女はみんな「美女」である♡

オーラ・スタイリングで、女の子の「美女目覚め」を推進中♪現実主義なスピ系スタイリストが綴る女の美と恋愛とお仕事

光も闇もある人生~片つけ☆2.8

2017年07月29日 | 片つけ☆
ハロ~今日もいい日ですね~
まいまいです♪

まいまいの片つけ☆タスク・パート2。
『2015年の出来事』
3つ違いの弟が、赴任先の中国で急死。父母とともに中国へ飛んだまいまいさん。

ここまで、「サッカー仲間に愛された素晴らしい弟」の話ばかりしていましたが・・・

いいところもあれば、悪いところもある、のが、人間、と言いますか。

弟の人生を垣間見た中国は、なんていうか・・光も濃ければ、闇も濃かった。

しかし、この件は。
正直なところ、ハッキリしたことは何も分かりません。

ただ、
「会社から海外赴任で中国へ行っていた」はずの弟が、いきなり現地法人の代表になっていたり。
会社の社長と上司(らしき人)に揃って、「弟の会社は別法人だ」と主張されたり。
とはいえ、家族は「東京(の会社)から給料をもらっている」と(弟に)聞いていたり。

実は、中国入りした直後から、弟のサッカー仲間の皆さんに感激する一方で(だからこそ?)会社関連の方の言動や対応には、家族一同、不信感と疑惑が募っていました。

まず、

「ご愁傷様です」の一言もない。方たちでした。

大使館で初めてお会いした時も、病院で弟の亡骸に会った時も。
父も母も私も、最も傷つき悲しかったのは、実はそこでした。

弟は会社のために中国に行って、そこで死んだ。
プライベートな休日のこととはいえ、会社としての責任は当然あるでしょうし。
自社の社員の死を悼み、遺族を慰める気持ちや言葉が出るのが、人間として普通のこと(と私たち家族は思っていました)。

もし、彼らがそういう風であってくれたら・・
私たち家族の口からは、むしろ、「会社に迷惑をかけて申し訳ない」という謝罪の言葉すら出ていたはずです(実際に父はそのつもりだったと言っていました。その機会を得る前に、怒りが湧いちゃいましたけど)

けれど、

その言葉は、ついに出ませんでした。

時間をおいた今だから、彼らの気持ちがよく分かります。

自己保身。だったんだと思います。

彼らも「会社の責任」は、分かっていた。
(本来かけるべき)海外旅行保険もかけていない(*海外で使えるのは、この保険とクレジットカード付帯の同様の保険のみ)。
家族から責められるのが怖くて、「別会社だ」と、まず自らを守った、のでしょう。
それが・・残念ながら、私たち家族を傷つけ、悲しみが怒りに火をつけた。

・・・ミス・コミュニケーションて、こうやって起こるんだなあ、と思いますね。

そこからは、もう・・・修復不可能。

で、彼らの話があまりにも信じられないので、(サッカー仲間から)情報収集などもしつつ。
遺品を持ち帰るために、弟のオフィスを訪ねた時に、直談判。

ていうか、一家の怒り爆発。

「あんたたちは、何なんだ!?」状態でしたわ。

特に、父が閉口させられた後(先方も経営者ですから、話術は巧み)
冷静に理路整然と相手を追い詰め、最後に一喝、相手を黙らせたまいまいさんの姿、は強烈だったようで。
「あんた怒ると怖いわね。彼に見せちゃダメよ」と母に釘を刺される始末(笑)

結局、手配会社のOさんの協力のもと、Oさんの会社にて再度話し合い。
手配会社の費用一式を先方が持つことになり、この件は収束しました。

手配会社の社長さん(支店長さんだったかな?)などは、「裁判になれば、勝てますよ」と仰っていたので、客観的に見ても、会社の対応は酷かったようです。

まぁ、社員を海外赴任させるなら、海外旅行保険はかけておくべし☆海外旅行の際も、海外旅行保険はかけていくべし☆
って、ことですね(この件以来、まいまいさんもちゃんと保険に入るようにしました)

海外で自分に何かあった時に、保険がなくて一番困るのは、家族だ。という意識、植え付けてもらいました。

それにしても・・・

住む世界が違う、言葉が通じない(日本語同士だけど)、人としての感情のあり方が違いすぎる。

方々って、いるんですね。

まいまいさんも父母も、(おそらく)平和な世界で生きてきたんだなぁと知りました。
そして、同時に。

弟の世界は、そうでもなかったのかもしれないなぁ。とも。

優しさと愛に溢れた、素晴らしい仲間との世界も。

自己保身と嘘にまみれた、黒々しい会社の世界も。

どちらも、現実で、弟の生きた世界だと。

今、ようやく、受け入れられたような気がします。


続く。



光も闇もあり、聖も俗も濁もある、この世界。
どこで、どんな風に、生きるかは。すべてその人次第。
正解も、不正解もなく。ただ、自分で選んだ道、だということ。そのリアル。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あの日のコートと~片つけ☆2.7 | トップ | けれど、魂は綺麗なまま~片... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

片つけ☆」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL