With my Montedio

モンテディオ山形の応援、観戦記事等

第40節ホームV・ファーレン長崎戦予習

2016年11月04日 16時24分58秒 | モンテ、サッカー
いよいよ残り3試合。
最終節がホームで北九州戦ですが、
そこまで持ち越すことなく、残留を決めたい。
それにはこのホームでの長崎戦を勝つこと。
今の長崎についてちょっと調べてみます。


1.終盤戦の展望(J2マガジン最新号より)
  総合評価:C 永井という絶対的ストライカ―は存在するが、
         あと1点が奪えない場面も多い。  
         守備は改善しつつも昨季のような盤石さはない。
         現在のチーム力は中の上か。
         今後連携を深め、攻守のイメージをチーム全体に
         浸透すればPO圏も。

    攻撃:C  攻撃の幅広がる。永井に次ぐ得点源不足。
         パクヒョンジンの精度の高いキッカーを
         セットプレーで生かし切れていない。

    守備:D 選手が大幅に入れ替わり、バランスと連携が
         構築できず。3-5-2にして守備の役割
         明確に。夏板井を補強。

    采配:C 3-4-2-1から3-5-2に変更し、
         チーム状態を好転させる。


2.対山形戦成績(最近の5試合)     
  山形の2勝2分1敗。今季前期は長崎で1-1


3.最近の布陣    3-5-2
FW      永井    木村
MF      梶川    白星東
  パクヒョンソン  田中     岸田
DF  前田     村上     趙民宇     
GK         大久保                                                              
        
4.前節までの結果(最近の5試合)
●第35節横浜C戦(H) △2-2
    互いのエースが2ゴールずつを奪い合い引き分けに。
    前半横浜が2点先行。以降は長崎が運動量で圧倒。
    クロスを上げた村上、合わせた永井ともにフリーで得点。

●第36節群馬戦(A) ●0-3
    長崎は前から押していたが、群馬がスーパーゴールで先制。
    後半11分に2点目、ロスタイムに1点取られる。

●第37節山口戦(H) ○2-1     
    長崎は山口のパス回しを警戒し、ロングボールを利用。
    ファーストプレスに後が続かない場面もあり
    主導権を握れず。後半9分に先制。ラッキーなPKで追加点。
    その後押し込まれ1点を返され立て続けにピンチを迎えるが、
    リードを死守。

●第38節千葉戦(A) △0-0
    千葉は前半から両サイドで厚みのある攻撃も
    シュートは枠をとらえず。主導権は千葉だが、
    スコアレスドロー。

●第39節北九州戦(H) △0-0
    序盤はボールを支配され、攻撃に転じてもパス繋がらず。
    選手の距離感を修正すると、パス回しにリズムが。
    後半の決定機を仕留められず、完封はしたものの
    2試合連続で無得点。


5.前節北九州戦から
  ボールがある程度のところに来るとプレスをかける。
  ボールを奪っても早い攻撃がなかなかで出来てはいない。
  両チームとも負けないことを第一に戦ったようだ。
  

6.スタイル。(特徴)
得点はセットプレーから10。クロスから9。
失点はセットプレーから10。 クロスから7。

パス、クロス数はリーグ17位。ドリブル18位。
インターセプトの16位。 オフサイド獲得数22位。
   
ここから見ると、やはりロングボールで前線に、という攻撃か。
オフサイド・トラップはあまり得意でないようなので、
大黒選手の飛び出しなど有効か。


7.戦いのポイント
横浜戦では好調な大黒選手にボールを集めていたが、
そこはしっかり相手DFが複数付いて中央を絞めていたので
大黒選手でもあの中での得点は厳しい。
川西選手なども、もっとシュートを打ってよかった気も。

次節も大黒選手には厳しく付くと思われるので、
大黒選手をおとりに、別の選手がスペースを見つけ
シュートまで行きたいが。

予想スタメンはこんな感じか。

FW        大黒
        ディエゴ 
MF     川西    佐藤  
  高木    アルセウ      山田    
DF    石川   渡辺   田代         
GK         山岸                  

ケガ)荒堀 栗山 イ・ジェスン
出場停止) 松岡 宇佐美 鈴木


これだと左サイド、石川、高木、川西ラインが
攻撃の主戦場か。

優平選手の視野の広さも生かしたい

右サイドはやや守備的に?
梅鉢選手、今の状態が今どうなのかよくわからない。
当初期待していたが、彼にはもっと頑張ってほしい。


ただ長崎はデータ上、連携のとれたオフサイド等が
得意ではないようなので、大黒選手にも十分チャンスはありか。

マークしたいのは、やはりFW永井選手か。

いる選手の中で最大限各選手の良さを出しながら、
ホームでもあるし、勝ち点3を取りたい。
ここで1勝できれば、残すはあと2試合。
油断はできないが、残留が少し近づくか。


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アウェイ横浜FC戦は1-2... | トップ | 明日ホーム長崎戦の スタメ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。