女はみんな「美女」である♡

オーラ・スタイリングで、女の子の「美女目覚め」を推進中♪現実主義なスピ系スタイリストが綴る女の美と恋愛とお仕事

大仏さまが・・おちていく~片つけ☆1.6

2017年07月14日 | らぶ名言365
ハロ~今日もいい日ですね~
まいまいです♪

ココロにいる、過去の男を、完全に過去にする☆

まいまいの片つけ☆タスク。

何に、片をつける☆か、だんだん分かって来ましたよ~♪(ゴール見えずに走ってます♪笑)

さて、東京ー名古屋にて中距離恋愛をしていたまいまいさん。
基本、日々は楽しくつつがなく、過ぎていたのですが~

元彼さんにとっては、そうでもなかったようで。
新天地&別会社での勤務。
勝手もずいぶん変わったらしく。
日に日に疲れていったんですね~(*今思えば。meに当時そこまでの細やかさはナシ☆笑)

まずね。

会話の中に愚痴が増えました。
会社、上司、同僚などなど。

「あれがこうで、こうだからダメで~」
「こうしなきゃなのに、こうで~」
仕事の範囲も責任も大きくなって、大変だったんだろうなあ。

まいまいさんも
「そうなんだ~大変だね~」
「それはそうだね、その方がいいよね~」
など、基本は彼を肯定&傾聴。

とはいえ。
「まだまだ楽しく遊びたい~♪」
お年頃なまいまいさん(基本元気)。

「遊びに行こうよ~」
「ごめん、疲れた~」

せっかくの休日&デートなのに、ひたすら寝ている彼に不満。
「も~、(セックス)レスになったら別れるからね~!!」
プンプンしてましたわ(若かった笑)

そして当時は、

「疲れてるのはしょうがない。寝かせてあげるか~」

くらいの考えしかなく。
読書したり、1人で散歩に出かけたりしてました。

今だったら。

「そんな時こそ!海!!山!!ムリなら公園よ~」

ゼッタイ連れ出しますけどね☆

仕事の疲れって、体の疲れもあるけど、
大部分は、気疲れ・人疲れ(&電磁波疲れ)だから。
寝てても大して良くならないんですよ(体の疲れは寝ればとれるけど)。
そういう疲れは、自然や神社でリリース☆
そして、チャージ☆するしかない。

・・・無知って罪だ。

今となっては思いますが、当時はどうしようもない。
なんの知識も経験もなかったです(多少の霊障くらいで笑)

そんなわけで。
どんどん疲弊&サガっていく彼を、
手をこまねいて見ているしかなかった。

東京で会った時は、
パッと太陽のように輝いていた彼が、
どんどんくすんでいってしまうのを、
多分、まいまいさんは感じていて、
とても悲しい気持ちでいた、と思います。

続く

――

元彼さんに対するまいまいさんの心残り、それは。

救えなかった。

というものかもしれません。

彼は太陽のように輝いていて、
お顔立ちも手伝って(笑)、大仏さまのようだった。

東京で一緒にいた時は、
確かに同じところにいたのに。

いつの間にか、居場所が変わってしまった。

まいまいさんは(この時は)変わらなかった。
元彼さんが・・おちていってしまったのです・・

愚痴が増えて、黒いモノに巻かれていく彼を
多分、まいまいさんは直感的に感じていて。
でも、どうすることもできなかった。

知っていれば、救えたのに。

そういう無念があるのかもしれません。

仕方なかった。

と言うしかないですが。
でも、やっぱり、悔しいんですよね。

あ~悔しいな~
今なら、何とかできるかもしれないのにな~

と、思っちゃうんだよね。

だから。

代わりに、今できることを、やろう☆

と思います。

自分の未熟さで救えなかった人がいる悔しさを
今すべきことのエネルギーに変えよう☆

それが、彼に対する謝罪であり、
経験を無駄にしないってことであり、
自分の悔しさを昇華する手段であり、
ひいては
宇宙的にオールオーケイになる道かな、と。

だから。

私は止まらない。

マイペースだけど、
どんどん進むよ。

進むほどに、できることが増えるって
今は知っているから。

だから、私は、進みます☆


ありがとう。




悔やんでも嘆いても、時は戻らない。そしたら・・前を向いて進むしかない。それが「生きる」ってことかもね☆

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« らぶらぶだけど、地球外生命... | トップ | 大仏さまに霊障?~片つけ☆1.7 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL