まいぱん日記

身辺のことあれこれ、ちばわん元預かりっ子めぐのパパのお便り、わが家の愛犬ちばわん卒業生ジュリアのことなど 

お正月花を活ける(餅花を添えて)

2017年12月29日 | いけばな

28日、お正月花の講習に行きました。

この講習は一般の方も対象で、今日は参加者10人くらい、いつものお教室からはアシスタントの岡本さんを

ふくめて、3人でした。

UPしてみると、やっぱり餅花をつけた枝垂れ柳のしだれ方がすてきですね。

よく見てから、活ければよかった

こんな風にして、紙粘土で餅花を枝につけてゆきます。

餅花をつくってしまえば、あとは青竹なので、活けるのはすぐおわりです。

上の方のとくらべると、わたしの餅花は大きさいろいろ。

ユリはもう少し下のほうがいいのでは?と先生にいわれたのですが、

咲いてくるときのことを予想して、このままにしました。

これは同じ教室の先輩の作品です。

枝をこんな風にされた方もいます。

前の席の方は対照的ですね。

みんな、活け終わりました。

やっぱり正面の先生の枝の枝垂れ方がすてきです。

最初に枝がこういう枝垂れ方をするようにためたのかしら?

 ももははさんが早速メールをくださいました。

「餅花は 粘土をつけるときに 枝のしなりを 粘土の重さで受け作ります。

(本物は 紅白のお餅、高山のお正月飾りで 名古屋では 11月ころ 販売されます。

ほぼ 当日 売り切れ。祖母が好きで毎年買ってました。今は 買いませんが)」

ありがとう。今も人気があるのですか。あたたかくて、すてきですものね。

おばあさまの思い出の餅花ですね。(まいぱんまま)

みなさん、お家でこれを飾ってお正月を迎えられるんですね。よいお年を!

コメント

いけ花教室(お正月らしく活ける)

2017年12月19日 | いけばな

カメラを忘れました。

課題がなんて板書されていたかも正確ではないのですが、大体こんなところかな?

花材は、ボケ、ストック、レモンリーフ。

教室では「口のせまい花器がいいですね」と先生がおっしゃったので、口のせまい、高さがある程度ある

四角い花器を使いました。

めずらしく先生にほめていただきました。(いい年して喜んでこんなこと書くの、おかしいかもしれませんね

これは家で↓ 自信があったのですが(ちょっとほめられただけで)、花器のせいでしょうか(自分以外のもののせいにする)

うまく活けられません。

夫が花器に対してボケの枝が高すぎる、ストックが低すぎるといいます。

それで翌朝(つまり今)掃除もせずに、枝を短くして、活け直しました。

下に置いてあるモンステラの葉が入ってしまいました。

どうやっても、大したことはありませんが、いろいろ忙しい日なので、

これでおしまい。

コメント

いけ花教室(クリスマスを活ける)

2017年12月04日 | いけばな

むずかしい組み合わせ、「まとまらない」とKさんとふたりで悩んでいる間に先輩は出来上がり。

先生に手直ししていただいたあとです。

いつも先輩「さすがー」なのですが、今回も同じく。白い枝をためて使って

ます。↑

これは、われら三人組のKさん。これも手直ししていただいたあとです。

すっきりまとまってますね。

次は私。

山帰来の実のつながり方がきれいなので切らずに丸ごと吊るしました。

白い枝を折って枠を造ったのですが、折り方が乱暴すぎたようです。

右の折れた(折った)箇所を先生がモミの小さな枝で隠してくださいました。

そのため実も右にぶら下げる結果になって、イメージとちがってしまって、残念。

なんだか、枠が大きすぎるし、枝も花もいじりまわしているうちに、

ちんちくりんになってしまって、下手くそー

↓Fさん、病院へいっていたとのことで、おそくなりました。

時間がないので、先生が大体活けられたのかな。

すっきりしていて、すてき!

早く終わった先輩がホール用を活けてくれました。

クリスマスらしいです。

 終わってみれば、枝を折った乱暴者は、私ひとりでした~。

(次回は枝ものはためるぞ!)

めげずに家で活けてみました。

ちょっとイメージに近くなったかな。

花器は、最近ネットで購入しました。今回は口のせまい花器でないほうがよかった?

迷いが多くなりました・・・・(笑)

12月6日

金魚草が伸びてきてバランスわるいかな?と寝起き一番、パジャマのまま

活けなおしました。暇人・・・

どうでしょう? えっ、どうでもいい?  

コメント (4)

いけ花教室 (赤目柳、椿、菊)

2017年11月21日 | いけばな

今日は遅刻したうえ、椿の枝に手間取り、赤目柳をためるのに時間がかかり、画像はこれだけです。

自由花の先輩の作品。先生に手直ししていただいたあとです。

ためた赤目柳の枝々の作り出す線の面白さがポイントですね。

私のも先生が手を入れて下さったあとです。

私は椿の大枝を大きなままま使いたくて、葉や小枝を切るのに時間がかかってしまいました。

こう見ると大枝に見えませんね。

 

ERIさん のおうちの腎不全で闘病中のゆうまくんは、20日午前9時半に天国に旅立ちました。

夕方、お別れに行ってきました。きれいで、まだ生きて、眠っているみたいでした。

おどろくがんばりを見せたゆうまくんとすべての力を注いで支えたERIさんとの4カ月半でした。

帰りに送ってくれた車の中でERIさんが、ほとんどの時間を考えることをゆうまに使っていたので

今は何をしていいか分からないといいました。胸にこみあげるものがありました。

ゆうまくん、安らかに。お空をかけまわってください。

 

コメント

いけ花教室 (晩秋を活ける 11月6日)

2017年11月06日 | いけばな

(2週間前の教室 大分遅れましたが、少しだけですが画像があったの・・・)

今日は先生が足を痛められ、歩けないとのことで、お休み。代わりの先生です。

私たちは自由花の「晩秋を生ける」です。

Fさんはお休み。

最近腕をあげているKさん。

↓いつまでたっても下手くそな私。両手を開くようなところがダサいですね。

どちらかをもっと短くすればよかったな。

もう長いこと自由花をされている先輩は、さすがです。

Kさんとホール用を活けました。

この花材、むずかしい。

↓生花。チョウセンマキとキクです。

 

コメント

いけ花教室(ピンクッションを活ける)

2017年10月31日 | いけばな

今日の私たちの課題は真ん中の(研究会)です。

花材は、雲竜柳(一本立)、漂白ヤマシダ、ピンクッション

一本立ちというのは枝分かれしていないの意味です。

ピンクッションは初めて。

これはKさん。(Fさんはお休み。)

「活け終わったら、ぐるーっと花器を回して、一番よく見える位置を探す」

と先生はよく言います。

みな、先生に手直ししていただいたあとです。

山シダは上のように丸くすることもできます。

私のはこんな形です。

全体はこんなです。なんかおばけの子どもが途中に引っ掛かってるみたいですね。

ハロウィンだからいいかな?

自由科の先輩のは、あっさりと。

Kさんと私でホール用に活けました。

10月から新しい方が入りました。

それで、一番最初の型です。真の基本花型の本勝手。

 これは生花の根締め活け。(花材 石化エニシダ、中菊)

                                      

 

 

コメント (4)

いけ花展(つづき)

2017年10月25日 | いけばな

花展の土曜日(21日)の受付を急にたのまれました。

翌日片づけができないこともあり、できることはしなければと引き受けました。

作品はほとんど撮ってきませんでしたので、少しだけ。

同じ流派の方のもの。

おそらく針葉樹がお好き、そして針葉樹の緑と赤の組み合わせがお好きだと思う。

一番多く参加されているのが小原流です。

今好まれている、勢いのある流派なのかもしれませんね。(私の勝手な推測です)

盆景みたい。私もいつかこういう感じでお気に入りの風景のような作品をつくりたいです。

↓ この作品が私の関心をひいたのは、黄色のフォックスフェースの数の多さ(ひとつがけっこう重たい

のだそうです)と上で垂れる実がセンダンの実だと知ったからです。センダンってこういう実をつける

んですね。ザクロも使われて、果実で統一されてるんだ。一見そう見えないところが面白い?

↓ 池坊の89歳の小野澤春月先生の作品です。

生け花もいろいろありますが、伝統にうらうちされ、奥が深い、すてきな作品

ですね。名札の名は消してしまったのですが、消さずにおけばよかった。

 受付の席近くにいらっしゃったので、先生から少しお話しをうかがいました。

竹は金明竹という種類だそうで、京都から送っていただいたそうです。

竹の葉は縮んでくるので対策にハンドクリームのももの花をぬってあるとのこと。

花展を元気づけている子供いけばな教室の作品の写真が残念ながらUPできないのですが、

子供教室を13年前に立ち上げたのが先生で、今は娘さんが指導されています。

先生は89歳。びっくりです。

           (写真をUPする許可いただいてあります。)

おしゃれはいいですね(私は反省、反省)。 こちらの気持ちもしゃんとさせてくれます。

また来年の花展でお会いできることを楽しみにしています。

                   

コメント (4)

いけ花展の活け込み

2017年10月19日 | いけばな

昨日、市の文化祭のいけ花展の活け込みでした。私クラスでもけっこうな荷物で、夫に車で送ってもらいました。

お花は体力がないとつづけられません。そういえば、お教室の先生は具合がわるいときでも、気力体力があって、いつも感心してます。体力は全部ではないけど、大きな部分気力の問題でもありますね。

いけ花展は19日~22日です。22日に終わってから片づけをするのですが、あいにく月1回行っている会で報告する番とかちあってしまいました。

片づけをお教室の八王子在住の先輩がしてくれるというので、参加することにしたのでした。

でもお花に集中できず、花材も月曜日にお教室で使った豆柿と前からアモーレフィオーレに頼んであったストレリチアで、先生が大丈夫と言ってアドバイスをくださったので、これで間に合わせることにしました。でも合いそうにない花材かも?石化ヤナギにすればよかった?とぐずぐず。花器はお教室から借りてきました。

やっぱり予想通りの出来です。場所もひとり50センチで、せますぎる。

 おとなりの先輩。渋谷でも目をひく作品でしたが、今回も斬新ですばらしい。

隣で見ていて、センスよく迷わず仕上げてゆくことに本当に感心しました。

 

 お家の畑のひまわりです。上のを裏向きに、曲がった茎をそのままに生かしてます。

モンステラはヤマトママさんにいただいたわが家のです(笑)

右隣は82歳のIさん。ささっーと手慣れた様子で活けられました。

Kさん、前から雲竜ヤナギの細枝で形を作って、花をさすといってられました。

何度も頭の中で反復されて、今出来上がりつつあります。花展に出す場合、自分でもこうありたいです。

できあがり。愛らしく、いいですね。

これは2番目にお年がいってるという方です。場所が狭いので、これくらいがちょうどいいかも。

バレリーナみたい。モンステラを使う方は多いです。

 まだあるのですが、活け込み中なので、とりあえず、ここまで。

コメント

「いけばな龍生展2017」(渋谷) 行ってきました

2017年09月29日 | いけばな

渋谷の東急本店とBUNNKAMURAでやっている花展に行ってきました。

今、生け花をやる若い人はあまりいません。このままだといけばな人口は減っていくばかり。

なんとかしなければとの危機意識を、おそらく、各流派がもっていて、なにか対策を考えていると思います。

これもそうした試みのひとつみたいです。渋谷で近隣とのいけばなによるコラボやネット発信。今年から毎年渋谷を拠点にいろいろやってゆくんだそうですよ。

いけばな龍生展2017IKE-BUZZ(いけばず)https://www.shibu-ike.com/ryuseiten/ 

10月3日まで。終わると今回の作品もUPしてみられるのでしょうが、いくつか作品をのせておきますね。

                               

カルチャーセンターの教室で一緒の先輩(生け花歴の年齢が)の作品。

     

WEBで作品・作者紹介もしています。

【メッセージ】

花器、カゴは手作りでこだわってみました。
カゴの中から勢いよく、とび出す芋の茎の力強さとトウガラシの可愛さをいけてみました。
★八頭は私の畑で取れたものです。

【花材】 

  • 唐辛子 (トウガラシ)
  • 八頭 (ヤツガシラ)
  • 石 (イシ)
  • サツマイモツル (サツマイモツル)

 

↓これも教室の先輩。赤いのは、ほうづきです。

 

【メッセージ】

畑の隅にたくさんのほおずきを見つけ、赤や緑、黄色の色が可愛くて作品にしてみたいと思いました。

【花材】

  • 鬼灯 (ホオズキ)
  • 雲龍柳 (ウンリュウヤナギ)
  • 葉蘭 (ハラン)

 

キャベツ何個でしょう? 5個? ユーモアがあって、存在感がありますね。私はこういうの

好きです。でも教室の同期のFさんたちだったら、八百屋に積んであるみたいっていうかな?

 

アンダーライトの作品。

この綿毛の塊はなんでしょう? タンポポ? ちがいますね。

 

この作品は何も考えずに好きみたい。胸にすーっとはいってきました。 

 

↓これは家元のとても大きな作品なのですが、この撮り方ですと大きさがまるでわかりませんね。

上は天井と思って、見て下さい。家元は筑波大の建築科卒だそうです。作品から感じられますか?

 

花展は花材を運ぶのも大変。気力と体力なしではできません。この赤い茎はヨウシュヤマゴボウ?

大きな株を集めておいて、こんな風に使う方がいるなんて、いいなー。

 

枯れたアロエ?の葉かしら? 枯れかけたストレリチアもいいですね。

まとめあげる力がいりますね。

 

↓カルチャーセンターで教えていただいている才郷先生の作品です。

鮮やかな青の箱(平面に見えますが)がテーマの「凸と花」通りにでっぱっているユニークな作品。

WEBで値をつけて買うことも、製作依頼することもできるんですって。

Bunkamuraギャラリー

凸に花

【メッセージ】

五輪の輪をイメージし、世界が平和であってほしいと願い竹を裂いて輪をつらねるように制作をいたしました。

【花材】

  • 大王松 (ダイオウショウ)
  • 竹 (タケ)

【出展作品設定価格】

¥100,000

 
 
 
↓私は存じ上げないのですが、名前に「暲」の字がついているので、先生のお弟子さんのようです。
ゴッホのひまわりのようで、目をひきます。私をふくめて何人かのひとがカメラを向けてました。

 

うーん。やっぱり、気力と体力を感じます。今の自分にない?ものに

あこがれてる?

オブジェみたいのばかりUPしましたが、もちろん生花や生け花らしい作品もたくさんあります。

ひとりで行きました。楽しみました~。

コメント

いけばな教室(「風を感じて」)

2017年09月22日 | いけばな

なおみさんが見学したいというので、一緒に行きました。

今日は渋滞で花屋さんの花材が届かなかったとのことで、先輩の生花の方たちも

同じ課題と花材です。

 「風を感じて」 (花材ーコスモス ワレモコウ オウロレウカ) 

すみません、今回は大手抜きで、ただならべるだけ。

どれも先生に見ていただいたあとです。

Kさん、

 

大ベテランの先輩、

 先輩、

私↓

なおみさんもお稽古をつけてもらうことができて、暑い中

行った甲斐がありました。

「風に吹かれて」って感じがしますね。

今八王子は市制100年で花と緑のイベントをあちこちでやっています。

帰りに八王子駅のオリンパスホールに寄りました。八王子メンバーの作品。

 

コメント

生け花教室(実を活けるほか)

2017年09月05日 | いけばな

Kさん。すっきり活けられてます。

このように左側(向かって)は実の枝をおさえるとメリハリが効く。

Fさん。

下のほうの右がわの実のマッスが面白いそうです。

左右対称は、生け花では避けると先生はよくおっしゃいます。

生花。菊が足りなかったそうで、リンドウで。

私は、花展準備をすることになってました。

去年2月の花展で使った枝と泰山木の葉をたくさんもってゆきました。

先生が枝をきってきてくださって、花器はYさんからお借りし、持ってきていただきました。

「これをね、こんな風に置くのはどうかしら」と先生。

おお~。すごいなぁ。

泰山木の葉は穴をあけて吊るす予定でしたが、予定変更して、今日の花材をつかってみる(先生が)。

どうかしら?

思ってもみなかった、モノがどんどんできてゆきます。

これは新米の私へのひとつのサンプル見本です。

私はどうしましょうか?

さて、問題は帰りです。

私は先生が切って来てくださった枝(+自分の持ってきた枝)、花材、大きな花器を自力で

持って帰らなければなりません。枝はKさんとFさんが懸命に全部ひとつに枝が飛び出さ

ないように何重にも紙にくるんで、くくってくれました。でかっ。

それを前にかかえ、リュックをしょった身体に花器やら花袋やらふらさげて、

やっと帰宅いたしました。花展には体力が必要です。

コメント

生け花教室(石化エニシダ、グラジオラス、カスミ草を活ける)

2017年08月22日 | いけばな

(研究会とあるのは、私たちレベルの(三級)研究会が本部であり、そこでやることをここでもやって、

いつでも参加できるようにという親ならぬ先生ごころでしょうか。)

 さて、花材はその日に教室に行って分かります。

活けはじめるとき、どんな出来上がりにするかを考えないで、私は活けはじめます。

まず、最初は、中心に何を使うか、です。

先生が、「グラジオラスでなくても、石化柳でもカスミソウでも、どれでもいいですよ」と言われました。

でも、凡人は一番目立つグラジオラスに手がいきます。

Fさんが、「先生、先がこんなに曲がっていますが、切ってしまっていいですか?」

「このグラジオラスの面白さを生かして、活けてみて下さい」と先生。 

 Kさん、すぐ終わる。あら、石化エニシダを中心にしている! 凡人ではないぞ

↑「石化エニシダをそのままでなく、手をいれてみてください」ともう一回挑戦することに。

私は、グラジオラスの葉を全部丸くして、足元にさしたのですが、

「まあ、わるくないけど」って、全部ぬかれました。

石化エニシダは葉をいじっていたら折ってしまったので、両方折りました。これはありだそうです。

葉は2枚ほどからませるように活けました(先生が)。

カスミソウをうしろのほうに1本。私には思いつきもしない技(わざ)です。

今度挑戦してみよう。↓

私のって(先生の手直し後ではありますが)、素っ気なくて、男っぽいと思いませんか。

↓Fさん。先生がエニシダの葉を撓めて動きを出すといいとご自分でやられる。

エニシダは撓めやすい花材なのに(多分)私たち撓めることをしませんね。

↓再挑戦のKさん。少し手直ししていただいたら、すてき。

エニシダの葉を見て下さい。カスミソウもいいですね。

先輩の生花(せいか)です。この葉はここにこう、ときまりがあるようです。

生花が剣山だとすぐ終わります。

ホール用。私が先生がいわれるとおりに活けました。

本日終了。

コメント (4)

生け花教室 ( すすきの穂をどう扱うか)

2017年08月08日 | いけばな

本部での3級の研究会と同じ花材で活けてみる、造形的に、ということでしょうね。

Kさん。

すすきはすごーく丈があって、茎がしっかりしています。

どうしても立てたくなるのですが、Kさんは穂だけ、それも自然のすすきとは反対に穂を低く、

足元に配置しています。意外性が面白いですね。ほめられました。

先生にちょっと手直ししていただいたあと。

Fさん。すすきの穂と葉に工夫があります。

あら、肝心の穂がありません

「かたまらないように」と先生。

↓できあがり。

私は、はじめ先生が「こうして穂をさげてみるとか」と例におっしゃったことを全部の穂に

やってみました。メインはすすきですから全体に乾いた感じを出そうと鶏頭の葉もほとんど

とってしまい、3本あるうちの2本だけを使いました。

ほめていただきましたけど、先生がおっしゃったことをやったんですものね。

おみなえしを下にしたのもいいそうです。どうせなら、もっと下にする。葉のあつかい

に工夫が必要。

すすきの葉をからませようとするのですが、いうことをきいてくれなくて、ギブアップ。

先生にやっていただきました。

やっぱり、ずっとよくなりました。

生花は檜扇の一種活け。

祇園祭の花ですが、家でも今咲いてます。

葉がこんなに曲がってる。十二単のように合わさっているのが、すてきなのに・・・

でも先入観をもたなければ、これはこれですてき。

8本、1500円、お買い得?

一種活けはいいですね。

ホール用。三人で、あれこれいいあいながらの合作です。

先生が、前方の下にドラセナの葉をまるくして活けられたのが、やはり、効いてます。

同時期に教室に入った三人が同じ花材で活けるのが、楽しさを増してくれます。

夜中に活けました。鶏頭は、せっかくなので、3本使いました。

一番短い鶏頭の位置がまずいですね。見る位置でも違うのですが、

この位置からだと3本が等間隔に見える。これはなんというか、風情が

ありません。撮り直すのめんどうなので、このままUP

 

      **********************************************

水切り(水揚げ)をよくするために以前おしえていただいた方法

 すすき すすきの茎を切ったら酢につける。

 桔梗 茎をつぶして、塩をすりこむ。水に放つ。 

コメント (5)

生け花教室 

2017年07月17日 | いけばな

今日は休日のためか、三名お休みです。三人組ではKさんがお休み。

その代わりと言っては失礼ですが、先生のお家のお稽古に通われているTさんがいらっしゃって、次週本部である研究会(三級)のための練習をされます。それに私たちも便乗。研究会には私も出席できるようになったそうで、先生に勧められるのですが、今はむりです。

研究会ではコスモスとフェニックス、カスミソウだそうですが、今日はこれで代用。

研究会は、ただ活けるのではなく、「目的を持って活ける」のだそうで、この花材で

どうしましょうか?

Fさん。葉をとり、花をいくつかポイントをつけ、足元はフェニックスの葉を

やさしく垂らすようにしてあります。

先生が少し手直しされ、できあがり。

足元でカスミソウを葉がおおうように活けたのがとてもいいそうです。

これは私。先生にみていただく前は、葉を何か所か結んで花をかこむようにしました。

アイディアはよかったそうですが、研究会はこうすると目的をもって活ける。

だから、結ぶなら、中途半端でなく全部結ぶこと」といわれました。

全部結んでみると、たしかに、納得しました。

高く一本花を活けられたのは、先生。さすがですね。私は思いもつきません。

さて、研究会の本番練習のTさん。

葉を全部折りました。折られた葉先がなんだかふわふわと動くんです。

昆虫みたいで面白いと先生。

カスミソウは花をむしってもよいといわれ、そうされました。

なんだか虫に食べられたみたい。イメージをかきたてる?作品。

↓ ほとんどFさんが活けたホール用です。 

先輩の生花。

コメント (2)

生け花教室 (造形的に活ける)

2017年06月19日 | いけばな

今日の私たちの課題は 「造形的に活ける」 花材 がま ヒマワリ

少し教室についたのがおそくなったら、ギボシの一種活けを終えてるひともいます。

私たちはガマとヒマワリ。

ガマをこんな近くで初めてみました。しっかりしていて、風格があります。

「今日は造形的にいけるです。はめをはずしてね」と先生。

これはなかなかむずかしそうです。

Fさん、先生にみていただいたあとです。Fさんはいつも素材を自然に、あまり

手を加えず、のびのびと活けるので、私の画像ではいつも頭がちょんぎれて

しまって、ごめんなさい。

Kさん、先生に見ていただく、前です。↓

造形的ですてき。

見ていただいたあとは ↓ ヒマワリを1本減らして、ガマの葉を加えたんですね。

私は、ヒマワリ3本をガマの葉でぐるぐるまいてみました。

ガマは1,2本折って、葉もある程度残しました。なんか、まとまりが悪い。

(撮るのを忘れました。)

ヒマワリを葉で括ったのは、意外性があって、華展でも使えるアイディアで、

もっとヒマワリを使っても面白いしとのこと。

でも、今の私はアイディアはときに(たまに)ひらめくけど、そのときの花材との

組み合わせでまとめられないんですよねぇ。

ヒマワリを中心に構成するのがいいということで、ガマはみな抜かれてしまいました。

生花の先輩たちは、ギボシの1種活け。

大きなギボシで、存在感があって、すてき。生花にはいけ花のよさがあります。

仕上げに葉に霧を吹きます。

家で活けていたら、重たいので、ひっくりかえり、器を割ってしまいました。

それで、毎度おなじみの水盤になりました。

なんとか見事ながまをすーと立てて見たかったです。

考え合わせるに、植物好きの私は花材のひとつひとつに反応してしまって、

それらを使って、構成することができないということか

これからは、まずメインにする花材を決めてから活けることをやってみるのが

いいかもしれませんね。

コメント (2)