まいぱん日記

身辺のことあれこれ、ちばわん元預かりっ子めぐのパパのお便り、わが家の愛犬ちばわん卒業生ジュリアのことなど 

いけ花教室(花菖蒲をいける)

2017年05月16日 | いけばな

「花菖蒲を活ける」 花材: 花菖蒲 雪柳

いつものように一番早いFさん。

「自然に生えているようでわるくないですよ」と先生。

葉に表情をつけて、雪柳の位置を手直ししていただいて

Kさんと私も活け終わっていて、今日は私から。

花菖蒲の葉を見て下さい。表情ついてるでしょ?(笑)

でも葉が前に傾いていると注意されました。後ろにそりすぎるのも逆に前かがみもいけないんです。

葉の表情も「こう、ためて」と先生。「あら、葉も枝といっしょなんですね。しごくじゃないんだ」

といったら、みんなに大笑いされました。(前回、しごくって書きましたね

「撓める(タメル)」です。国語辞典に「曲がっているものを伸ばしたり、まっすぐなものを曲げたりして、

形を整える。」とあります。

この言葉を、教室で先生は非常によく使われます。だいたい、曲げる時が多いです。

2本の花の位置、左の枝は「とてもいい」とほめられました。先生は必ずどこかほめてくださいますね。

先生に手直ししていただいたあとです。

 Kさん。

Kさんはフラワーアレンジメントをされていたので、低くまとめる傾向が

あるんだそうですが、花菖蒲はすーっと少し高くした方がよかったそうです。

枝をうしろにしたのですね。

これは先輩。さすがです。

生花(せいか)の「花菖蒲の一種活け」です。花5本、葉は9株か11株にいける。

家で。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 八王子いぬ親会、たくさんの... | トップ | ハクチョウゲの盆栽 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。