女はみんな「美女」である♡

オーラ・スタイリングで、女の子の「美女目覚め」を推進中♪現実主義なスピ系スタイリストが綴る女の美と恋愛とお仕事

「きちんと&お洒落の黒」だけど、「美しく装いたい」なら自分の肌色と相談した方がいいかも☆

2016年12月28日 | オーラ・スタイリング

美人でお洒落もキマってるけど、

なーんかこの方、いつも顔色悪い感じするなー???色黒なのー???

と(心秘かに)思う知人がいて、長らく不思議に思っていたんですけどね。

パーソナルカラーという概念を知って、謎が解けたんです☆

顔色が悪い感じ、そのキーは〜

黒、でした。

その方々に共通していたのは、黒好き。
黒がベースの、シックなお洒落がバッチリきまっていたんですよ〜(ファッション業界の方もいらしたし)

黒いトップスに、ゴールドやシルバーのアクセを合わせて、超おしゃれ!!!
センスも良くって、自分に似合うものもよくご存知で、持ち物も一流。

な・ん・だ・け・ど

肌色と黒の相性がよろしくなかったのね。
maimaiさんの感性Eyesには、黒トップスから反射するお顔〜首あたりへの影が見えていた(多分)。
だからいつも「なんか顔色悪い人」に見えてた。

でも、トータルの印象は「素敵」「お洒落」なんだよね。不思議なことに。
そのことを思うと、ファッションの奥深さを感じるし、同時に「シックな黒」の罠も感じる。


黒はフォーマルな色。
冠婚葬祭はもちろん、お仕事スーツなどにも使われ、「きちんとした装い」には欠かせない。
そしてお洒落の世界でも、一番重宝されているだろう「お洒落な色」の代表格。

と・は・い・え〜

パーソナルカラー的には

黒はウィンタータイプしか似合わない、危険な色

なんですよ、実は。maimaiはパーソナルカラーの専門家じゃないから詳細な説明は省くけど。
パーソナルカラーなんて知らなくても

「フランスに行ったらよく分かった」

んだよね。そのことは。

フランス人も黒好きで〜全身黒!!のコーディネートもよく見かけたんだけど・・

黒でも、華やか!!!

なぜなら彼女たちは〜

透けるように白い肌と、明るい金色の髪、を持っているから。
つまり、自前の肌と髪の色で、「喪服の黒の強さ」に拮抗できるわけ。

でも、黄色系の肌色と、黒い髪を持つ日本人には、それ至難の技じゃない?
だから、maimaiの知人たちは「顔色悪く」見えたんだよね。


「きちんとカラー」で「お洒落カラー」の黒だけど、顔まわりに持ってくると、

「顔色を悪く見せる色でもある」
「特に黄み系の肌色では」

ということを「装いで美しくなりたい」なら知っておくといいと思う。

これは「きちんと見せたい」「お洒落に見せたい」とは別の、
「装うことで自分を美しく」という場合の話です。

黒で美しくなれるのは、青み系の白肌さん(ここは肌写りという要素)。

しかもmaimaiの感性Eyes的には〜

黒に拮抗できる強さのある方(ここはお顔立ちやオーラとかエネルギーの要素、だたし黒に拮抗できる=大きい強い、という単純な図式ではないです)

ちなみに、今までのスタイリングで真っ黒トップスをすすめたのは1人だけ。
青み系の白肌に、切れ長の瞳と、真っ黒の髪を持つ彼女は、黒で美しくなる女性でした。

黒ってエネルギーの強い色だから、ハマると、本当〜に美しいのよ。

ま、ハイリスク・ハイリターンってこと(笑)


オーラ・スタイリングのお申込みはこちらから→☆☆☆
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スペインバルが嬉しすぎて飲... | トップ | 霊能者先生に言われたことが... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL