With my Montedio

モンテディオ山形の応援、観戦記事等

川西選手大分に完全移籍

2016年12月28日 16時50分19秒 | モンテ、サッカー
オフィシャルに出ていますが、心配していた川西選手、
その心配が現実になってしまいました。
監督が代わり、当然戦い方戦術も変わるわけで、
川西選手が山形に残ってくれるのかどうか
不安な面もありました。

残念です。

その川西翔太選手について振り返ってみます。

青森山田でインターハイ制覇を経験。
大阪体育大では天皇杯2回戦でガンバ大阪から1得点。
その後ガンバ大阪に入団。
広島、新潟戦等で得点するも、練習中右けい腓骨々幹部骨折で6か月の重傷。

2014年山形に期限付き移籍。
2シャドーの一角でJ1昇格に貢献。 
15年完全移籍。

従来はキープ力を生かしたドリブル、シュート力が武器のFW。


経歴を見ると、高校、大学と華々しく活躍し、
ガンバ大阪に入団するも、けが等もあり、山形に期限付きで移籍。

川西選手が山形に来たときは、
自分の信じるサッカースタイル、テクニックを見せてのプレー。
おそらく1年でガンバに復帰なのかと思っていましたが、
J1昇格を果たし、
予想に反して山形に完全移籍。

ゴール前でサイドにドリブルしながら
その決定力でゴールを挙げていたシーンが思い出されます。

当初、前線からのプレスを標榜する石崎監督のサッカーには
合わない感じもありましたが、
本人も言っているように、山崎選手のプレーぶりに感化され、
徹底したプレスをかけはじめ、
最後には石崎監督のサッカーを体現する代表的な選手に。

また一緒に入団した山岸選手の励ましのアドバイス等もあり、
プレー中の自分のミスをゴールで取り返すプレーなども。

さらには、緊急事態で急きょボランチにコンバートされるも
その役割を見事に果たしました。

90分間絶え間なく走り続ける献身的なプレーに
胸熱くなるファンも多いはず。

今となってはモンテになくてはならない
モンテを代表する選手になっています。


こうやってみると、川西選手は
一定のキープ力、ドリブル、シュートの決定力を備えた
能力のある選手であり、
なおかつ献身的にチームのために走り続ける
まじめさも備えています。

ほかの選手のいいところを素直に取り入れ、
また他人のアドヴァイスを受け入れ、
新しいポジションにも一生懸命取り組み
自分のものにしてしまうという、
成長できるいい選手だとわかります。


それを考えれば、川西選手には、
まだまだ成長できる可能性が残っている気がします。

今となっては新しい大分の地での活躍を祈るしかありません。
常にボールを追い、プレスをかけ
山形のために献身的に頑張ってくれた川西選手。

川西選手なら新天地でもきっと活躍してくれると思います。

川西選手、今までありがとう。
これからも応援しています。


にほんブログ村 サッカーブログ モンテディオ山形へにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『京都で不動のCB菅沼を獲得』 | トップ | 優平選手 契約更新 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

モンテ、サッカー」カテゴリの最新記事