女はみんな「美女」である♡

オーラ・スタイリングで、女の子の「美女目覚め」を推進中♪現実主義なスピ系スタイリストが綴る女の美と恋愛とお仕事

対面、そして~片つけ☆2.4

2017年07月29日 | 片つけ☆
ハロ~今日もいい日ですね~
まいまいです♪

まいまいの片つけ☆タスク・パート2。
『2015年の出来事』
3つ違いの弟が、赴任先の中国で急死。父母とともに中国へ飛んだまいまいさん。

いよいよ病院。弟とのご対面。

まずは、ここでも~
「ちょっと待っててね、書類出して手続きしてきます」とOさん。
待合室のようなところで、待つことしばし。
「では、弟さんのところに行きましょう」Oさんの後について一同移動。

そこは・・・
病院とは別棟の建物の地下で。薄暗く湿った空気の一角。例えるなら、地下駐車場。

その奥に・・・
駅のコインロッカーのような、大きな四角が並ぶ。
「あそこ、に弟さんがいるよ」係りの人と何か話していたOさんがそう言うと、ロッカーの1つが引き出される。

奥行きの長いその箱の中に収まっていたのは、
「あぁ・・・」
紛れもなく、息絶えた、弟の姿でした。

家族・・絶叫・・そして、号泣・・
ひとしきり泣いて、泣き疲れた頃に。

「行きましょう、弟さんをここから出す手続きするよ」Oさんが言いました。
「そうだ、早く出してあげよう」と、父。
一同は再び待合室のようなところへ。今度は救急病棟(?)

思考停止して抜け殻のようになって座っている私たちの目の前で、事故か何かで運び込まれて横たわっていたお爺さんが・・ハッと気がつき、起き上がる!!
という奇跡(ただ気を失っていただけかもしれない)が繰り広げられていた。

「(彼)もああやって起き上がったらよかったのに・・」と、父。
「それより、救急なのに雑な扱い、もっといい治療、日本だったら死ななかったかも・・」と、母。
「そんなこと言ってもしょうがないよ、ここは日本じゃないし」と、まいまい。
素人目に見ても微妙な救急診察の様子に・・思わず溜息が漏れる家族。

弟の場合、突然死なので、遺族が希望すれば解剖で死因を探ることもできるようだったけど。
「ご遺族のご希望次第ではありますが・・正直申しまして、解剖して死因が特定できる保証はありません」
「日本に連れて帰って専門の病院で解剖を・・という選択肢もないではないですが。時間と費用がかかります」

そう。弟を生前の姿のまま連れ帰る、という選択肢は、日本で確認した時にすでに消えていた。
というのも。遺体を運ぶには、飛行機を1台チャーターする、勢いで席をおさえる必要があるため、かなりの費用がかかる。そして、1席も予約が入っていない便でないといけないため、時間もかなりかかる。

父も母も、異国で荼毘に付す(火葬する)、ことに抵抗がないわけではなかったが、時間と費用の両面でやむなしとなった。

「(彼)を一刻も早く、生まれ故郷に連れて帰りたい」

これがその時の父と母の唯一の望みだったと思う。

病院での親族による(弟の)本人確認と手続きが完了すると、弟の遺体は葬儀場(火葬までの間遺体を安置する所、お葬式などもできる)に移された。

コインロッカーの箱から、ベッド(病人を乗せて移動するベッド)へ。
縦横に大きい弟の体も、ようやく安心して休めているようだった。

「こっちの方がいいね、ゆっくり休んでね」
ベッドの上の弟を撫でながら、声をかける母。同じく父。

「やっと出してあげられた。遅くなってごめんね」
と、まいまい。


『姉ちゃん、ありがとう』
『お母さんとお父さんを、連れて来てくれて、ありがとう』

弟の声が、聞こえた。

実は、まいまいさん。
日本にいるときから、ずっと、弟の声が聞こえていたんです。

『暗いよ、寒いよ、狭いよ。早く出して~』

って。

「なんか・・弟の声っぽい」「でも狭いって?」

半信半疑ながらも、疑問だったんですけど。
病院のロッカー型遺体安置室を見て、分かりました。

確かに狭いわ。あんたおっきいもんね(笑)

これである種の確証を得たまいまいさん。

「いいよ、言いたいことがあれば、メッセンジャーやってあげる」

滞在中ずっと、そっちのチャンネルをオープン状態にしちゃったんでしょうね。
まぁ・・あとが大変だったけど(笑)

思えば、弟の声を聞いたのが、まいまいさんが人ならぬモノと交信した最初だったかも。
色んな意味で、鍛えられる事件だったということなんでしょう。

続く。




日別朝夕大御饌祭@伊勢神宮・外宮さん。
まいまいさんにとってのスピは、なんかいつも、THE現実☆
神さまも仏さまも、いるよね、フツーに。って感じです(笑)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 異国で死ぬ、そのリアル~片... | トップ | 何も、知らない〜片つけ☆2.5 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

片つけ☆」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL