まいぱん日記

身辺のことあれこれ、ちばわん元預かりっ子めぐのパパのお便り、わが家の愛犬ちばわん卒業生ジュリアのことなど 

ハクチョウゲの盆栽

2017年05月17日 | 植物

バラの展示会に行ってきた姉が、垣根を見て、「展示会でこのすばらしい盆栽があった。なんていう花?」とききます。

そのとき悲しくも「ハクチョウゲ」が思い出せず、数時間たって「ハクチョウゲ」の名を思い出し、垣根を見に行きました。

私はこの白い花が好きで、マイとの散歩途中で10センチくらいの枝を折って、垣根の下にさしておいたのでした。

それがひょろひょろ伸びて1メートル以上の高さになって、花とたくさんのつぼみをつけています。

やっぱり、かわいい花です。

ハクチョウゲの盆栽? ネットで調べたら、そう、盆栽にするのだそうです。初めて知りました。

ロシアではどうかな?と検索してみたら、ハクチョウゲは学名からセリッサ、「日本のセリッサ」というみたいです。

(あらっ、材がくさいから、「くさいセリッサ」とも。)

盆栽にして、ネットでも売られています。全部がロシアのといわけでもないのですが、画像はここです。

仕立てた盆栽で売られているのは こんなのが あります。50%オフで4200ルーブリ。今1ルーブルは2円くらいですから、8400円。盆栽として、高いのか安いのか? 

鉢に植えられた苗木は200円くらいから売られています。

ロシア人もかわいい白い花がすきなので、手元で育てて、愛でているひとがいるんだなー、なんて想像するのも楽しいです。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« いけ花教室(花菖蒲をいける) | トップ | ツバメたちの巣立ち »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ももはは)
2017-05-18 10:46:40
転勤族なので 盆栽を1個だけ後生大事に持つことが 憧れでした。が、引っ越し屋さんでは 盆栽は不可と知りました(破損したとき 大揉めになるそうです)
後生大事にと 思った花桃の盆栽は 庭に植えたら 大木となり これを見ると 盆栽で管理はできなかったと感じてます。
枯らさないようにするには? (まいぱんまま)
2017-05-18 14:45:28
木を鉢に植えると、大鉢でないかぎり、水やりを忘れて、枯らしてしまいます。1個なら、生活サイクルの中で必ず水やりを組み込んで、大事に育てられるかしら?
花が咲くものがいいですね。
白くてきれい (こまこ)
2017-05-26 19:54:13
きれいな花ですね。見たことがありません。ロシアでもあるんだ。知らないことがいっぱいです。
きっと見たことありますよ (まいぱんまま)
2017-05-27 07:12:00
こまこさん、うけとりました。ありがとう!
ハクチョウゲは、きっと見たことあると思います。
見ていても気づかないような花なんです。木全体に咲いていても、知らないと目に入ってこない、そんなちいさな木です。ロシアには多分盆栽で入っていったんだと思います。植物相が豊かとはいえないから、外来植物を受け入れることに貪欲(笑)。日本の庭木はたいていあると予測してます。それにソ連時代に娯楽が少なかったから、植物を育てるのが好きな人が多いです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。