まいぱん日記

身辺のことあれこれ、ちばわん元預かりっ子めぐのパパのお便り、わが家の愛犬ちばわん卒業生ジュリアのことなど 

いけ花教室 (造形的に活ける)

2017年06月19日 | いけばな

今日の私たちの課題は 「造形的に活ける」 花材 がま ヒマワリ

少し教室についたのがおそくなったら、ギボシの一種活けを終えてるひともいます。

私たちはガマとヒマワリ。

ガマをこんな近くで初めてみました。しっかりしていて、風格があります。

「今日は造形的にいけるです。はめをはずしてね」と先生。

これはなかなかむずかしそうです。

Fさん、先生にみていただいたあとです。Fさんはいつも素材を自然に、あまり

手を加えず、のびのびと活けるので、私の画像ではいつも頭がちょんぎれて

しまって、ごめんなさい。

Kさん、先生に見ていただく、前です。↓

造形的ですてき。

見ていただいたあとは ↓ ヒマワリを1本減らして、ガマの葉を加えたんですね。

私は、ヒマワリ3本をガマの葉でぐるぐるまいてみました。

ガマは1,2本折って、葉もある程度残しました。なんか、まとまりが悪い。

(撮るのを忘れました。)

ヒマワリを葉で括ったのは、意外性があって、華展でも使えるアイディアで、

もっとヒマワリを使っても面白いしとのこと。

でも、今の私はアイディアはときに(たまに)ひらめくけど、そのときの花材との

組み合わせでまとめられないんですよねぇ。

ヒマワリを中心に構成するのがいいということで、ガマはみな抜かれてしまいました。

生花の先輩たちは、ギボシの1種活け。

大きなギボシで、存在感があって、すてき。生花にはいけ花のよさがあります。

仕上げに葉に霧を吹きます。

家で活けていたら、重たいので、ひっくりかえり、器を割ってしまいました。

それで、毎度おなじみの水盤になりました。

なんとか見事ながまをすーと立てて見たかったです。

考え合わせるに、植物好きの私は花材のひとつひとつに反応してしまって、

それらを使って、構成することができないということか

これからは、まずメインにする花材を決めてから活けることをやってみるのが

いいかもしれませんね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 雪かきならぬ、雹かき | トップ | 今にも開きそうなモンステラ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ももはは)
2017-06-20 10:48:26
ギボシの花が咲いたら 1種いけに チャレンジしてみたいです。
Unknown (まいぱんまま)
2017-06-20 15:24:27
ぜひ! 自由化は楽しさがありますが、やっぱりいいですね。これは水盤に剣山なので、すごく早くみなさん活け終わりました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。