女はみんな「美女」である♡

オーラ・スタイリングで、女の子の「美女目覚め」を推進中♪現実主義なスピ系スタイリストが綴る女の美と恋愛とお仕事

そして、トラウマアラート点滅で婚約解消~片つけ☆1.10

2017年07月14日 | らぶ名言365
ハロ~今日もいい日ですね~
まいまいです♪

ココロにいる、過去の男を、完全に過去にする☆

まいまいの片つけ☆タスク。
最終回です〜

お付き合いしていた元彼さんと婚約したまいまいさん。

夏にプロポーズされて、
秋には両家顔合わせ(で、二次会までいく意気投合っぷり笑)

「会社は今年度いっぱいで辞めて~」
「赤ちゃんできるまでは、名古屋でも働きたいな~」
「新居どこにしよ~?」
ルンルンで、結婚生活&新生活について考えてましたよね~(遠い目笑)

と・こ・ろ・が。

そうは問屋が卸しませんえ☆

冬くらいから
「あれ?」「あれれ?」ってことが立て続き、
行く手に暗雲が立ち込め始めました。

このへんの周辺事情は、「スピねえさん」カテゴリーにてお読みください(笑)
7割死んでる!?スピ先生との出会い~スピねえさん6~
開通、そして激動期へ~スピねえさん7~
雪の戸隠、扉が開いた~スピねえさん8~
まぁ、エナジー的にはこういうことだったんですよ。

とはいえ。

エナジー問題だけで、婚約解消する、わきゃないない☆

いくらパッパラー時代まいまいとはいえ、そこはね(笑)

当然、現実世界の現実的な問題もありましたので、
ここではソレを中心に書いてみます。

最初に、まいまいさんのアラートが点滅したのは。
元彼さんの両親(特にお母様)に対する対応・態度、でした。

「うちの親は世界一~」
「親の言う通りで間違いなし~」
ざっくり言うと、こういう気配に(あくまで気配ですよ笑)

まいまい妖気レーダー、ピピピと反応☆

「コレ、ヤバク、ナイカ?」
「ハハノ、ニノマイニ、ナラナイカ?」
とね。

幼少期から嫁姑モンダイの中で育ち、

・・・嫁姑モンダイとは、三角関係ナリ☆
・・・しかるに、諸悪の根源は、夫(息子)ナリ☆

と、すでに回答が出ていたまいまいさん(笑)
「コノオトコ、ソコハ、ダイジョウブカ?」
アラート、ピコピコです(笑)

でも、まぁ・・・ね?
男の子は基本、マザコンだしね?
と、やり過ごそうとしていたところ~

結婚式の具体的な話に入りましてね。
当時「結婚ビジネスの裏側」みたいな本を読んじゃって(よせばいいのに笑)
「そんな無駄金使いたくない~」かなり拒否反応が出てました。
「そうだ!必要経費だけで!新婚旅行も兼ねてハワイで式だけっていいかも~」
日本のウェディングプランだけでなく、ハワイ挙式のプラン会社に行ったり、ハワイ在住のプランナーさんに会ったり、あれこれ(無駄金を使わない楽しいウェディングプランを)考えていたわけですよ。
そしてそれを、彼にも逐次報告していた。

と・こ・ろ・が。
「お父さんの関係者も招待しなきゃだし」
「式は地元(元彼さんの)で~」
という展開に。
まぁ、それはいいです。事情もあるし。

そしたら・・・
「ホテルだし景色もいいし、ここがいいんじゃないかと」
「こんな会場で、こんなプランで~」
「まいまいさん色白だからお着物に合うわぁ~」
どんどん話、進んで行く。

当事者(まいまい)の気持ちを置き去りに~

「・・・え?どういうこと???」
「彼には結婚式に対する私の考えを、ちゃんと伝えてあるんだけど???」
「無駄なお金をかけず、最低限で可愛く楽しくやれればいいんだけど???」

なんのことはない。
彼とのミスコミュニケーションですよ。
なーんも伝わってなかった(んだと思う)

そして、
そんな小娘の言い分など通りようもない、地方のTHE現実(今はよ~く分かります笑)。
まいまいさんも若かった、つーか青かった。

「・・いや、これはムリ」
「ここでこっち(私)の味方してくれなかったら」
「母の二の舞だ~!!イヤ~~~!!」

ものすごい反応が出ましてね~
元彼さんの地元から東京に帰る新幹線に乗った途端、
ブワ~っと涙が出て、号泣(リアル話笑)
そのまま、ずーっと泣いてましたわ☆

これが、2013年の1月。

たぶん、この時、

「・・ダメだ・・」

と、まいまいさんが強く思い、
そして、実際にダメになる方向に
どんどんどんどん、転がっていったんだな・・・
と、今なら分かりますね。

で、2013年の3月。
正式に婚約を解消して、
お別れしました。

終わり

―-

いや~書いて気づいたけど。

嫁姑モンダイ☆

まいまいさんの中で、かなり大きかったんですね~(もはやトラウマってるでしょ?これ笑)

当時の心情って、ぶっちゃけ
「元彼さんが、父みたいだったら、ヤダ~」
「ていうか、元彼さんが、父に見えた~」
こんな感じでしたもん☆(笑)

といって、まいまいさん、
父親と不仲なわけではなく。
むしろ、一緒に晩酌したりして、仲良しです♪

な・ん・だ・け・ど。

「夫としては、ゼッタイ、ヤダ」

これ、確固としてありますね~(いまだに)

結婚してから1回だけ、
ダーリンに拒否反応が出た時があるんですけど、
その時も、ブチ切れながら、

「ダーリンが~ヤツ(父)に見える~」

という恐怖と不安に慄いてましたから(内心は)
ま、誤解だったんだけど(笑)

そんなわけで、
まいまいさんの父親への思いは、若干複雑☆(つうか、トラウマってる?)

でも。

「その感覚のおかげで、今、めっちゃ幸せなんだよな~」

とも思うので(反面教師的な)。
パパ、ありがとう~♪
みたいな?(笑)


で、元彼さんの方は。

これはもう~

青い!青すぎるぞ、まいまい!

だよね。

「話したつもり」でも、
「伝わってなけりゃ」ないと同じだし。
「伝わってない」なら、「伝わるように話せばいいだけ」だし。
相手の事情も考慮した上で、こちらの希望を伝える「交渉」をすればいい話だし。

ぶっちゃけ、この時の出来事って、

「まいまいさんの早合点&勘違い~☆」

の可能性も大いにあるわけで(恥ずかしながら笑)

「元彼さんが妻を苦しめるほどのマザコンかどうか?」
「元彼さん&彼のご家族が、嫁の意見には耳を貸さない封建主義な一家かどうか?」

なんて、コレだけで判断はできない。

あらら☆まいまいさんたら、お子ちゃまね~

って感じ。

ま、要するに、当時のまいまいさんは、

「結婚できるほど、大人じゃなかった」

て、ことなんでしょう。

「人間社会では、結婚適齢期」
しかし・・
「神さま目線で、結婚適齢期では、ない」
みたいな(笑)

だから、
「その結婚ナシ~☆」
の方へ転がった。

結婚まで進んだ男女が別れるって、
原因は1つじゃないんですけど(だから書ききれない)。
でも原因の1つだなと、今は思いますね(大人まいまいのシビアジャッジにて笑)。

ホント、
こーんなお子ちゃまで、
アレもコレもこんがらかったまま結婚してたら・・・

「夫も、義父母も、生まれてくる子どもも、み~んな迷惑☆」

だったと思う(マジで)。
あの時、婚約・・解消しといて、良かった☆

のかもね?(むしろ)

――

コレでオチついたかな?

今は元彼さんもご結婚され、お子さまもいるようですし♪
まいまいさんもダーリンとルンルン新婚ライフですし♪
結果オーライ☆
な、昔婚約していた男女の話(の一部)でした。

そして、

結婚したい!のに、できな~い!!

とボヤいちゃってる、あなた。

「私って・・結婚できるくらい、大人かな?」
「神さま目線で、結婚適齢期かな?」

という目で、自分を振り返ってみるのも
一つのテかもしれませんよ。

「ここがお子ちゃまかも?」
と思うところを成長させているうちに

「あら?彼氏できた☆」
「気がついたら・・結婚してた☆」
ということに、ならないとも限りませんから(*あくまで可能性です笑)

それでは。
読んでくださって、ありがとうございます♪
少しでもあなたの&何かのお役に立てればうれしいです♪

らぶ☆まいまい



あんなに拒否っていた結婚式ですが・・実は「阿智神社で挙式して、美観地区の倉敷川で川船に乗る」という岡山県・倉敷市のベッタベッタ〜なやつをやりました☆とてもいいお天気で、皆さまに祝福いただき、とっても幸せで楽しい1日でした♪何事も「食わず嫌い」はいけませんね☆(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なんだけど、婚約しちゃう~... | トップ | 鳥取・米子〜古くて新しい街... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL