まいぱん日記

身辺のことあれこれ、ちばわん元預かりっ子めぐのパパのお便り、わが家の愛犬ちばわん卒業生ジュリアのことなど 

天橋立へお出かけ(めぐぱぱ)

2017年02月24日 | めぐちゃん便り

 めぐちゃん便り byめぐぱぱ

めぐは寒くても元気に、毎日3回、欠かさず散歩に出かけていますよ。 

少し前の画像ですが12月に京丹後の天橋立まで出かけました。

 

 めぐちゃん、股のぞきは出来ないので正面から絶景かなぁー。

 

帰りに近くのみかん農園でみかん狩りをしてきました。

 

車で移動中はぱぱの膝枕でのんびりと・・・

めぐぱぱさん、天橋立は、ほんとに絶景ですね!

めぐちゃんもきもちよさそう♪

でもぱぱの膝枕が一番きもちいいかな?

コメント

いけ花教室(桃の節句をいける)

2017年02月21日 | いけばな

私たちの課題は「桃の節句をいける」です。

「(中心になる)真の枝を10度かたむける」とだけ、先生からいわれました。

今日もFさんは仕上がりが早い。いじりまわさず、花材の持ち味に素直に活けるからかしら。

「先生、お願いします」

「とてもいいです。特にアイリスがいい」

カスミソウの量と位置だけちょっとなおされて、ほとんど手直しなしでした。

Kさん ↓ いつも足元を大事にされて、活けてます。

「とてもいいです。」先生の手直しなしでした。

さて、ぐずぐずと時間をかけて、私は3人のうちでいつも仕上がりがびり。

桃の節句らしくないですね。

私もOKでした。枝の使い方をほめられました。

時間があったので、先生が「この枝、つけておきたいでしょうけれど、

とってみていいですか?」と活け直しされます。

この枝をとる。

↓できあがり。いかがでしょうか? 

 先生はひし形と何度かいわれてましたから、ひし形を意識されて、活けられたと思います。

「いけばなは引き算です」っていつもいわれますが、これも引き算の作品ですね。

アイリスは全部使わずに2本、カスミソウもほんの少し。

アマリリスの一種活けです。

先生が活けられたのはホールに飾ってきたので、家では別の花材で活けました。

両側の枝がY字になってしまったのと、カスミソウがまずいなー。

人形用の屏風とぼんぼりは、この前のアモーレフィオーレのマドベ展で買いました。

紙製です。人形は犬です。

コメント (2)

庭の胡蝶蘭(なおみさん)

2017年02月20日 | ハワイの植物

 

「胡蝶蘭て花が咲き終わった後茎を切るのですね〜  知りませんでした。 

我が家の胡蝶蘭は根が伸びて木の幹に張り付いたり地中をはっています。

でも咲き始めました。

                                         

天気予報では明日から大風が吹くそうです。  蕾が落ちない事を祈るばかりです。」

”胡蝶蘭って、こんなに逞しいんですね。日本の胡蝶蘭のイメージとはまるでちがう。

根と花の対照的なところが感動的。”(まいぱんまま)

コメント

菜の花(ももははさん)

2017年02月19日 | 植物

買い物途中に 菜の花が咲いてました。

 菜の花をみると ららを思い出します。

私が言うのもなんですが、ららは 幸せだ。菜の花で 思い出してもらえるなんて。羨ましい(笑)

     もうこんなに咲いているなんて、びっくりです。菜の花って、寒さに負けないんですね。

     ららちゃん、明るくてこだわりがなくて、菜の花娘でしたね。

 

コメント

ドラセナ.コンシンネ・トリカラー 切ってしまうつもりでした(なおみさん)

2017年02月17日 | ハワイの植物

「葉はドラセナ.コンシンネ・トリカラー 

30数年前に30センチ位の木を教会のバザーで購入。  余りに高くなり持て余し今年は切ってしまうつもりでした。

ところが、(龍生派130周年記念展の)作品集(26p)の中で花材として使われているのを発見。  今は大事にしています。  

剪定後の枝も水につけ根が出るのを待ち、葉は生花にと、、、

たのしんでいます。

 

枝は黄色の花が咲き同時に赤い実もなります。  こちらではミッキーマウスの木と呼ばれていますが、

正式名称ではないと思います。」

一般的にはミッキーマウスの木 (ミッキーマウスノキ Mickymouse Tree)っていうみたいですよ。

実のつき方の画像を見ると、ほんとにミッキーマウスみたいなのですね。ここ

↓うちのドラセナ・コンシンネです。大きさは、まるでちがいますけど。

去年花束にはいっていたもので、花瓶に挿しておきました。4カ月くらいたつでしょうか。

根が出てます。

コメント (2)