スイランのような直立 ?、、静かな湖畔

 

 

 

 

ハゴロモソウ

 

マーガレット かスノーボール 

 

ヘラクレウム・スフォンディリウム (Heracleum sphondylium)

 セリ科(Apiaceae) ハナウド属

 

 ノコギリソウ

キク科ノコギリソウ属 

 

 

 

ボクくんは自由に力強く走り廻っていた 

ガイドさんの話で、牧童犬と分かってホッとしたと同時に納得した

 

 

※こうした風景に写真説明を書き込むことは野暮だけど・・

 

カルタ・パルストゥリス (Caltha palustris)

 キンポウゲ科 Renonculacees/リュウキンカ属Caltha

 

 ダクティロザリ・マクラタ(Dactylorhiza maculata)

ラン科(Orchidacees科)ハクサンチドリ属

 

葉に暗紫色の斑点があるので

ラン科ウズラバ・ハクサンチドリ

 

 ヘリアンテムム・ヌンムラリウム??

ハンニチバナ科(Cistaceae)ハンニチバナ属

別名:コモンロックローズ 参照

 

 

 カルリナ・アカウリス(Carlina acaulis)

キク科 日本名:チャボアザミ

 山岳ガイド:キャシーさん一押し(6月20日撮影)

 

 

 

  チャボアザミ、

通常はこちらを紹介しています 

  参照「Eu-Alps峠の茶屋」

 

※不思議な花

フィテウマ・ベトニキフォリウム(Phyteuma betonicifolium)

キキョウ科(Campanulacees) タマシャジン属(Phyteuma)

 

 

トリフォリウム・アルピヌム(Trifolium alpinum)

マメ科(Papilionacees)シャジクソウ属

 

雲行きはあやしくなり、小雨が降り出したので引き上げた帰り道にあった親子連れは、これから~

その後雨はやみました、良かった☆彡

 

 

カンパヌラ・ラプンクロイデス(Campanula rapunculoides)

キキョウ科(Campanulacees) カンパヌラ属

 

 

カルドウス・デフロラツス(Carduus defloratus)

キク科(Asteraceae)  アザミ属/アオアザミ属/ヒレアザミ属(Carduus/Cirsium)

 

 

 何度も見たピレネーナメクジ(10㎝はあったような

 

 

 

ラミウム・アルブム(Lamium album)

シソ科(Lamiaceae)オドリコソウ属

 

  リナントゥス・アレクトロロフス (Rhinantus alectorolophus)

ハマウツボ科(Orobanchaceae)<旧分類=ゴマノハグサ科> オクエゾガラガラ属(Rhinanthus)

 

 チェアリフトで下って、

 

 

ここから林間遊歩道を歩き、ポン・デ・エスパーニャ(スペイン橋)と大滝を見学します

 

 

 

大自然林を歩いて

 

 

 

ポン・デ・エスパーニャの入口のようです(無料)

 

 

突然、人声と滝が、、近いことが分かりました

 

 

道なりに下りて行くと、山小屋兼レストランに

 

 

 

 

 

大きな花はキク科のようですが名前不明

 

 

 

 ポン・デ・エスパーニャ(スペイン橋)から上を見上げると、雄大な大滝から勢いよく水が落ちています

赤いレインコートの人と比べて、スケールの大きさが分かりますね

 

 

 ポン・デ・エスパーニャ(スペイン橋)

昔、スペイン人が侵攻し住んでいて、橋を造ったらしい?

(こちらはフランス側、ピレネー山脈を越えればスペイン)

 

 

 滝の周りにも、自然な草花がアッチコッチ咲いています(*´▽`*)

 

 

タリクツルム・アクイレギフォリウム(Thalictrum aquilegifolium)

 キンポウゲ科(Ranunculaceae) カラマツソウ属

 

 

 ヘビイチゴだけど・・・

 ビートルズ / ストロベリー フィールズ フォーエヴァー はこんなイチゴ?

 

ヒペリクム・マクラツム( Hypericum maculatum)

オトギリソウ科(Guttiferae) オトギリソウ属Hypericum 

 

 レストラン前を通って駐車所に戻ります

 

 

 こちらは ポン・デ・エスパーニャの反対側から撮影

 

 

 ゲラニウム・シルヴァティクム (Geranium sylvaticum)

フウロソウ科(Geraniacees)フウロソウ属(Geranium )

 

 ピレネーの雄大な大自然、ゆっくりした時間が流れ良い一日でした

 

 

 

 あすは【世界遺産】ガヴァルニー大渓谷へ(投稿は未定)

 

花名は調べ中ですが、なかなか追いつきません

いつかまで訂正・補足は考えています(*_*)

 

 

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ☆ピレネー:ガヴァルニーから... | トップ | ☆クロネコたんこ*そして「ヤ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
湖畔に・・・・・ (なため)
2017-07-23 15:45:17
みさ々さん!
日本には無い風景・・・・見るだけで満足しています。

湖畔にテントを張って数日・・滞在したいですね?
奥に見える連瀑帯まで歩きたいです。

Re:湖畔に・・・・・ (みさ々)
2017-07-23 16:50:09
なためさん、ホントに~
人があまりいないのも良いですよね(*^-^*)
連瀑帯までは1時間もあれば行けそうです。
その先も花道が続き渓流もあり、、マーモットもいたと他のブロガーさんが書いていました。
ただテント滞在は禁止かもしれませんね。

明日から白馬方面への山行です、お天気が悪そうで、、、
日本のお花畑も楽しみにしていますヽ(^o^)丿

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

♠ 北スペイン:フランス・ピレネー山脈」カテゴリの最新記事